【賞与(ボーナス)】社会保険料の計算方法(手順)と保険料額早見表

スポンサーリンク

会社員、お金、金融、法律

この記事では、賞与(ボーナス)にかかる

  • 健康保険料
  • 介護保険料
  • 厚生年金保険料
  • 雇用保険料

の「計算方法(手順)」と「賞与支給額別の社会保険料額早見表」を紹介しています。

 

こんな人に読んでいただけると嬉しいです。

  • 社会保険への加入を考えている
  • 大まかな社会保険料額を知りたい
  • 毎月引かれている社会保険料の仕組みを知りたい
  • 仕事で「社会保険手続き」を担当している
2019年4月の制度で説明を行っていますが、計算方法については、年度が変わっても原則変わりません。実際に計算する際は、保険料率などを計算する年度にあわせて行ってください。
なお、この記事は、全国健康保険協会(協会けんぽ)への加入を想定しています。

 

【関連記事】

エクセルが使える人で「社会保険料額だけ知りたい」というなら、こちらの記事がオススメです。

賞与(ボーナス)の社会保険料を自動計算する「無料エクセルファイル」の紹介
この記事では、賞与(ボーナス)にかかる 健康保険料 介護保険料 厚生年金保険料 雇用保険料 を自動計算するエクセルファイルを紹介しています。(自分で作りました) こんな人に使ってもらえると嬉しいです。 ...

健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料の計算方法(手順)

「健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料」の計算手順は同じです。

唯一、違うのは「保険料率」となります。

【計算手順】

  1. 賞与の総支給額から「標準賞与額」を計算する
  2. 健康保険、介護保険、厚生年金の保険料率を確認する
  3. 標準賞与額に各種保険料率をかけ、「保険料の全額」を算出する
  4. 「保険料の全額」に2分の1をかけ、「被保険者負担分の保険料額」を算出する

 

なお、計算式にすると、

標準賞与額 × 保険料率 ÷ 2 = 保険料額(被保険者負担分)

となります。

 

それでは、1つずつ説明していきます。

賞与の総支給額から「標準賞与額」を計算する

標準賞与額は、賞与の総支給額(1回に対し)の1,000円未満の端数を切り捨てた額となります。

 

たとえば、

賞与の総支給額が「800,900円」であれば、標準賞与額は「800,000円」

となります。

 

また、標準賞与額には上限があり、

  • 健康保険は年間573万円まで(毎年4月1日から翌年3月31日までの累計額)
  • 厚生年金保険は月間150万円まで

の範囲で設定されます。

 

詳しくは、こちらを。

全国健康保険協会「標準報酬月額・標準賞与額とは?」

健康保険、介護保険、厚生年金の保険料率を確認する

健康保険の保険料率は、都道府県によって変わりますが、介護保険および厚生年金保険の保険料率は全国統一です。

 

各種保険料率は、全国健康保険協会の公式サイトにある「健康保険・厚生年金保険の保険料額表」で確認します。

全国健康保険協会「平成31年度保険料額表(平成31年4月分から)」

2019被保険者の方の健康保険料額(健康保険協会)

 

ダウンロードした「健康保険・厚生年金保険の保険料額表」の赤く囲った所が保険料率となります。

2019健康保険等の保険料率(東京都)

 

この表では、

  • 健康保険 9.90%
  • 介護保険 1.73%
  • 厚生年金保険 18.3%

となります。

介護保険第2号被保険者に該当する場合の保険料率は、「健康保険9.90%」と「介護保険料1.73%」をあわせた数字になっています。

 

なお、介護保険料は、40歳以上65歳未満の人しか賞与から引かれませんので、計算するときは注意してください。

健康保険組合の加入者は、その組合の規定により変わってきます。

標準賞与額に各種保険料率をかけ、「保険料の全額」を算出する

次に、標準賞与額に各種保険料をかけていきます。

 

標準賞与額「800,000円」で、健康保険料率「9.9%」であれば、

800,000円 × 9.9% = 79,200円

となります。

 

この金額が、健康保険における事業主と被保険者(職員)が負担する「保険料の全額」です。

「保険料の全額」に2分の1をかけ、「被保険者負担分の保険料額」を算出する

「健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料」は、事業主との折半のため、最後に2分の1をかけます。

 

健康保険における「保険料の全額」が79,200円の場合は、

79,200円 ÷ 2 = 39,600円

となります。

 

この金額が、賞与1回に対し引かれる「被保険者(職員)負担分の健康保険料額」です。

健康保険、介護保険、厚生年金保険の保険料額を試算してみる

次の条件で、計算してみます。

  • 被保険者の年齢 40歳
  • 賞与の総支給額 759,800円
  • 標準賞与額 759,000円
  • 健康保険(東京都) 9.90%
  • 介護保険料 1.73%
  • 厚生年金保険料 18.3%

 

計算式にあてはめてみると、

  • 759,000円 × 9.9% ÷ 2 = 37,570円(健康保険)
  • 759,000円 × 1.73% ÷ 2 = 6,565円(介護保険)
  • 759,000円 × 18.3% ÷ 2 = 69,448円(厚生年金保険)

となります。

 

結果、合計額は、115,862円です。

結構、引かれますよね・・・

雇用保険料の計算方法(手順)

雇用保険料は、賞与の総支給額に保険料率をかけ計算されます。

【計算手順】

  1. 事業の種類に応じた、保険料率を確認する
  2. 賞与の総支給額に保険料率をかける

 

なお、計算式にすると、

賞与の総支給額 × 保険料率 = 保険料額(労働者負担分)

となります。

 

それでは、1つずつ説明していきます。

事業の種類に応じた、保険料率を確認する

雇用保険は、「事業の種類」よって、保険料率が変わってきます。

こんな感じで。

2019年度 雇用保険料率(厚生労働省)

出典:厚生労働省「平成31年度の雇用保険料率」

 

2019年度(4月~3月)における、労働者負担の保険料率は、

  • 一般の事業 0.3%
  • 農林水産・清酒製造の事業 0.4%
  • 建設の事業 0.4%

となります。

賞与の総支給額に保険料率をかける

「健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料」では、「保険料の全額」を折半しましたが、雇用保険の場合「労働者負担の保険料率」が明示されていますので、そのまま保険料率をかけていきます。

 

賞与の総支給額「800,900円」で、雇用保険料率「0.3%」であれば、

800,900 × 0.3% = 2,403円

となり、この金額が「月額の雇用保険料」となります。

 

ちなみに、計算結果に小数点以下が出た場合は、次のとおり処理します。

被保険者負担額を源泉控除する場合

被保険者負担額の端数が、50銭以下の場合は切り捨て、50銭1厘以上の場合は切り上げとなります。

出典:和歌山労働局「雇用保険の被保険者負担額の端数処理について」

雇用保険の保険料額を試算してみる

次の条件で、計算してみます。

  • 賞与の総支給額 759,800円
  • 雇用保険料率(一般の事業) 0.3%

 

計算式にあてはめてみると、次のようになります。

759,800 × 0.3% = 2,279円(雇用保険)

賞与支給額別 社会保険料額 早見表

社会保険料額が、パッと見でわかるように「早見表」にしておきます。

参考程度に、ご覧ください。

 

ちなみに、こんな条件でつくってあります。

  • 被保険者(社会保険に加入している人)の負担額を表示
  • 健康保険料率は、全国健康保険協会の平均値「10%」を使用
  • 雇用保険料率は、「一般の事業」を使用
  • 賞与の総支給額100,000~1,000,000円の範囲で作成

賞与の総支給額「100,000円~500,000円」

賞与支給額別「社会保険料額」早見表(100,000~500,000円)

賞与の総支給額「525,000円~1,000,000円」

賞与支給額別「社会保険料額」早見表(525,000~1,000,000円)

介護保険料は、40歳以上65歳未満の人のみ天引きされます。

まとめ

ここで、「賞与にかかる社会保険料額を計算するときのポイント」をまとめておきます。

健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料の計算

  • 健康保険、介護保険、厚生年金保険の保険料額の計算手順は同じ
  • 計算式は、「標準賞与額 × 保険料率 ÷ 2 = 保険料額」
  • 標準賞与額は、賞与の総支給額(1回に対し)の1,000円未満の端数を切り捨て額
  • 「健康保険・厚生年金保険の保険料額表」で、保険料率を確認する
  • 「健康保険料、介護保険料、厚生年金保険料」は、事業主との折半

雇用保険料の計算方法

  • 雇用保険料の計算式は、「賞与の総支給額 × 保険料率 = 保険料額」
  • 雇用保険は「事業の種類」よって、保険料率が変わる
  • 雇用保険に「報酬賞与額」という言葉はない

 

社会保険料の計算って、複雑で難しそうに感じますが、1つずつ順を追って計算してみると、結構わかりやすいしくみだと思います。

計算自体は、足し算、かけ算、割り算しか使いませんし。

 

興味があれば、給与明細を見ながら、社会保険料が間違っていないか計算してみてください。

計算がピッタリ合うと、結構、スッキリしますよ~(笑)

 

なお、

「毎月の給与から天引きされている社会保険料の計算はどうやるの?」

という人は、こちらの記事を。

【毎月の給与】社会保険料の計算方法(手順)と保険料額早見表
この記事では、毎月の給与から天引きされる 健康保険料 介護保険料 厚生年金保険料 雇用保険料 の「計算方法(手順)」と「月額給与別の社会保険料額早見表」を紹介しています。 こんな人に読んでいただけると嬉し...

 

また、「社会保険料の徴収ルール」については、こちらの記事をご覧ください。

社会保険料の支払いルールとは?【入職月、退職月、2ヶ月分控除、日割り計算の有無】
この記事では、 健康保険料 厚生年金保険料 介護保険料 雇用保険料 の支払いのルールについてまとめています。 こんな人に読んでいただけると嬉しいです。 今月の給料って、何月分の社会保険料を払っ...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
社会保険
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました