【早過ぎ!?】介護職における給与額のピークは35~44歳という話

スポンサーリンク

介護職、車椅子、患者、利用者

今回は、以前の記事「介護職とケアマネージャーの給料を比較したよ」の番外編(続き)みたいなものです。

というのも、介護職とケアマネの給料比較をしてみて、びっくりしたんですが、介護職の「生涯における給与額(年収)のピーク」がすっごく早かったんです!!

 

通常、給料って、少ない金額ながらも定期昇給を繰り返していくため、55歳ぐらいまで増え続けるはずなんです。

ですので、ケアマネさんの給与額のピークについては、55~59歳になっています。

 

一方、介護職の給与額のピークは、35~44歳です。

さすがに、早過ぎじゃないですか???

 

これって、給与のピークを迎える年齢の前後で、職種(仕事)を変えてるってことだと思うんです。

そうじゃないと、給料が減っていくってありえないですし・・・(現役バリバリの世代で)

 

そこで、

  • 介護職の年収額のピークが何でこんなに早いのか?
  • 介護職のキャリア戦略(これ、どうしたらいいの?)

という2点について考えたことをまとめておきます。

年齢別「介護支援専門員・介護職(施設系)」給料比較表

まずは、年齢別に給料を比較してみます。

なお、この比較表は、厚生労働省が行った「平成29年賃金構造基本統計調査」を元に作成しています。

男性の場合

【男性】年齢別 介護支援専門員・介護職 給料比較表

男性の介護支援専門員の給与ピークは、55~59歳です。

一方、介護職は、35~39歳でピークを迎えています。

女性の場合

【女性】年齢別 介護支援専門員・介護職 給料比較表

女性の介護支援専門員の給与ピークは、男性と同様に55~59歳です。

一方、介護職は、40~44歳でピークとなります。

介護職の給与額のピークが何でこんなに早いのか?

最初に、少し触れたとおり、理由として考えられるのは、

「男性の場合、35~39歳(女性の場合、40~44歳)で、介護職を辞める人が多い」

の1択だと思っています。

これは完全に僕の想像です。

 

そして、「なんで、介護職を辞めるのか?」ですが、

  1. 介護の仕事に見切りをつけて、別の仕事に転職した。
  2. 長年の勤務で、腰を痛めた。
  3. 介護支援専門員(ケアマネ)の資格を取得し、ケアマネになった。
  4. 看護学校へ入学し、看護師を目指した。
  5. 宝くじが当たったから、人生をセミリタイヤした。

僕が思い浮かぶのは、この5つぐらいです。

 

まー、現実的には、1~4でしょうね。

理想は、5ですけど・・・(笑)

介護職のキャリア戦略(これ、どうしたらいいの?)

「長年、介護の仕事をしてきた人は、40歳前後で転職する人が多い」という事実を受け、心が「ソワソワ」したという介護職員さんは、次の3つのキャリア戦略を検討してみてはいかがでしょうか。

  1. 介護の仕事が好きだから、ずっと介護を続ける。
  2. 病院の奨学金制度を利用し、学費無料で看護師になる。
  3. 介護福祉士の実務経験5年で、介護支援専門員(ケアマネ)になる。
この3つは、うちの病院(施設)の職員さんに多い選択肢です。

 

ちなみに、一番多いのは、3の「ケアマネになる」だと思います。

 

僕としては、2の「学費無料で看護師になる」が、オススメなんですけどね・・・

気になったなら、こちらの記事を。

社会人経験のある看護師は全体の33%!「もう遅い?」のない看護師資格
「看護師になりたいけど、もう遅いよね・・・」 「40歳過ぎてから、学校に通うなんて・・・」 「若い(20歳前後)学生ばかりの中に、入っていけないし・・・」 もし、こんな風に思っているなら、ぜひ、この記事を読んで「看護師」を狙っ...

まとめ

厚生労働省のデータから見る限りでは、「介護という仕事を定年まで続ける」という選択をする人は、結構少ないのかもしれません。

でも、それじゃ、これからの超高齢化社会に向け、介護士不足は一向に改善されません。

 

「40歳前後で、介護の仕事を辞めてしまう」ということに対し、

  • 処遇(給与など)の問題か
  • 体力的な不安からか

本質的な理由はわかりませんが、問題改善に向け、積極的に取り組んでいく必要があるしょうね。

 

ちなみに、僕としては、現在、介護の仕事をしている人が、全員「看護師」になったら、介護士不足なんて問題はなくなると思うんですけどね~

だから、「みんな、学費無料で看護師になってーーーーー」って心の中で思っています。(笑)

看護師の資格を持っていれば、法律上、介護の仕事はすべてできます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
ひとりごと
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました