病院の入院(病床)稼働率が上がらないのは、組織と個人の利害が一致してないからだよ!

スポンサーリンク

やる気を起こさせる、モチベーション、インセンティブ、力を合わせて

病院の経営管理を行う上で、最も重要な指標と言っても過言ではない!

 

「入院(病床)稼働率」

 

おそらく、この数字に一喜一憂している経営管理者は、多いんじゃないかな~

 

だって、病院という業態は、売上と経費が比例(連動)しないからね。

ベットが空いていようが、ベットが埋まっていようが、かかってくる人件費は、原則、変わらないし。(多少の残業代は違いますけど)

 

つまり、病院において、入院稼働率が下がるというこは、直接的に利益が下がるってことなんですよね。

 

ちなみに、病院の経費は、人件費がダントツ多いです。(人件費率50%以上はあたりまえ)

さらに言えば、人件費がほぼ変動しない病院は、入院稼働率の上位数%部分で利益を得ているってことです。(例えて言うなら、入院稼働率の95~100%部分が利益みたいな感じ)

 

よって、入院稼働率が下がるということは、病院にとっては死活問題です。

だって、利益がそのままなくなっちゃうんですから。

 

そのため、どの組織も、試行錯誤しながら、稼働確保に取り組んでいるはずです。

 

でも、そもそも「なぜ、入院稼働率を、上げなければならないのか?」について、考えたことがありますか?

 

「は!?売上や利益が落ちるからでしょ!?」

と思うかもしれませんが、

 

じゃあ、なぜ、売上と利益が落ちるといけないの?

そして、なぜ、売上と利益を上げないといけないの?

 

どうですか?

どんな答えになりますか?

 

なお、この答えって、仕事をする立場(役職)や職種によって、ぜんぜん変わってきちゃうと思うんです。

 

結果、利害をめぐり組織内(部署間)でぶつかり、思うように改革や改善が進まないんだと思います。

 

そこで、今回は、「本当に、入院稼働率を上げたいと思いますか?」の答えについて、掘り下げてみたいと思います。

組織内においては、ほぼすべての職員が自分の利害を優先している

基本的に、人は、自分の利害を優先する生き物です。

特に、組織(病院や介護施設などの職場)においては、それが顕著に出てきます。

 

「入院稼働率を上げろーーー」って、騒ぐ経営者や経営管理者(事務長など)なんか、その最たるものだと思います。

 

また、現場で働く職員は、経営者や経営管理者(事務長など)とは、逆に、

「わがままな患者は、診たくない」

とか、

「重症な患者は、診れない」

「時間外に患者を受けたくない」

などと、入院稼働率を上げるのに協力的じゃない発言が出たりします。

 

でも、これも、現場の職員が自分の利害を優先した発言なんですよね。

 

なので、入院稼働率を上げたい経営者であっても、入院稼働率を気にしてない現場の職員であっても「どっちもどっち」であり、どちらも自分の利害を優先してるってことです。

 

ちなみに、どっちも悪くありませんよ。

人なんで、当然のことですし。

ただ、立場が違うだけなんですから。

 

まず、この考え方を理解しないと、職員のモチベーションを上げる仕組みを構築することは難しいと思います。

立場(職種)ごとの「入院稼働率」に対する認識の違い

それでは、職種ごとの利害(考え方や認識)について、職種ごとに考えてみます。

なお、わかりやすいように2つのグループに分けて説明します。

入院稼働率を上げたいグループ

まずは、入院(病床)稼働率を上げたいグループからです。

経営者(理事長・院長)

最初は、一番わかりやすい経営者の利害からです。

 

経営者は、病院運営で得た利益は、自分の収入に直結します。(すべて自由に使えるわけではありませんが)

つまり、入院稼働率が下がるということは、自分の収入が減り、最終的には、自分の病院が倒産することを意味します。

 

倒産して困るのは、当然、経営者です。

借金だって、かなり抱えるでしょうし。

 

まー、倒産はちょっと大げさですが、自分の収入が直接的に減るわけですから、入院稼働率を上げたいのは、当然ですね。

結果、経営者は、自分の利害のために、職員にプレッシャーをかけているわけです。

経営管理を行う人(事務長など)

次に、事務長さんです。

 

経営管理を担当してる人からすれば、入院稼働率が下がれば、経営者や法人の本部から怒られます。

そして、業績が悪ければ、自分の評価も下がります。

当然、給料(賞与)も下がり、出世も厳しくなります。

 

だから、入院稼働率を上げたい。

これも、わかりやすいですね。

 

結果、事務長さんは、

自分の評価のために、「医師や看護師などの現場スタッフに患者を診ろ!」って言っているのです。

色々な、言い回し(言葉の表現)を使ってね。(笑)

入院調整を行っている部署の職員

続いて、入院調整(病床管理を行う)部署の職員です。

この部署も、「経営者」および「経営管理を行う人」と同じくわかりやすいです。

 

だって、入院稼働率が下がれば、院長や事務長から怒られますし、自分の評価も下がり、結果、給料(賞与)が下がります。

 

そうなると、やっぱ、入院稼働率を上げないと・・・ってことになります。

入院稼働率を上げたくない(あまり気にしない)グループ

次に、入院稼働率をあまり気にしない、もしくは、上げたくないグループです。

医師・医療技術者

雇用契約にもよりますが、もし、入院稼働率などの業績に連動しない契約なのだとしたら、医師や医療技術者は、患者を診れば診るほど、損をすることになります。

 

だって、入院稼働率に関係なく、毎月の給料は一定なんですよ。

働く時間が少なければ少ないほど、自分の時間単価(時給)が上がるってことになっちゃいます。

 

逆に言えば、患者をたくさん診れば診るほど、自分の時間単価(時給)が下がるってことです。

そうです、損をするってことです。

 

つまり、自分の利害を優先すると、入院稼働率を上げたくないってことになりますよね。

看護職員・介護職員

こちらも医師や医療技術者と同様の考え方です。

 

自分の利害を優先した場合、病棟のベットが空いていれば空いているほど、自分の仕事が少なくていいわけですから、入院稼働率を上げたくないってことになります。

だって、入院患者が少ないほうが、仕事が楽ですから。

 

ちなみに、超人手不足の医療・介護業界においては「業績が悪かったので、給料を下げます」は、なかなかできません。

なぜなら、職員が辞めちゃいますから。

なお、求人が、くさるほど出てるというのも、病院側からすれば厳しい話です。(笑)

 

つまり、看護職員や介護職員については、入院稼働率が下がっても、給料が減らない(減らせない)職種であると言えます。(医師もそうかも・・・)

その他の職員(一般事務など)

事務員などの職員については、入院稼働率なんか、もう、どっちでもいいです。(笑)

給与や賞与が減らされるなら、不満を感じるでしょうが、給与が減らない範囲であれば、どこまで入院稼働率が下がっても、全く危機感はありません。

 

ちなみに、一般事務の職員がどんなに仕事を頑張っても、病院の売上は増えないため、偉い人(偉そうな人)たちから、怒られることもないでしょうし。

つまり、何が言いたいかというと

仕事をする立場によって、利害が違うため、想いが同じ方向を向かないってことです。(職種ごとの利害が一致しないってこと)

 

そして、組織全体の想いを同じ方向に向けられなければ、組織のパフォーマンスは上がりません。

だって、目指しているものが違うんですよ、力が分散しちゃいます。

 

結果、サービスの質は上がらない!!

だから、入院稼働率は上がらないってことです。

じゃあ、組織のパフォーマンスを高めるには、どうすればいいの?

僕は、組織のパフォーマンスを上げるには、病院(組織)と個人の利害を一致させる必要があると思っています。

 

つまり、どういうことかって言うと、

「職員が頑張れば頑張っただけ、職員個人のためになり、また、それが病院のためにもなる」

ってことです。

 

それは、お金だったり、周りからの評価だったり、患者さんからの「ありがとう」かもしれません。

これを一致させることができれば、必ず、入院の稼働率は上がります。

 

なぜなら、病院で働く全職員にとって、入院稼働率が、自分事になるからです。

自分事になると、入院の稼働率が低下すると、危機感を感じるはずです。

危機感を感じると、入院患者を増やそうと必死になります。

 

これ、最高の組織でしょ!?(笑)

 

ですので、

まず、やらないといけないのは、病院(組織)の利害と職員の利害を一致する仕組みを作るってことです。

まとめ

病院の業績改善を図りたいなら、まずは、職員の気持ちを理解し、組織の利害と職種ごとの職員の利害を一致させるべきです。

この仕組みができてない組織は、「インセンティブシステム」の設計が、逆なんだと思います。

 

つまり、「頑張れば頑張るほど、損をする仕組み」ってことです。

だから、サービスの質も上がらないし、業績も良くならない!!

 

ということで、結論としては、

医師や看護師などの現場の職員さんが、「患者を診たくなる仕組み」を考える必要があるってことです。

そこで必要となる大切な要素は、「承認欲求」と「自己実現の欲求」かもしれないですね。

このあたりを上手く活用し、「インセンティブシステム」を設計してみてはいかがでしょうか。

 

最後に、あえて触れておきますが、

「病院の入院稼働率が低下し利益が出せなければ、病院が倒産し、職員だって困るじゃないか?」

と思うかもしれませんが、

 

はっきり言って、職員は、病院が倒産しても、全く困りません!!

 

病院という業態においては、職員は、ほぼ有資格者(国家資格保持者)です。

ですので、転職先はすぐに見つかります。

 

つまり、今働いている病院が倒産すれば、他の病院を探せばいいんです。

かつ、超人手不足のご時世であるため、なおもです。

 

なので、そんな脅し文句では、職員は全くやる気になりませんよ!!(笑)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

経営メモ
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント