入院患者の排便コントロールには「サンファイバー」を!【薬を使わず腸を元気に】

スポンサーリンク

サンファイバー研修会

先日、施設内研修として、水溶性食物繊維「サンファイバー」の生産・販売をしている「太陽化学株式会社」さんに講演を行っていただきました。

 

講演(研修)のタイトルは、

「自然な排便コントロールと水溶性植物繊維の役割について」

です。

 

「下剤を使い続けるリスク」「腸内環境の大切さ」「サンファイバーの有益さ」など、すっごくわかりやすい説明で、とても勉強になりました。

 

そこで、せっかくいい研修をしていただいたのに、ただ聞いただけではもったいないと思い、情報共有の意味を含め、研修内容をまとめておきます。

 

もし、患者(利用者)さんの排便コントロールで困っているなら、太陽化学さんに講演(研修)を依頼してみてはいかがでしょうか。

無料で、やっていただけますよ~

なお、サンファイバーの効果は絶大なんで、患者サービス向上の1つとしてもオススメです。

研修のポイント

まずは、今回やっていただいた研修のポイントです。

  • 下剤を使い過ぎると、大腸に悪影響が!?
  • 腸が健康だと、全身が健康になる
  • 腸内環境を健康にするには、善玉菌を増やすしかない
  • 善玉菌を増やす2つの方法
  • 水溶性食物繊維「サンファイバー」の特徴・効果・安全性

 

それでは、1つずつ説明していきます。

下剤を使いすぎると、大腸に悪影響が!?

高齢の患者さんの場合、自力排便できない人が多いです。

そういった患者さんの場合、排便を促すのに下剤を使っている場合が多いと思いますが、下剤の長期利用は、大腸の神経を麻痺させ、便秘が深刻化する場合があります。

そうならないように、「下剤」の利用は最小限にし、自然な排便を促すことが大切となります。

 

結局、自然な排便コントロールとは、患者サービス向上のための1つの要素になるんですよね。

腸が健康だと、全身が健康になる

腸には、免疫細胞の7割が集中しているため、腸の健康が損なわれると、正常な免疫システムが働かなくなります。(免疫が下がってしまう)

言い換えるなら「免疫システムの要が、腸の健康状態である」ということです。

 

また、腸は「第二の脳」と言われるほど重要な臓器であり、腸の健康が全身に影響することがわかっています。

さらに言えば、「脳の働きも、腸の健康状態が影響する」と言われていますので、腸を健康にするということは、脳を健康にするってことなのです。

 

ってことは、腸が健康になると、生産性が上がるってこと!?かな・・・

腸内環境を健康にするには、善玉菌を増やすしかない

お腹の中には、大きく分け、3種類の菌が存在します。

  1. 善玉菌(ビフィズス菌、乳酸菌など)
  2. 悪玉菌(大腸菌など)
  3. 日和見菌(大腸菌(無毒)など)

 

善玉菌が多いと、次のような効果があります。

  • 通常便
  • 栄養の吸収力アップ
  • 免疫力アップ
  • 有害物質の排除
  • 肌の状態が良い

 

逆に、悪玉菌が多いと、

  • 便秘、下痢
  • 便臭の悪化
  • 発ガン物質の発生
  • 血流が悪くなる

という症状が出てしまいます。

 

なお、日和見金(ひよりみきん)は、腸内の善玉菌・悪玉菌の優勢な方に同調(味方)して作用する性質があるため、悪玉菌が増えると悪玉菌を応援してしまいます。

 

また、腸内では、常に、善玉菌と悪玉菌が勢力争いをしていますので、常日頃から善玉菌を増やす努力をしておかないと、腸内環境を健康に保つことはできなくなります。

善玉菌を増やす2つの方法

善玉菌を増やすには、次の2つの方法しかありません。

1.プロバイオティクス素材をとる

1つ目は、善玉菌をそのまま摂取して、菌数を増やすという方法です。

ちなみに、次のような食材を食べることで、善玉菌を増やすことができます。

  • ヨーグルト
  • 乳酸菌飲料(ヤクルトなど)
  • 発酵食品(納豆、味噌など)

2.プレバイオティクス素材をとる

もう1つは、善玉菌のエサになるものを摂取して、菌数を増やすという方法です。

ちなみに、善玉菌のエサとは、

  • 水溶性食物繊維(サンファイバー)
  • オリゴ糖など

となります。

なお、水溶性食物繊維には、グアー豆(サンファイバーの原料)、ごぼう、リンゴがあります。

 

当然理想は、1と2を両方行うことですが、2の「プレバイオティクス素材」を毎日摂取するのはすごく大変です。

だって、毎日、ごぼうとリンゴばっかり食べられないじゃないですか~(笑)

グアー豆(サンファイバーの原料)は、日本で売っているのを見たことがありませんし。

 

ちなみに、その「大変」を「簡単」にしたのが、「サンファイバー」です。

水溶性食物繊維「サンファイバー」の特徴・効果・安全性

善玉菌のエサとなる、水溶性食物繊維を簡単に摂取できるサプリメント「サンファイバー」について紹介します。

サンファイバーの特徴

  • グアー豆(サンファイバーの原料)は、腸の栄養素である「短鎖脂肪酸」の産生量が、他の素材(食物)と比べ2~3倍多いため効果が高い。(腸が元気になる)
  • 便秘、下痢のどちらも改善する。
  • 大量に摂取しても、おなかがゆるくなりにくい。

サンファイバーの生理効果

  • 下痢改善
  • 小腸絨毛の萎縮改善(腸管からの吸収率上昇)
  • 便通改善
  • 血糖値上昇抑制
  • コレステロール脂質改善
  • 脳内細菌叢改善
  • 食品のグリセミック指数(GI値)の低下
  • 脳内短鎖脂肪酸産生促進
  • ミネラルの吸収促進

サンファイバーの安全性

サンファイバーは、世界各国で機能性と安全性が認められています。

内容
日本

おなかの調子を整える(トクホ)
糖の吸収をおだやかにし、食後血糖のピーク値を抑える(機能性表示食品)

アメリカ米国食品医薬局で、GRAS(安全性の高い食品群)を取得
カナダ過敏性症候群の有症者において、腸機能、便秘、胃腸不快感などの腸機能の改善に役立つ
韓国腸内善玉菌の増殖に役に立てる
欧州流動食による、下痢への効果や経口補水液への添加が強く推奨されている

患者さんへの使用症例

実際に使用した患者さんの症例です。

結構、医療現場で使われているんですよね。

経管栄養使用の患者さんへ

経腸栄養剤使用時の、下痢防止、褥そう、創傷治癒の促進に使用

おむつ使用患者さんへ

排便コントロールに使用(便秘・下痢対策)

腸疾患患者へ

人工ストーマ(人工肛門)の患者に使用

外科手術後の患者へ

心臓血管外科、胃切除、腸切除後の術後食に使用

重症救急患者へ

ICUでの下痢防止、感染症対策に使用

透析患者へ

透析患者のリン吸着剤の副作用による便秘改善に使用

小児患者へ

心臓血管手術を受けた新生児の排便コントロールに使用

糖尿病教室にて

食後の血糖コントロールを目的に使用

がん患者へ

末期がん患者のオピオイド鎮痛剤の副作用による便秘改善に使用

院内研修の依頼は、どうすればいいの?

「ぜひ、研修をお願いしたい~」という人は、相談してみてください。

問い合わせ先

  • 会社:太陽化学株式会社 メディケア事業 メディケアG
  • 住所:東京都港区浜松町1-6-3
  • 電話:03-5470-6801

過去の勉強会実施テーマ(例)

太陽化学(株)施設内研修会(例)

まとめ

今回、うちの病院(施設)で、「サンファイバー」を使っていたこともあり、太陽化学さんに研修を行っていただきました。

とっても有意義な研修会で、すっごく勉強になりました~

 

ぜひ、あなたの病院(施設)でも、薬による排便コントロールを止めて、食事による排便コントロールを始めてみませんか?

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【関連記事】

サービス
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント