働きやすい病院(施設)を見分ける5つのポイント【看護・介護職の転職】

スポンサーリンク

看護師、転職、働きやすい病院

この記事では、看護・介護職の方が仕事を探すときに、必ずチェック(確認)してほしい

  • 出戻り職員数
  • 有給休暇消化率
  • 休み希望を、何日聞いてくれるのか?
  • 残業があるのか、ないのか?
  • 職員の勤続年数

の5つについて、その理由をまとめています。

 

こんな人に読んでいただけると嬉しいです。

  • ワークライフバランスを重視して働きたい
  • 子育てと仕事を両立したい
  • 人間関係のいい職場って、どう探したらいいの?
この記事は、医療・介護施設で、看護・介護職員の採用を5年以上担当してきた経験をもとに書いています。

転職時に必ず確認する5つのこと

繰り返しになりますが、次の5つについては、見学や面接の際に、人事担当者に必ず聞いてみてください。

  1. 出戻り職員数
  2. 有給休暇消化率
  3. 休み希望を、何日聞いてくれるのか?
  4. 残業があるのか、ないのか?
  5. 職員の勤続年数

 

この5つが適正化されている病院・施設で「ブラック」はありません。

 

ちなみに、この5つの中で、一番重要なのは、1の「出戻り職員数」です。

出戻り職員とは、1度退職したんだけど、再応募してきて、再入職した職員のことです。

 

出戻り職員が多い病院(施設)って、いい職場の可能性が高いです。

何かしらの不満があって退職したけど、他の職場で働いてみた結果「やっぱり、あそこが良かったな!」ってことなんで。

 

それでは、1つずつ説明していきます。

出戻り職員数が、2~3名はいること

出戻り職員のスゴさは「他の病院・施設と比べて、良かったから」というだけではありません。

 

というのも、

いくら円満退職をしたとしても、退職した職場に連絡をして「戻りたいんですけど・・」って言いづらいですよね?

 

つまり、そのハードルを越えて、出戻ってくる人の想いって、

「どうしても、その病院(施設)で働きたい」

というエネルギーがスゴイと思うんです。

 

だから、「出戻り」って、すごいんです。

 

なので、人事担当者などに次の2つの質問をしてみてください。

「働きやすい職場」か、どうかを見極める1つの指標になりますので。

  • 昨年度、何人採用して、その中に元職員はいるか?、いるなら、その人数は?
  • 全職員のうち出戻り職員はいるか?、いるなら、その人数は?

 

なお、病院や施設の規模によりますが、1人もいないって言うのはちょっと寂しいです・・・

逆に言えば、数名でも出戻り職員がいるなら「働きやすい職場」と言っても過言ではないと思います。(1人だと、たまたまってこともありますが・・)

有給休暇消化率「80%」以上

理想は、100%ですが、そんな職場ほぼないでしょうから「80~90%」ぐらいの有給休暇消化率で合格です。

「80~90%」の有給休暇を消化できるってことは、

  • 職員の適正配置
  • 有給休暇の取得促進
  • 働きやすい職場づくり(職員間で助け合う文化)

など、それなりの取り組みを事業所が行っているってことですので。

 

また、2019年4月から「年次有給休暇の取得義務化(年5日)」も始まっています。

つまり、

「政府としても、働き方改革の1つとして、有給休暇の取得を促進したい」

と考えているってことです。

 

そういう意味でも、働きやすい職場づくりのため、有給休暇消化率は大切な要素だと言えます。

なので、必ず、確認してください。

 

【関連記事】

有給休暇の取得義務化(年5日)における退職者の取扱い【労働基準監督署の回答】
この記事では、「働き方改革」の1つとして、2019年4月から始まった 「年5日の年次有給休暇の確実な取得」の退職者に対するルール について紹介しています。 こんな疑問をお持ちの方に、読んでいただけると嬉しいです。 ...

休みの希望を、何日聞いてくれるのか?(5日以上が理想)

看護師さんや介護職さんの場合、シフト制で勤務することが、ほとんどです。

 

なので、毎月の休みの希望を聞いてくれるかどうかは、重要なポイントになります。

事業所によっては、「休みの希望を、聞いてくれない・・・」という職場もありますので。

 

できれば、毎月5日間ぐらい休み希望を聞いてくれるところを探しましょう。

特に子育て中の人は、

  • 幼稚園、保育園の行事
  • 学校の行事
  • 夏休みの調整

など、色々と勤務調整に苦労するでしょうから。

残業があるのか、ないのか?(基本は、残業なし)

どんなに休みが多くても、夜中まで残業させられては意味がありません。

必ず、残業の有無は確認しておきましょう。

 

基本は、「残業なし!」です。

 

「え!?そんなとこあるのーーーーー?」って思うかもしれませんが、ぜんぜんありますよ。

 

諦めずに、探してみてください。

慢性期(療養)病院は、比較的、残業のないところが多いです。

職員の勤続年数(バランスの良い職員配置)

これは、「長く働いている人が、どのくらいいるのか?」ってやつです。

働くなら、長く勤められるところがいいですよね。

 

ただ、確認するときに、全体の「平均勤続年数」だけだと怪しいので、勤続年数別の人数が確認できると理想です。

というのも、平均値だと次のような職員配置でも、同じ「勤続12年」になってしまうからです。

勤続年数職員数(人)
病院A病院B病院C
1年1040 
3年10  
5年10  
10年10 42
15年10 28
20年1010 
30年1020 
平均勤続年数121212

 

なので、次のように経験年数(職員)のバランスが取れた病院(施設)を探してください。

  • 1年から3年 10人
  • 3年から5年 10人
  • 5年から10年 10人
  • 10年から20年 10人
  • 20年以上 10人

 

もし、

  • 1年から3年 40人
  • 20年以上 10人

というような、アンバランスな場合は、就職(転職)は止めたほうがいいです。

新入職員が育ってないうえに、上が強すぎる気がしますので・・・

人材紹介サービスを利用して、5つのポイントを確認するという方法も

紹介した5つのポイントについて、直接、病院や施設の担当者に聞きづらければ、人材紹介サービスを利用し、確認してもらいましょう。

人材紹介サービスを利用すると、完全無料で、次のようなことをやってくれます。

  • 希望条件にあった職場を探してくれる
  • 求人票からではわからない情報を調べてくれる
  • 面接から採用までの面倒な調整(給与・待遇などの交渉)をすべてやってくれる

 

また、場合によっては、病院や施設の人事担当者さんから、事前に今回紹介した5つのデータを集めているところもありますので、人材紹介サービスの利用は、ほんとオススメです。

うちは、5つのポイントについて、実際に聞かれたことがあります。

 

【関連記事】

人材紹介(転職支援)サービスってなんで無料なの?【紹介会社のしくみ】
「人材紹介サービスって、なんで無料なんですか?」 こんな質問を、理学療法士の友人(女性)から受けました。 というのも、その友人は、現在転職を考えており「人材紹介(転職支援)サービス」を利用しようと思っているとのこと。 でも...
人材紹介サービスは、情報収集を目的に使おう【市場価値の把握と不安軽減】
この記事では、 「情報収集を目的に、人材紹介サービスを使う(利用する)メリット」 について紹介しています。 こんな人に読んでいただると嬉しいです。 初めての転職活動で不安 転職活動(情報収集)をする時間がなかな...

オススメの人材紹介サービス

うちが利用している人材紹介会社さんは、次のとおりです。

対応も丁寧ですし、オススメですよ。

看護師・准看護師に特化した、人材紹介サービス

【公式サイト】

無料登録は、約1分で完了です。

 

【関連記事】

看護師の転職サービス「看護のお仕事」の情報力がスゴイ理由【取材を受けてわかったこと】
この記事では、 看護師の転職支援(人材紹介)サービスを行っている、「看護のお仕事」さんの情報力は、なぜ高いのか!? について紹介しています。 こんな人に、読んでいただけると嬉しいです。 初めての転職で、どうしていい...
看護師の病院探しは、人材紹介サービスの複数利用を!【失敗しない転職】
「なかなか、希望どおりの病院に出会えない」 「入職前に聞いてた勤務条件と違う」 「転職したいんだけど、転職活動がそもそも面倒・・・」 って思ったことはありませんか? 看護職員(看護師・准看護師)さんって、比較的、転職回数...

介護職に特化した、人材紹介サービス

【公式サイト】

無料登録は、約1分で完了です。

 

【関連記事】

【介護職の転職】転職活動の面倒を解消する、オススメ無料サービス
この記事では、 「仕事を辞めたい・・・でも、転職活動がめんどくさい」 という介護職員さんに、オススメの転職サービスを紹介しています。 こんな人に読んでいただけると嬉しいです。 客観的な市場価値を知りたい(自分の経験...

まとめ

ここで「働きやすい職場の条件」をまとめておきます。

  • 出戻り職員「2~3名」
  • 有給休暇取得率「80%以上」
  • 休み希望「5日以上」
  • 残業なし
  • 勤続年数(職員)のバランスがいい

 

転職活動を行う上で、給料は重要ですが、それより「働きやすさ」の方がもっと重要です。

ぜひ、自分のライフスタイルに合わせて、「働きやすい職場」を探してみてください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
人財
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました