人に好かれる能力より、人を好きになる能力って大切だよね!?という話

スポンサーリンク

好き、like、ロゴ

僕は、本が好きで、年間100冊ぐらい読むんですけど、その中で印象に残った言葉って、何年たっても、結構、忘れずに残っています。

 

その1つに、

「人に好かれる能力より、人を好きになる能力」

という言葉があります。

 

これは、SHOWROOMの代表取締役社長の前田裕二さんの著書で、「人生の勝算」の中に、出てくる言葉です。

 

もしかすると、少し言葉が違うかもしれないですけど、そのあたりはご理解ください

「人に好かれる能力より、人を好きになる能力」って、人間関係の極意かも

僕、この言葉、すっごく大好きで、この言葉に出会ったとき、結構、価値観がひっくり返ったんですよね。

 

で、「なんで、この言葉がそんなに好きか?」なんですけど・・・

僕は、仕事柄、人に動いていただくことが、すっごく大切だな~って思っていて、また、人に動いてもらうためには、言葉がしっかり届く関係作りが、必要不可欠だよね?って思っています。

 

そんなとき、この「人に好かれる能力より、人を好きになる能力」って、人間関係の極意なんじゃないの?って思ったんです。

「人から好かれること」を意識することは多い

僕らって、自然と「人から好かれるためには、どうしたらいいか?」みたいなものを、意識すると思うんです。

 

たとえば、

  • 話し方
  • 表情のつくりかた
  • 相手を理解する

みたいなことです。

 

ただ、「相手が、自分のことを好きになってくれるかどうか?」って、はっきり言って、こっち側からは、コントロールできるものじゃないんですよね。

つまり、相手次第ってことです。

 

ってことは、つまりは、ほぼ、運みたいなものじゃないですか?

「人を好きになる」っていうのは、こっち側でコントロールができる

でも、「人を好きになる」っていうのは、こっち側でコントロールが可能で、勝手に好きになれるんですよね。

 

もちろん、こっちが好きだからって、相手が好きになってくれるかどうかは、わからないんですけど、好きになられて悪い気がする人って、少ないと思いますし、人には「好意の返報性」という心理的作用があるので、自分のことを好きな人を、好きになる傾向があります。

 

そう思うと、どんどん相手のステキなところ(良いところ)を探して、まず、自分から好きになっちゃうっていうのは、お互いにメリットしかないよね?って思います。

 

好きになることは、自分でコントロールできるので、「好きになってくれるかな?」みたいなのを、ムダに考える必要もないですし。

 

まぁ、個人的には、結果、好かれなくてもいいと思っています。

好きな人と、一緒に仕事できるってだけで、こっちにもメリットがあるし、そもそも「その人の良いところを探す」っていう、クセがつくだけでも、プラスだよね~って思うので。

まとめ

そんなことで、

「人に好かれることより、人を好きになること」

を意識するようにすると、いいことが多いかも?という話でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
ひとりごと
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました