部下が「報告・連絡・相談」しないのは、部下からの無言のダメ出しだよ!

スポンサーリンク

フィードバック、笑顔、報告、相談

あなたは、こんな風に部下に怒っていませんか?

「報告されてないぞ!!」

「なんで報告しないんだー!」

「報告もできないのか?」

 

まだまだ、どの組織にもこういう人って多いと思うけど、使わない(言わない)方がいい言葉の1つですね。

だって、この言葉って「自分の無能さを、自らさらけ出している」ってことですから。

 

こういう人って、「役職が上 = 偉い」って思っている超勘違いな人で、さらに言えば「報告は、部下がするもの」だと思っている人なんですよね。

そして、こういう人って部下には強く出るくせに、上司にはひたすら「ヘコヘコ」するんです。

 

はっきり言って、こんな上司、信頼されるわけありません。

 

そんなことで、今回は、「報告しろ!!」って怒る上司の無能さについてまとめておきます。

なお、僕自身への戒めを含めてです。(笑)

なぜ、「報告しろ!!」と怒る上司は無能なのか?

本来、部下は、上司に報告(相談)をしたいと思っています。

だって、仕事で悩んだりしたとき、信頼できる上司からのアドバイスほど的確で、有り難いものってないからです。

 

また、報告しておくことで、部下も安心できます。

「あの人に言っておいたから、なにかあればフォローしてもらえる」みたいな。

 

なのに、報告や相談を部下がしてこないってことは・・・

 

あなたに、報告や相談をしたくないからです!!

さらに言えば、あなたに報告や相談をするメリットがないってことです。

 

言い換えれば、部下が報告したいと思われる、信頼関係と空気をつくれていない。

そして、部下が報告や相談をしてくれたときに「メリット」を提供できてないってことです。

 

つまり、部下からの無言のダメ出しってことです。

報告をされる上司になるには

「報告は、部下がするもの!」という、老害にも近い「固定観念」は、完全に捨てましょう。

そして、報告されたいことは、上司が部下に確認するべきです。

 

例えば、

「そういえば、あの案件ってどうなった?」

とか、知りたいことは、自分で聞きにいくようにしましょう。

 

結果、その確認を繰り返していると、部下は、自然と報告してくれるようになります。

 

ちなみに、こんな感じの心理です。

「○○(上司)さんは、こういう情報が欲しいのか~」

「だったら、先に報告しておこう!」

 

そして、部下が報告してくれたら「ありがとう」と感謝を伝えるべきです。

報告するのは、「部下のあたりまえ」ではないのですから。

 

また、報告の都度「ありがとう」を伝えることで、どんどん部下が、報告してくれるように
なります。

なぜなら、人には「承認欲求」があります。

人から感謝されること、すなわち「ありがとう」という言葉は、他者の「承認欲求」を満たす最高の言葉だからです。

 

なので、どんなに小さなことに対しても「あたりまえ」と思わず、「ありがとう」と伝えましょう。

それが、報告をされる上司になるための最善の方法です。

部下から相談は、泣いて喜ぶことだよ

相談とは、信頼されていて、初めて成り立つものです。

つまり、部下から相談されるということは、信頼されている証拠なんです。

 

そうです、

ちょーーーーーー喜んでいい所です!!(泣いてもいいです・・・)

 

そして、相談に来てくれた部下には、最上級の「ありがとう」を送らないといけません。

感謝の言葉だけじゃない、部下に対しての「メリット」とともに!!

 

なかには「いちいち、聞きに来るな!!」っていう、アホな上司もいますが、それは考え方が逆です。

部下は、いちいちあなたと話したい(相談したい)と思っているのです。

 

だから、いちいち「ありがとう」です!!

まとめ

おさらいの意味を含め、この記事で伝えたいことをまとめておきます。

  • 部下が報告しないのは、上司が無能だから
  • 報告されたいなら、上司から聞きに行け
  • 報告は「部下のあたりまえ」じゃない
  • 「ありがとう」は、承認欲求を満たす最高の言葉
  • 部下からの相談には、「最上級のありがとう」を返せ

 

上司の意識が変われば、職場の雰囲気は一気に変わります。

ぜひ、部下が、上司に報告や相談をしたくなる職場づくりを心がけてください。

結果、それが「働きやすく、生産性の高い職場」の第一歩になります。

 

僕も、気をつけないと・・・(笑)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ひとりごと
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント