経営者が「サービス残業」を認めちゃいけない、たった1つの理由

スポンサーリンク

会社が休めない、ノートパソコン、付箋だらけ

サービス残業って、悪です!!

 

これは、職員はもとより、経営者にとっても悪です!!

 

今回は、サービス残業を容認することが、どれだけ組織にとって「マイナス」になるかについて、まとめておきます。

 

なお、この記事は、実体験をもとに書いています。

経営者にとって「サービス残業」が悪である理由

僕が考える理由は、たった1つです。

それは、

「サービス残業する人は、評価が高い(褒められる)という企業文化が醸成される」

です。

 

普通に考えば、残業代を払わずに、職員を働かせることができれば、経営者とすれば嬉しい限りでしょう。

 

じゃあ、「なんで経営者にとって、サービス残業が悪なのか?」について、順に説明していきます。

なんで、定時で帰らないの?

あなたの職場に、こんな職員はいませんか?

  • 「残業しなくていいよ」って言っているのに、「キリの良い所までやりたいから」って勝手に残っている職員
  • 「家に帰ってもやることないから、残業していきます」っていう職員
  • 根本的に、仕事が好き!!

 

もし、こういう職員がいるなら、全員きっちり定時で帰らせてください!!

「本人の都合で勝手に残ってるんだから、残業代も出さないし、自由にすればいい」という容認は止めてください。

 

最終的に、他の職員にすっごく悪影響が出ます!!(断言します!)

 

なお、こういう職員が「きっかけ」となり、「サービス残業する人は評価が高い」という企業文化が醸成されていっちゃうんです。

職員は、2つのタイプがいることを理解しよう

人の価値観は様々です。

ですので、物事の受取りかたも色々です。

結果、「なんで、そんな風に捉えちゃうのかな・・・」ってことが、普通に起こります。

 

そして、そんな「人の価値観は様々」を前提として、職員をざっくり2つに分けていきます。

1.サービス残業があたりまえの人(タイプ1)

まず1つは、サービス残業があたりまえだと思っている人です。

このタイプは、割と年配の人に多いです。

 

そして、内心こんな風に思っています。

「たかが、30分ぐらい残業なんかつけるなよ~」

「朝は、早く来て、仕事の準備をするのが普通でしょ」

「上司より先に、帰るなんて考えられない」

「遅くまで残っている人は、頑張っている人」

2.サービス残業を認めない人(タイプ2)

もう1つは、サービス残業を認めない人です。

こっちは、割と若い人に多いです。

 

こっちのタイプの内心は、

「5分だって、残業代を払えよ~」

「なんで、遅刻しないで出勤しているのに、来るの遅いよ~って、空気なの?」

「早く帰りたいのに、みんなが残っているから帰りづらいんだよ~」

「それって仕事が遅いから、残っているんでしょ!?」

って感じです。

 

この2つのタイプは、どの職場にも必ず存在します。

そして、この価値観の違いによって「企業文化」が歪んでいくのです。

マネージャー(上司)の心理と、職員の心理を理解する

一生懸命働いてくれる職員に対しては、経営者に限らず、直属の上司も、大切にしたいと思うはずです。

そして、それが上司の言葉や表情に表れます。

「いつも、遅くまで頑張ってるな!」

「残業申請しないのか?たまには、していいんだぞ~」

って感じで。

 

当然、このマネージャーの心理と行動については理解できるものですが、見る人によって捉え方が変わってしまいます。

 

例えば、タイプ1の人(サービス残業があたりまえの人)の場合では、

  • サービス残業をすれば上司からの評価が上がる(褒められる)
  • 遅くまで働くと、上司に気に入られる

と受取ります。

そして、結果的に「サービス残業で遅くまで残ろう!!(仕事がなくても)」となります。

 

次に、タイプ2(サービス残業を認めない人)の場合では、

  • サービス残業をすると褒められる
  • 残業申請すると、上司からの評価が下がる

と感じるはず。

そして、「残業申請はしづらいし、結局、サービス残業で残らないといけないなら、普段の仕事は手抜きでやろう!!」ってなります。

 

はい、ダメ組織の出来上がりーーーーー!!!(笑)

 

なお、こういう組織になっちゃうと、残業申請をすることが悪になります。

 

なぜなら、

「あの人、残業申請しているの?」

「みんな出してないのに、おかしいよね~」

ってなるからです。

 

つまり、「サービス残業」を完全に無くすには、マネージャーと職員の心理(価値観)を理解し、対策を講じる必要があるのです。

まとめ

ここで、「サービス残業する人の評価が高い」という企業文化がダメな理由をまとめておきます。

  • 生産性が下がる
  • 職員が疲弊する
  • 労働基準監督署の是正勧告を受ける(職員からの申告により)
  • 職員の口コミにより、組織(企業)イメージが低下する
  • 新入社員が定着しない(すぐに辞めちゃう)

 

政府も、「働き方改革」に力をいれていることもあり、昔と今の「働き方」は、ガラッと変わっています。

「自分のあたりまえ(価値観)は、果たして現在も通じるのものなのか?」と、定期的に自問自答することが、自分が老害化してしまうことを防ぐ唯一の方法かもしれません。

 

ぜひ、「うちは、ちゃんとやっているから平気だよ~」と思わず、現場職員が感じている「違和感」を大切にし、労働環境の改善(組織改革)を繰り返してください。

それが、職員のためであり、ひいては組織のためになるはずです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

ひとりごと
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント