自分じゃ気づかない!?口臭、体臭が仕事に与える影響とは【経験談】

スポンサーリンク

チームワーク、会議、コミュニケーション

僕は、医療・介護業界で長い間、マネジメントの仕事をしていることもあり、色々な職員さん(職種)から様々な相談を受けます。

 

もちろん、直接的な仕事内容や人間関係の相談がほとんどですが、ときには、

「それは、想定外・・・」

というのが飛び込んできます。

 

最近だと、ある女性職員から、

「上司の口臭、体臭がきつくて、同じ空間で仕事するのがツラい・・・」

というのがありました。

一応、言っておきますが、上司とは僕のことじゃないです・・・(笑)

 

そこで、この記事では、あすは我が身ということもありますので、自戒を込めて、

「マネージャー(管理職)として、口臭や体臭が仕事に与える影響」

について、経験談も交え、僕の考えをまとめておきます。

 

こんな人に読んでいただけると嬉しいです。

  • 加齢臭が気になる年齢になってきた
  • 管理職(マネージャー)として働いている
  • 汗がスゴイ!!

口臭、体臭を甘く見るな!細部にこだわってこそ、信頼は形成される

まず、僕が考えた(考えている)、口臭、体臭が仕事に与える影響です。

  • 臭い職場は、職員のパフォーマンスを下げる
  • 口臭、体臭は、コミュニケーションの妨げになる(信頼形成の障害)
  • 身だしなみの1つとして、口臭、体臭対策の徹底を!
  • 清潔感は、「錯覚資産」として作用する

 

それでは、1つずつ説明していきます。

臭い職場は、職員のパフォーマンスを下げる

僕は最初、女性職員から「上司の口臭、体臭がきつくて、同じ空間で仕事するのがツラい・・・」という相談を受けたとき、「社会人(大人)として、その発言どうなの?」と思いました。

 

でも、相手の立場になって考えたとき、

「あまり広くない部署内で、毎日そのにおいにさらされているのは、たしかにツラいよな。パフォーマンスも下がっちゃうだろうし」

と感じました。

 

また、わざわざ僕のところに相談に来るぐらいなので、「結構、深刻なのかも?」とも思いました。

 

労働環境って、毎日のことなので、ちょっとしたことでも、長いスパンで見ると生産性に影響を与えます。

マネージャーの役割を、職員のパフォーマンスを最大化し、職員が気持ちよく働けるようにすることだと定義すれば、「自らのにおいが職場環境を悪化させる可能性がある」ということを、認識しておく必要があると思います。

口臭、体臭は、コミュニケーションの妨げになる(信頼形成の障害)

組織とは、人の集まりです。

そして、人が集まる環境においては、コミュニケーションは不可欠です。

 

主な理由としては、コミュニケーションの少ない組織は、職員の「向き(想い)」があわなくなり、結果、力が分散し、組織力が落ちるからです。(わざわざ言うまでもないですね・・・)

 

また、コミュニケーションの頻度は、信頼形成においても、大きな意味(効果)があるため、マネージャーからすれば、報告・連絡・相談をしてもらいやすい環境(空気)をつくっておくことはすっごく大事なことです。

何度も繰り返して接触することにより、好感度や評価等が高まっていくという効果を、心理学では、ザイオンス効果(単純接触効果)と言います。

 

そんなとき、「口臭・体臭」って、相手をかなり不快にしますので、お互いにとって、コミュニケーションの大きな障害になります。

なので、マネージャーとしては、仲間(部下)との信頼形成のためにも、「においマネジメント」も徹底しておく必要があると思います。

身だしなみの1つとして、口臭、体臭対策の徹底を!

どの職種でも同じかもしれませんが、僕が働く、医療・介護業界は、身だしなみは患者サービスの一環です。

もちろん、口臭、体臭も身だしなみの1つの要素です。

 

たとえば、患者として、受診した場合に、

「汚らしい医師や看護師」

「臭過ぎる受付担当者」

って、嫌ですよね。(ちょっと、不安にもなりますし)

 

なので、マネージャーとしては、「におい」もサービスだと認識することが大切です。

清潔感は、「錯覚資産」として作用する

錯覚資産とは、

「人々が自分に対して持っている、自分に都合のいい思考の錯覚」

出典:人生は、運よりも「勘違いさせる力」で決まっている

のことで、心理学でいうところの「ハロー効果」のようなものです。

ハロー効果とは、優れていたり、劣っていたりする一点が、その人の他の要素に対しても影響を与えてしまう効果のことです。たとえば、「いい大学を出ているから、なんでも優れている」みたいな感じです。

 

清潔感や容姿端麗(イケメンなど)といったものは、仕事ができる人、信頼できる人みたいな印象を周りに与えます。

これが、ハロー効果であり、錯覚資産になります。

 

逆に、口臭や体臭がきつい人というのは、マイナスの「ハロー効果」が働きますので、錯覚資産として作用しません。

 

仕事をする上では、錯覚資産は多ければ多いほど、仕事が円滑に進みますので、清潔感を徹底的に高め、錯覚資産の1つにしちゃってください。

自己成長(成長の機会を得る)という意味でも、錯覚資産は大切な要素になりますし。

 

ちなみに、錯覚資産について、詳しくは、こちらの本を読んでみてください。

すっごく、おもしろいんで。

清潔感を高めるために、何をすればいいのか?【口臭、体臭対策含む】

僕がやっている、または、思いつく限りの対策をあげておきます。

  • 毎日、お風呂に入る
  • 毎日、シャンプーする
  • 食後の歯磨きの徹底
  • 肌を整える(化粧水・乳液を使う)
  • フェイスシート、ボディーシートの活用(ふき取りシート)
  • 制汗、デオドラント系アイテムの活用
  • モンダミンなどのマウスウォッシュ(洗口液)の活用
  • タブレット、ガム、口臭用サプリメントの活用

 

ちなみに、僕が、以前から実際に利用している商品は次のようなものです。

参考までに。(相手を不快にしないようにするために使っています)

シャンプー(ポリシー)

天然素材の海藻ゲルを使ったヘアシャンプーです。

天然素材ということもあり、地肌に優しく、毛穴に根詰まりした汚れまでしっかりきれいにしてくれます。(スッキリしますよ)

 

どちらかというと、僕としては、におい対策というよりは、育毛対策に使っています。

そのおかげかどうかわかりませんが、今のところ、フサフサです。(笑)

化粧水・ローション(ライスフォース)

ライスフォース化粧品

CMなどで、「肌は、男の勝負服」なんて言われたりするぐらい、肌って清潔感とは切っても切れない関係があります。

もちろん、これは、男女問わず共通です。

 

「脂ギッシュな肌」や「カサカサ(ガサガサ)の肌」では、相手に与える印象は大きく変わってしまいますし。

 

なので、「清潔感を高めよう」と思い始めている、もしくは考えているなら、肌のケアも一緒に行うことをオススメします。

面倒ですけど、洗顔後に化粧水を使うだけでも、結構、違いますよ。

 

ちなみに、オススメは「ライスフォース」です。

ちょっと高いんですけど、効果は絶大です。(僕は、妻が使っているので、共用で使わせてもらっています)

 

【公式サイト】

通販だけで2,100万本突破!お米から出来た自然派化粧品『ライスフォース30日セット』

お試しセットで、気に入らなければ、全額返金対応が可能です。(嬉しい!!)

フェイスシート(UL・OS)

夏場などで、汗をかいたときに活用しています。

バックに入れておけるので、すっごく便利です。

 

僕は、医療・介護業界の働いていますので、「やっぱ、大塚製薬でしょ!?」ってことで、ウルオス推しです。

全身薬用ローション(シーブリーズ)

主に、毎朝、寝起き時に使ってます。

寝てるときって、結構、汗をかくんで。(肌がサラサラして、スッキリしますよ)

まとめ

ここで、「口臭、体臭が仕事に与える影響」についておさらいです。

  • 臭い職場は、職員のパフォーマンスを下げる
  • 口臭、体臭は、コミュニケーションの妨げになる(信頼形成の障害)
  • 身だしなみの1つとして、口臭、体臭対策の徹底を!
  • 清潔感は、「錯覚資産」として作用する

 

僕は、そもそも、「身だしなみ(清潔感)」みたいな部分に、結構、無頓着だったりするので、かなり気をつけるようにしています。

なので、妻には、「臭かったら、すぐ言ってね」とお願いしていたり、肌がニキビや乾燥などで、ボロボロにならないように相談したりしています。

それもあって、化粧水などのアイテムを共用してたりします。(僕は、そもそも肌が弱いので)

 

身だしなみ(口臭や体臭など)や清潔感に関わる部分って、他人から指摘してもらえることは、ほぼありませんので、必要以上に自分で意識するしかないと思います。

ぜひ、いい仕事をするためにも、仕事だと思って徹底していきましょう。(僕も気をつけます)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
ひとりごと
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました