売上重視で何が悪い!?病院こそ売上を追求すべきだ!

スポンサーリンク

売上、利益、レポート

「売上重視の病院」と聞いて、どんなイメージを持ちますか?

  • 医療を金儲けの道具にしている
  • 弱者である患者を騙して、お金を、ふんだくっている
  • 患者目線ではない、お金目線の医療サービス

などなど、いいイメージはないと思います。

 

が、「それは、ぜんぜん違うぞーーーーーーー」と言いたいんです!

 

今回は、そんな想いをぶつけちゃいます。

法人とは何なんだ?

まずは、法人の定義を知りましょう。

よく、医療法人とか、社会福祉法人とは、NPO法人とか聞くと思いますが、法人とは「法律で認められた人」ということです。

 

なお、会社も、法人です。

よく、自営業の人が、法人化したなんて言ったりしますが、会社化したってことです。

 

つまり、会社(組織)は、人なんです。

だから、会社名で活動ができるのです。(銀行口座を持ったり、税金を払ったり)

売上の本質を知ろう

次に、「売上とは、何なのか?」を知ってください。

 

「は!?売上って、入ってきたお金でしょ?」

「そんなの知っているからーーーー」って感じかもしれませんね。

 

確かに、それも正しいのですが、「売上の本質」と言われれば、不正解です。

 

なぜなら、売上とは、サービスを提供した対価であり、言い換えれば、サービスを購入してくれた人の「ありがとうのポイント」です。

 

つまり、相手に提供した価値の総量であり、提供した価値の量に比例するのが、売上ということになります。

なおも言うなら、企業の売上は、世の中に提供した価値の量を、お金に換算したものです。

 

売上が、他者に貢献したポイントだと思うと、企業が売上を重視するのは、あたりまえだと思いませんか?

じゃあ、病院にとっての売上とは?

病院の業務は、病気で困っている人を助けることです。

言わば、病院の売上(医業収益)とは、「患者さんを助けたポイント」です。

もっと言えば、社会(他者)貢献度です。

 

つまり、売上重視の病院とは「もっともっとたくさんの患者さんを助けたい病院」ということです。

 

ね、売上至上主義って、悪くないでしょ!?

 

ただ、利益ばかりを追い求める病院の場合は、少し話が変わってきます。

売上が伸びることはいいことですが、利益を追うばかりに、病院の一番大きな経費である人件費を削り、職員満足度が落ちたら意味がありません。

 

なぜなら、「職員満足 = 患者満足」だからです。

 

売上が伸びたなら、その分、職員に還元してあげないと患者サービスの質は上がりません。

それが、職員のやる気を引き出す、1つの要素になると思いますし。

じゃあ、利益追求って悪いことなの?

最初に、法人(会社)は、人だと言いました。

法人が人であるなら、会社の利益とは、会社(法人)にとっての給料ってことです。

 

誰だって、給料が欲しいですよね?

会社だって、給料が欲しいんです。

 

そう思うと、利益って大切じゃないですか?(笑)

 

なお、僕たち個人は、給料を使って、自分へ投資(娯楽や勉強など)をします。

法人だって同じです。

給料(利益)を使って、自己投資することにより、もっと質の高いサービスを提供できるようになる。

つまり、利益とは、世の中に価値を提供し続けるために必要なものです。

 

逆に、利益の出せない会社は、自己投資することができないため、世の中の変化についていけなくなります。(サービスの質を上げていけないため)

 

つまり、法人における利益とは、社会(他者)貢献を続けていくためのガソリンみたいなものです。

結果、「利益追求」も悪いことばかりじゃないんです。

問題になるのは、利益を出すための手段です。

まとめ

医療や介護の仕事をしている人って、少なからず、他者からの「ありがとう」がモチベーションになっているはずです。

そして、「ありがとう」と共に「笑顔」もいただくはず。

 

言わば、売上の多い病院とは、「ありがとう」と「笑顔」の多い病院ってことです。

よって、売上重視の病院とは、悪いどころか、良い病院なんです。

 

逆に、「売上なんて、どうでもいいよ!」って言っている病院こそ、悪です!!

 

病気で困っている患者さんを、1人でも多く助けたいとは思ってないってことですから。

誰だって、そんな病院にかかりたいとは、思わないはず。

 

なお、売上を重視しながら、サービスの質を高めていかないと、患者は減っていきます。

だって、患者は、常に、期待値を超えるサービスを求めていますから。

 

となると、利益も大切になってきます。

もっといいサービスを患者さんにするために、設備や人材に投資する必要がありますので。

結果、目的によって「売上」も「利益」も意味が変わってくるってことですね。

 

他者貢献の大義のもと、売上と利益を追求していきたいものですね。

 

なお、僕としては、利益ばかりを追求し「内部留保」ばかりを増やすことは賛成できませんが、利益を追求し、その利益を使って、職員や患者さんのために投資することは大賛成です。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
ひとりごと
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました