許可・届出のある職業紹介事業者等の定義とは?【再就職手当の要件】

スポンサーリンク

職業紹介事業者、キャリアシート

雇用保険(失業等給付)の「再就職手当」の要件の1つに、

「給付制限(3ヶ月)がある場合、待期期間(7日間)後の最初の1か月間については、ハローワークまたは許可・届出のある職業紹介事業者等の紹介で就職したものであること」

という項目があります。

 

この要件は、「自己都合による退職」などで給付制限(3ヶ月)を受けた場合、給付制限(3ヶ月)の最初の1ヶ月間については、

  • ハローワークからの紹介
  • 許可(届出)のある職業紹介事業者等の紹介

で再就職しなければ、「再就職手当」は支給されないというものです。

 

つまり、インターネット求人や新聞折込などの求人広告を見て、自ら応募した場合は「再就職手当」の対象にならないってこと。

 

僕個人としては、「早く就職してくれるなら、どんな経路でもいいんじゃないの???」って思ったりもしますが・・・(笑)

まー、入職日を1ヶ月遅らせればいいだけですけどね。

 

そこで、ちょっと曖昧な表現である「許可・届出のある職業紹介事業者等」の定義について、ハローワークの給付担当者に確認しましたのでまとめておきます。

許可・届出のある職業紹介事業者等の定義

まず結論です。

「許可・届出のある」とは、次の2つの場合をいいます。

  • 厚生労働大臣の許可を受けている
  • 厚生労働大臣へ届出を行っている

 

厚生労働大臣の許可(届出)の有無については、厚生労働省職業安定局「人材サービス総合サイト」でチェックできます。

 

そして、「職業紹介事業者等」とは、

「有料・無料を問わず、企業等の求人と、仕事を探している人(求職者)をマッチングさせ、就職を斡旋(あっせん)する事業者」

のことです。

 

つまり、「許可・届出のある職業紹介事業者等」とは、

「厚生労働大臣の許可(届出)のある人材紹介サービス業者」

ということです。

職業紹介事業を行うには、厚生労働大臣の許可もしくは届出が必須

そもそも、職業紹介事業を行うには、厚生労働大臣の「許可」もしくは「届出」が必要です。

ですので、「再就職手当の支給」という意味では、適正に人材紹介サービスを行っている業者であれば、どこの業者を利用してもOKということになります。

 

つまり、結構、利用できるサービス多いってことです。

ただ、人材紹介サービスに限定されますが。

ハローワークの給付担当者に聞いた「職業紹介事業者等」の判断基準

「再就職手当の支給要件(職業紹介事業者等)」について、ハローワークの担当者に相談したときに、ちょっとおもしろい話を聞きました。

僕は、

職業紹介事業者等 = エージェントサービス(人材紹介サービス)」

と解釈していましたが、ハローワークの担当者の意見は違いました。

 

実際には、

「職業紹介事業者等 ≒ エージェントサービス(人材紹介サービス)」

でした。

 

というのも、ハローワークとしては、

「企業等の求人担当者と仕事を探している人(求職者)の間に求人サイトの担当者が入り、やりとりを支援していればよい」

という判断らしいのです。

 

ちょっとわかりづらいので、具体的な企業名を教えてくれました。

  • 「リクナビ」さん「マイナビ」さんのようなインターネット求人サイトは、職業紹介事業者等に該当しない
  • 「エン転職」さんのように、担当者が転職を支援・斡旋(あっせん)している場合は、同じようなインターネット求人サイトであっても、職業紹介事業者等に該当する

 

結局この説明で、僕がわかったのは、「エン転職」さんは、職業紹介事業者等に該当するということだけでした。(う~ん、判断が難しい・・・)

なお、ハローワークごとに判断が分かれるかもしれませんので、各自、確認は徹底してください。

再就職手当の申請にかかる「職業紹介事業者等」の確認方法

給付制限(3ヶ月)のある人が、人材紹介サービスを利用し、最初の1ヶ月で就職した場合のハローワークによる「職業紹介事業者等」の確認方法について紹介します。

これも、ハローワークの給付担当者に確認した内容です。

 

確認方法は、次のいずれかとのことです。(うちの地域のハローワークの場合)

  • 利用した人材紹介会社の証明書を添付
  • 利用した人材紹介会社の転職支援担当者の名刺を添付
  • 利用した人材紹介会社へ電話で確認(ハローワークから)
  • 採用証明書(別紙1)の採用経路の確認のみ

 

ちなみに、

「ハローワークによって、職業紹介事業者等の確認方法はバラバラ」

とのことです。

なので、あなたの地域のハローワークに確認してみてください。

 

なお、「再就職手当」の申請手続きについては、こちらの記事を。

失業等給付の「再就職手当」とは?【支給要件・支給金額・申請手続きの説明】
この記事では、雇用保険(失業等給付)の「再就職手当」における、 制度 支給金額 支給要件 申請手続き について紹介しています。 なお、次のような方に読んでいただきたいです。 退職(転職)を考え...

職業紹介事業者(人材紹介会社)の対応

うちの病院で利用している人材紹介会社(転職支援サービス)さんに、次のような質問をしてみました。

「再就職手当の支給の関係で、給付制限(3ヶ月)のある求職者が、給付制限の最初の1ヶ月で就職した場合に、証明書等の発行をしていますか?」

 

回答としては、求職者の依頼(希望)にあわせ、

  • 証明書の発行
  • 事業主の証明(押印)
  • 転職支援担当者の証明(押印)

などを行っているとのことでした。

 

転職を考えているなら、ぜひ、チェックしてみてください。

安心して利用できますので。

 

【看護師の人材紹介会社(公式サイト)】

【薬剤師の人材紹介会社(公式サイト)】

「再就職手当」の制度を知らない、転職支援担当者さん(人材紹介会社)も多かったため、サービス利用時には、確認を徹底してください。

 

なお、ここで紹介した「人材紹介会社(転職支援サービス)」の特徴(オススメ理由)については、こちらの記事で紹介しています。

【看護師の転職術】希望の職場(病院)探しは、紹介サービスの複数利用が基本
今回は、本気で転職を考えている「看護師」さんに、ぜひ読んで欲しい「最強の転職術」について紹介します。 なお、転職においての「最強」とは、 「あなたの希望に1番あった病院(医療機関)に出会うこと」 と定義します。 また、な...
薬剤師の転職で、人材紹介(転職支援)サービスの複数利用をオススメする理由
この記事では、薬剤師さんの転職は、 なぜ、転職支援(人材紹介)サービスの複数利用が基本なのか? なぜ、求人サイトへの登録は不要なのか? なぜ、「ファルマスタッフ」「薬キャリ」「マイナビ薬剤師」の転職支援サービスがオススメ...

まとめ

結果、「許可・届出のある職業紹介事業者等」とは、

人材紹介サービス事業者(エージェントサービス会社)

でいいと思います。(笑)

 

人材紹介を行うのであれば、厚生労働大臣の許可(届出)が必須ですので、「人材紹介サービス事業者(エージェントサービス会社)」を利用しておけば、間違いなしということです。

 

ただ、社名をあまり聞いたことのない業者さんを利用する場合は、確認を徹底したほうがいいかもしれません。

もしかしたら、「許可を得ていない」ってことがあるかもしれませんし。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
人財
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました