介護士から聞いた「超パワハラな職場」と「ツライのに転職しない心理」

スポンサーリンク

女性、悩み、ストレス、我慢

この記事では、「介護職の友人」から転職の相談を受けたときに聞いた、

  • 超パワハラな職場
  • なぜ、もっと早く転職しなかったのか?
  • 転職するときに不安に思うこと

について紹介しています。

 

もし、職場の人間関係(パワハラなど)で悩んでいるなら、読んでみてください。

友人の経験が役に立つかもしれませんので。

看護部長と看護師長のパワハラがスゴイ!!

相談してくれた友人は、急性期(救急)病院で、介護職として働いています。

所属長(上司)は看護師長であり、看護部門のトップは看護部長になります。

 

そして今回、転職を決断したのは、

「看護部長と看護師長のパワハラが凄くて、さすがに限界を感じたから」

とのことでした。

 

ちなみに、こんな感じの職場みたいです。

看護部長と看護師長は、介護職のことを「看護師のこまづかい」だと思っていて、

  • 私の方針に従えなければ、今すぐ辞めてもらってかまわない
  • あなたの代わりなんていくらでもいるんだから
  • 黙って、言われたことだけ、やっていればいいのよ

と、「相手を否定する言葉」ばかりを発するみたいです。(怒鳴るのはあたりまえ)

友人から聞いただけなので、すべてを鵜呑みにできるわけではありませんが、職員さんにそう感じさせてしまうということが、すでに問題ですよね。

 

この話を聞いた、僕の率直な感想としては、

「まだ、こんな職場があるんだ・・・」

でした。

 

こういう人って、

  • 役職が上の人が偉い
  • 自分が一番正しい
  • 自分の経験則だけで判断する

という、ダメ上司の典型例だと思います。

 

ほんと、こういう人のもとで働くと超苦しみます・・・

 

なので、極力距離を取り、関わらないようにした方がいいですね。

それができないなら、すぐに離れる(転職する)べきです。

 

ちなみに、僕も、こういう上司のもとで超苦労した経験があります。

ほんと地獄でした~

 

ただ、

「この人、マジで、ヤバイやつだ!!」

って気づいた時点で、極力距離を取るようにし、やんわりとスルーし続けたら攻撃されなくなりました。(笑)

 

逃げるが勝ちですね~

なぜ、もっと早く転職しなかったのか?

その友人は、その職場で「6年間」勤務していました。

なので、

「なんで、そんな職場、今まで辞めなかったの?」

って聞いたら・・・

 

「職場の仲間(同僚)がいい人だったから」

だって。

でも、さすがに、もう限界で転職しようと考えているとのこと。

 

はっきり言って、「この感覚は危険だな~」って思います。

また、「優しい人ほど、そうやって自分を苦しめちゃうのかもな~」とも思いました。

 

「みんなも我慢して頑張っているから」とか、「私が辞めたら、仕事が大変になっちゃうかな・・・」とか考えちゃって、限界まで我慢しちゃうんでしょうね。

 

そういう優しい人こそ、

「あんまり自分を苦しめず、働きやすい職場を探すという選択肢があること」

を知ってほしいですね。

 

そして、仲間のことを想うなら、その仲間と一緒に職場を変えましょう。

そのほうが、仲間のためにもなりますし。

転職するときに不安に思うこと

その友人は「転職」に対し、こんな風に感じていました。

  • どうせ、どの職場でも同じでしょ?
  • 特別な技術(資格)があるわけじゃないし・・・
  • ここを辞めたら、雇ってくれる所があるかどうか・・・

結果、

「だったら、慣れてるこの職場で我慢した方がいいのかも・・・」

って。

 

気持ちは、すっごくわかりますが、こんな風には思わないでください。

良い職場ってありますから、知らないだけで。

 

特に、介護職は、どこの病院(施設)でも募集している「超人手不足の職種」です。

ツライ職場で我慢し続ける必要は全くありません。

 

ぜひ、限界まで我慢してしまう前に、自分の希望にあった職場を探してみてください。

 

今は、「人材紹介(転職支援)」っていう便利なサービスがありますので。

人材紹介(転職支援)サービスを利用すれば、完全無料で「あなたの希望にあった病院(施設)」を紹介してもらえます。

 

【関連記事】

人材紹介(転職支援)サービスってなんで無料なの?【紹介会社のしくみ】
「人材紹介サービスって、なんで無料なんですか?」 こんな質問を、理学療法士の友人(女性)から受けました。 というのも、その友人は、現在転職を考えており「人材紹介(転職支援)サービス」を利用しようと思っているとのこと。 でも...

まとめ

ここで、友人の話から感じた「自分を苦しめないためのポイント」をまとめておきます。

  • 職員を大切にしない上司からは、すぐに離れよう
  • 仲間のことを想うなら、仲間と一緒に職場を変えよう
  • 不安を軽減するために情報を集めよう

 

そもそも人って、「わからないこと(わからないもの)」に不安や恐怖を感じるものです。

なので、不安や恐怖を軽減するためには「わからない」を解消するしかありません。

 

せっかく、「人材紹介(転職支援)サービス」という無料サービスがあるんですから、積極的に活用し、「わからない(不安)」を解消(軽減)してみてください。

そのためのサービスですから。

 

【関連記事】

【介護職の転職】転職活動の面倒を解消する、オススメ無料サービス
この記事では、 「仕事を辞めたい・・・でも、転職活動がめんどくさい」 という介護職員さんに、オススメの転職サービスを紹介しています。 こんな人に読んでいただけると嬉しいです。 客観的な市場価値を知りたい(自分の経験...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
人財
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました