【年収差50万円!?】介護職とケアマネージャーの給料を比較したよ

スポンサーリンク

介護職とケアマネージャーの給与と勤務状況の比較

今回は、介護職のキャリアアップとして人気の「介護支援専門員(ケアマネージャー)」の年収について、施設系介護職員と比較したので、まとめておきます。

 

ちなみに、「なぜ、こんな比較をしたのか?」というと、介護の仕事をやっている友人から、こんな言葉を聞いたからです。

「ケアマネに転職すると、夜勤手当がなくなっちゃうから、収入が減っちゃうんだよね~」

友人は、ケアマネ資格を持っている介護職です。

 

率直な感想としては、

「マジか!?それって、ほんと???」

でした。

 

なお、うちの施設の場合は、ケアマネさんの方が高い給与設定になっていますので、ちょっと驚きだったんです。

ただ、夜勤回数によっては、確かに逆転はありえますけどね・・・

 

そんなことで、真相を確かめるべく調べてみました。

なお、賃金比較については、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」を参考に行っています。

ケアマネの年収は、約50万円多い!でも、平均年齢が7歳高い!

まず、比較した結果(ポイント)からです。

  • 年収は、介護支援専門員(ケアマネ)が約50万円高い
  • 平均年齢は、介護支援専門員(ケアマネ)が7歳高い
  • 年間6,000円以上の昇給がある職場なら、介護職の方が給料が高くなる

介護支援専門員(ケアマネ)の給与と勤務状況

まずは、ケアマネさんから、みていきます。

なお、月額支給額には、残業手当、日直手当、夜勤手当を含みます。
また、年収は「月額支給額×12ヶ月+年間賞与」にて算出しています。

男女別・経験年数別一覧(2017年)

男性の場合

(単位:円)

経験年数月額支給額年間賞与年収
1~4年273,200614,5003,892,900
5~9年288,200602,2004,060,600
10~14年280,300674,1004,037,700
15年以上319,500896,1004,730,100

女性の場合

(単位:円)

経験年数月額支給額年間賞与年収
1~4年236,800501,7003,343,300
5~9年254,700556,5003,612,900
10~14年262,700527,5003,679,900
15年以上279,600710,9004,066,100

平均的な勤務状況と平均給与の推移

年齢残業時間月額支給額年間賞与年収
201347.55258,900558,8003,665,600
201446.94262,900567,7003,722,500
201547.05261,600567,3003,706,500
201647.75266,000567,6003,759,600
201748.04265,300591,2003,774,800

施設系介護職の給与と勤務状況

次に、介護職員さんです。

ケアマネさんの一覧表と同様に、月額支給額には、残業手当、日直手当、夜勤手当を含みます。
また、年収は「月額支給額×12ヶ月+年間賞与」にて算出しています。

男女別・経験年数別一覧(2017年)

男性の場合

(単位:円)

経験年数月額支給額年間賞与年収
1~4年226,300450,4003,166,000
5~9年249,200591,6003,582,000
10~14年264,700674,6003,851,000
15年以上290,900828,6004,319,400

女性の場合

(単位:円)

経験年数月額支給額年間賞与年収
1~4年213,400399,3002,960,100
5~9年225,500480,0003,186,000
10~14年234,400529,1003,341,900
15年以上252,300641,6003,669,200

平均的な勤務状況と平均給与の推移

年齢残業時間月額支給額年間賞与年収
201338.74218,900444,8003,071,600
201439.53219,700456,7003,093,100
201539.74223,500479,0003,161,000
201640.54228,300485,3003,224,900
201740.85233,600493,3003,296,500

介護支援専門員と施設系介護職の給料等を比較すると

いくつかの項目を比較してみます。

経験年数別の平均年収

  • ケアマネ 経験年数1~4年で、330~390万円の平均年収
  • 介護職 経験年数1~4年で、290~320万円の平均年収

約50万円ほどの差額(年収)となっています。

 

また、全体の平均年数や各々の経験年数別年収で比較しても、50万円前後の差額となっていますので、これが、職種の違いによる収入差と考えてよさそうです。

平均年数

  • ケアマネ 2017年の平均年齢は、48.0歳
  • 介護職 2017年の平均年齢は、40.8歳

約7歳の年齢差があります。

 

つまり、1年に月収6,000円程度の昇給がある職場なら、追いついちゃう計算になります。

6,000円(昇給)×12ヶ月×7年=504,000円(年収額)

まとめ

介護職の友人に言われたとおり、「夜勤の回数」や「昇給の状況」によっては、ケアマネへの転職で給料が下がってしまうケースがありそうです。

 

ただ、キャリアアップ(自己成長含む)という意味では、大きなチャンスだと思いますので、自分のやりたいことと、現在の経済状況(子どもにお金がかかるなど)を考慮し、判断したほうがよさそうです。

 

なお、介護支援専門員の勉強をしている別の友人(介護職)は、

  • 介護の仕事は、すっごく体力を使うから一生続けられるか不安
  • 体力的に、夜勤をいつまで続けられるか不安
  • 不規則な勤務シフトで、体調を崩さないか不安

という理由で、ケアマネへの転職を考えていると言っています。(給料が減ったとしても)

 

確かに、介護支援専門員(ケアマネ)の仕事であれば、原則、夜勤はありませんし、介護職ほど体力を使う仕事ではないですから、「人生100年時代」を考えたときに続けていきやすい仕事かもしれませんね。

 

もし、「介護支援専門員の資格を持っているんだけど、経済面で転職を悩んでいる」というなら、経済面の不安を払拭してくれる事業所を探してみてください。

せっかく勉強した知識を使わないのは、もったいないですからね~

 

オススメは、完全無料でスカウトメールが届くジョブメドレー です。

ぜひ、公式サイトをチェックしてみてください。

ケアマネジャーの転職ならジョブメドレー

ジョブメドレー(介護支援専門員の仕事を探す)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【こちらの記事もオススメです】

ひとりごと
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント