老人ホームの資料請求(無料)のやり方【ライフル介護の利用手順としくみ】

スポンサーリンク

LIFULL介護「トップ画面」

この記事では、日本最大級の老人ホーム検索サイト「LIFULL介護(ライフル介護)」を利用した、

「介護施設、老人ホームの資料請求のしかた(手順)」

について紹介しています。

 

こんな人の読んでいただけると嬉しいです。

  • 病院の相談員さんに、「退院先を探してください」と言われた
  • 父や母が入る「介護施設」を探したいんだけど、忙しくて・・・
  • 在宅介護できるような状態じゃないのに、病院に入院できない

 

ちなみに、ライフル介護さんの場合、資料請求しても、しつこく電話が来ることはありませんので、安心して利用してみてください。

この記事は、医療・介護施設で、10年以上勤務してきた経験をもとに書いています。

「ライフル介護」の資料請求の手順

まず、公式サイトにアクセスします。

LIFULL介護(ライフル介護)

 

そして、次の手順で施設選択や必要事項の入力をしていきます。

老人ホーム等を検索

ライフル介護の検索機能は、

  1. エリアで探す
  2. 希望する検索条件で探す
  3. 特集から探す
  4. 相談する

から自由に選べます。

 

どの検索方法も、色々な条件からボタン1つで検索できますので(相談は電話ですけどね)、希望条件を入力・選択し、気になる老人ホームを探していきます。

 

なお、検索方法がわからない人は、こちらの記事を。

老人ホーム・介護施設の調べ方・探し方【エリア、条件、特集、相談で検索】
この記事では、 日本最大級の老人ホーム検索サイト「LIFULL介護(ライフル介護)」の簡単で便利な検索機能 について紹介しています。 「ライフル介護」さんは、全国38,000件以上の介護施設・老人ホームの情報を網羅しているうえ...

問い合わせフォームに入力

気になる施設(老人ホームなど)のページから「資料請求する(無料)」ってボタンを押し、お問い合わせフォームに必要事項を入力します。

 

【お問い合わせフォーム】

ライフル介護「資料のお届け先」

 

入力する項目は、

  • お名前
  • フリガナ
  • 送付先
  • 電話番号

の4つだけです。

見学を希望する場合などは、その他(上記4つ以外)の情報を入力します。

 

入力が終わったら、一番下にある「下記に同意して、確認画面に進む」ボタンを押します。

ライフル介護「入居予定者の方について」

お名前、フリガナ、送付先、電話番号以外は、すべて空欄でOKです。

入力内容の確認

こんな感じで、入力した内容が表示されますので、間違いがないか確認します。

ライフル介護「入力内容の確認」

ライフル介護「この内容で問い合わせる」

 

間違いがなければ、一番下の「この内容で問い合わせる」ボタンを押して、資料請求完了です。

複数の施設の資料を請求する場合は、「まとめて資料請求する」という機能もついてるので、問い合わせフォームへの入力の手間が省けて楽々です。

「ライフル介護」の資料請求のしくみ

ライフル介護さんのサイトから、資料請求を行うと、

  1. ライフル介護さんから、施設(老人ホーム等)に連絡がいく
  2. 施設担当者が資料を準備し、入力された住所へ資料を送付する
  3. あなたのもとに資料が届く

っていう流れで、資料が届けられます。

なので、「介護施設の担当者に、名前や住所を知られたくない」という人には、不向きかもしれません。

 

そういう人は、老人ホーム紹介サービス(無料)の方が向いているかもしれません。

アドバイザーが、すべて仲介してくれますから。

 

【関連記事】

老人ホーム紹介サービスについては、こちらの記事で紹介しています。

【無料】老人ホーム・介護施設探しは「きらケア老人ホーム」がオススメ
この記事では、「老人ホーム」や「介護施設」を探すときに、すっごく便利な「きらケア老人ホーム」の サービス内容 サービスの依頼方法 老人ホームに入居するまでの流れ について紹介しています。 こんな人に読んでいた...

なぜ、「ライフル介護」で資料請求しても、しつこく電話が来ることはないのか?

「資料請求とかしちゃうと、ライフル介護さんから、しつこく電話とか来るんじゃないの?」

って思う人が多いかと思いますが、

 

そういうことは一切ありません。

 

というのも、

「ライフル介護さんの場合、老人ホームなどの介護施設に入居してもらうことが目的ではない」

からです。

 

これだけだと、わかりづらいと思うので、補足します。

ライフル介護さんは、老人ホームなど(介護施設)からの毎月の掲載料で運営されており、入居が決まったら費用が発生するという「成功報酬型」ではありません。

「成功報酬型」じゃないってことは、入居の有無に対し、会社の売上(担当者の業績含む)が左右されませんから、強引な勧誘をする必要はないのです。

結果、「しつこく電話が来ることはない」となります。

 

なので、気になる施設は、どんどん資料請求しちゃいましょう。

 

ただ、介護施設の担当者で、しつこい人がいるかもしれませんけどね・・・(笑)

まとめ

「ライフル介護」さんの使い方としては、

  • すぐに老人ホームに入居したいわけじゃないんだけど・・・
  • もしものときのために、近隣の介護施設を調べておきたい
  • 入居費用の準備を、今からしておきたい

というような、緊急性のない場合に特にオススメです。

 

老人ホームなどへの入居は、一般的に、見学などを経て「1~2ヶ月程度」かかるため、いざって状況になってから自分で調べるのは、すっごく大変になっちゃいます。

もしもの時のためにも、ぜひ、早めに情報を集めておいてください。

LIFULL介護(ライフル介護)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
サービス
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました