病院の在宅復帰率を引上げる新戦略【まだ老人ホーム紹介使ってないの?】

スポンサーリンク

高齢者介護、老人ホーム、介護施設

今回は、厚生労働省における「在宅医療の推進」および「病院機能の明確化」により、色々な病院(病棟)の施設基準となっている「在宅復帰率」を確保するために、ぜひ利用してほしいサービスの紹介です。

 

特に、次のような病棟運営をしている病院にオススメです。

  • 地域包括ケア病棟(在宅復帰率70%以上)
  • 回復期リハビリ病棟(在宅復帰率70%以上)
  • 療養病棟「在宅復帰機能強化加算」(在宅復帰率50%以上)
一般病棟にも在宅復帰率の基準はありますが、あまり苦労せず基準をクリアしているところが多いと聞きますので、あえて省いています。

 

それでは、「在宅復帰率を引上げる新戦略」のスタートです。

「老人ホーム紹介サービス」を利用し、病院の在宅復帰率を引き上げろ!

忙しすぎる、あなたのために、結論からいっちゃいます。(笑)

 

自宅への退院が難しい患者さんについては、「老人ホーム紹介サービス」を利用し、退院支援を委託しましょう。

 

老人ホームへの入居は、すべて「在宅扱い」となります。

つまり、「在宅復帰率を上げる」ことができるってことです。

 

しかも、サービスの利用は完全無料です!!(患者さんの負担もありません)

 

ほんと、メリットしかないっす。(笑)

 

なお、専門業者さんの豊富な情報の中から、その患者さんの条件(状態)にあった「老人ホーム」を紹介してもらえるため、結構厳しい条件でも対応してもらえます。

老人ホーム紹介サービスの内容

病院、介護施設、ケアマネージャー、入居希望者(家族)からの依頼を受け、入居希望者の希望にあった高齢者施設を紹介するサービスです。

 

具体的には、こんな感じです。

  • 介護に関するすべての相談
  • 入居希望者の希望または、状態にあった高齢者施設を紹介
  • 施設見学の調整や同行
  • 入居の調整
サービス業者さんによって、サービス内容に多少の違いがあります。

紹介してくれる「老人ホーム」って具体的にどこなの?

主な紹介先は、次のようになります。

どの施設も、「在宅扱い」になりますので、在宅復帰率を上げることができます。

  • 介護付き有料老人ホーム
  • 住宅型有料老人ホーム
  • サービス付き高齢者向け住宅
  • グループホーム
なお、「特別養護老人ホーム」の入居希望については、都道府県ごとの制度の違いなどにより、紹介のハードルが高くなっていますが、「特別養護老人ホーム」の待機期間の利用も可能なため、ぜひ、相談してみてください。

オススメの「老人ホーム紹介サービス」

うちの病院(施設)で協力いただいている2つのサービス(業者さん)を紹介しておきます。

 

病院担当者が直接連絡してもいいですし、患者(家族)さんに案内して連絡してもらってもOKです。

株式会社 笑美面(えみめん)

ここは、超イチオシです。

期待値を遥かに超えたサービスを提供してくれます。

詳しくは、こちらです。

病院の退院支援はアウトソージングする時代!?笑美面のサービスがスゴイ!
今回は、病院の退院支援の一部をアウトソージング(外部委託)できる「笑美面」さんのサービスを紹介します。 しかも、完全無料で!! はっきり言って、「使わないのがもったいないサービス」です。 無料なんで、損することはないで...

 

なお、「笑美面」さんは、サービスの要である「老人ホーム等の情報」について、実際に営業担当者が施設を訪問し、200項目を超えるインタビューと現地確認の上、作成しています。

つまり、担当者が自信を持って、入居希望者に老人ホームを紹介できるようにしているってことです。

 

「紹介責任」という意味でも、病院の退院支援担当者は、安心できるはず。

ぜひ、利用してみてください。

 

「笑美面」の公式サイトはこちら。

介護施設・老人ホームを探すなら 笑美面

笑美面アイキャッチ画像

【関連記事】

「笑美面」のサービスで、ケアマネ業務の一部をアウトソージングしよう!
以前の記事で、「病院の退院支援は、アウトソージングしよう!」と紹介しましたが、 今回は、「ケアマネージャーの業務もアウトソージング(外部委託)しちゃおうよ!」という記事です。 ちなみに、うちの居宅は、利用者さんの状況に応じて「ア...

きらケア老人ホーム「レバレジーズ株式会社」

もう1つは、「きらケア老人ホーム」さんです。

ここも、担当者さんの熱意がスゴイです。

「介護のことで困っていることは、何でも相談してください!」スタイルで、どこからの相談も受け付けています。

入居希望者(家族)と、病院の退院支援担当者からの依頼が多いそうです。

 

また、「レバレジーズ株式会社」さんは、全国規模で「看護師」や「介護士」の就職・転職支援(紹介や派遣)を行っているため、老人ホームや介護施設の情報量が豊富です。

ぜひ、お試しください。

 

「きらケア老人ホーム」の公式サイトはこちら。

老人ホーム/介護施設を探すなら【きらケア老人ホーム】

きらケア老人ホーム

【関連記事】

【無料】老人ホーム・介護施設探しは「きらケア老人ホーム」がオススメ
この記事では、「老人ホーム」や「介護施設」を探すときに、すっごく便利な「きらケア老人ホーム」の サービス内容 サービスの依頼方法 老人ホームに入居するまでの流れ について紹介しています。 こんな人に読んでいた...

まとめ

ここで、「病院の在宅復帰率を上げるには、なぜ老人ホーム紹介がいいのか?」について、まとめておきます。

  • 自宅退院が困難な患者でも、在宅復帰に繋げられる
  • 完全無料のサービス(病院・患者ともに)
  • 専門業者ならではの圧倒的な情報量
    ⇒老人ホームの情報量が多い
  • 「特別養護老人ホーム」の待機期間での利用が可能
    ⇒平均在院日数の短縮にも貢献
  • 退院支援に係る業務をすべてアウトソージングできる
    ⇒業務負担の軽減

 

今後、こういった「老人ホーム紹介サービス」が、退院支援の要になると僕は思っています。

なぜなら、患者さんにとって「メリットしかないサービス」だからです。

 

ぜひ、今後の「医療・介護連携」のためにも、「老人ホーム紹介サービス」を活用してみてください。

そして、「在宅復帰率」を爆上げしちゃいましょう!!(笑)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

経営メモ
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました