処分費が凄まじい!?PCB(ポリ塩化ビフェニル)って何者ですか?

スポンサーリンク

工場、環境、廃棄物

今回は、現在、日本中を悩ませている「PCB(ポリ塩化ビフェニル)」についてです。

 

うちの施設では、数年前に、高圧受電設備(キュービクル)の更新を行っており、

  • 変圧器(トランス)5台 約1,500kg
  • コンデンサー 5台  約54kg

が、施設に保管されています。

その施設は、建物が古いこともあり、変圧器とコンデンサーに「PCB」が使われています。

 

そんな状況のなか、建物管理をお願いしている委託業者さんから「PCBの処分」について、次のような衝撃の提案がありました。

  • 平成34年3月31日までに処分しなければならない
  • 処分費 約700万円(収集運搬費を除く)
  • 処分業者は、1社限定(JESCOのみ)

 

この提案を見て、思わず叫んだ言葉は、

  • え!?バカなの?
  • 処分費700万円って、ぼったくり過ぎじゃない!?
  • PCBさん、つーか、あんた何者なの???

でしたーーーーー!!!(心の声ですよ)

 

そこで、全く興味のなかった「PCB(ポリ塩化ビフェニル)」について、興味を持たざるを得なくなっちゃいましたので、不本意ではありますが、がっつり調べてみましたのでまとめておきます。

PCBとは、工業的に合成された化合物(油状の物質)

まずは、「PCBって何者なんだい?」という素朴な疑問から。

 

PCBとは、人工的につくられた油状の物質で、電気機器等の絶縁油や潤滑油として使用されていたものです。

 

主に、次のような機器に使われています。

  • 高圧受電設備(キュービクル)内の変圧器(トランス)
  • 高圧受電設備(キュービクル)内のコンデンサー
  • 業務用蛍光灯などの安定器

 

こんな感じの機器です。(環境省のパンフレットから引用します)

変圧器、コンデンサー、安定器

コンデンサーは電気を蓄えたり放出したりする電子部品で、電圧を安定させたりします。

PCBは、人や動物にとって有害なため製造中止になった

PCBの主な特徴(性質)としては、次の4つです。

  • 水に溶けない
  • 化学的に安定
  • 絶縁性が良い
  • 沸点が高い  

 

なお、PCBは、人や動物にとって有害であるため、昭和28年から製造され、1972年(昭和47年)に製造中止となっています。

 

毒性としては、

  • ニキビのような吹き出物
  • 皮膚の黒ずみ
  • まぶたや関節の腫れ

などが報告されています。

PCBは、脂肪に溶けやすい性質により、体内に蓄積されやすい物質です。

PCBは、国際条約で処分が義務付けられている

PCBの処分については、POPs条約(残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約)において、処分が義務付けられています。

なお、この条約は、

  • 人の健康の保護
  • 環境の保全

を目的としています。

PCBの処分期限

高濃度PCB廃棄物

  • 平成34年3月31日までに処分
    ⇒変圧器、コンデンサー
  • 平成35年3月31日までに処分
    ⇒安定器

あと、4~5年しかありません・・・

低濃度PCB廃棄物

平成39年3月31日までに処分

あと、9年弱の猶予がありますね。

 

なお、使用(保管)している機器が、高濃度PCBに該当するかどうかの判別は、製造したメーカーに問い合わせてください。

高濃度PCBの収集運搬および処分業者は限定されている

低濃度PCBの処分については、民間の無害化認定処理施設(環境大臣認定)が行いますが、高濃度PCBの処分については、国の100%出資法人である「JESCO(中間貯蔵・環境安全事業株式会社)」以外、行うことはできません。

 

また、高濃度PCBの収集運搬についても規制が厳しく、「JESCO」が許可した業者以外、行うことができなくなっています。

高濃度PCBの収集運搬業者の条件

  • 「特別管理産業廃棄物収集運搬業許可」業者
  • JESCO(中間貯蔵・環境安全事業株式会社)の入門許可業者

高濃度PCBの処分業者

  • JESCO(中間貯蔵・環境安全事業株式会社)
  • 処分場は、全国5箇所のみ(北海道、東京、愛知、大阪、北九州)

PCBの処分費は、凄まじく高い

PCBの処分費は、全国統一価格となっており、JESCOが定めています。

はっきり言って、ちょーーーーーーーーー高額です!!

 

興味があれば、「JESCO公式サイト」でチェックしてみてください。

処理料金などのご案内

 

最初に紹介しましたが、うちの場合は、

  • 変圧器(トランス) 約1,500kg
  • コンデンサー 約54kg

で、約700万円です。(収集運搬費を含んでいません)

 

完全にアホな金額です・・・(笑)

中小企業等処理費用軽減制度

中小企業さんには、嬉しすぎる補助制度があります。

 

条件を満たすかどうか、チェックしてみてください。

JESCO公式サイト「中小企業者向けの割引」

 

なお、補助制度に該当する場合は、

  • 中小企業の場合 70%の補助
  • 個人の場合 95%の補助

となります。

 

できれば、すべての企業(施設)を対象にしてほしいです・・・(うちは対象じゃないです)

まとめ

ここで、「PCBが何者なのか?」についてまとめておきます。

  • 工業的に合成された化合物(油状の物質)
  • 人や動物にとって有害
  • 国際条約で処分が義務付け
  • 高濃度PCBの処分は「JESCO」1択
  • 処分費が凄まじく高い

 

このポイントだけ見ちゃうと、

「放射性物質か?」

と疑いたくなるような待遇です。

 

まー、難しいことはわかりませんが、「とんでもなく、スゲーやつ」ってことはわかりました~

 

ちなみに、日本国内で約54,000トンの使用量があるそうなので、まだまだ日本の「PCBブーム」は続きそうですね。

 

ふ~、厳しいっす・・・(笑)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

建物管理
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント