失業保険の待機期間と給付制限【失業保険は、いつからもらえるの?】

スポンサーリンク

お金、コイン、時計

この記事では、

  • 自己都合による退職
  • 会社都合等による退職

で、「失業保険のもらえる時期」が、どう変わるのかを紹介しています。

 

退職(転職)を考えている場合、

「失業保険が、いつからもらえるのか?」

って、すっごく気になるところだと思います。

ぜひ、チェックしてみてください。

失業保険(基本手当)は、いつからもらえる?

まず、結論です。

 

「自己都合による退職」の場合、

ハローワークで手続きを行った日(受給資格決定日)から、約4ヶ月で最初の手当が振り込まれます。

 

「会社都合等による退職」の場合は、

ハローワークで手続きを行った日(受給資格決定日)から、約1ヶ月半で、最初の手当が振り込まれます。

「自己都合による退職」における失業保険が支給されるまで

退職後、2~3週間で離職票が届く

会社(職場)によってばらつきはありますが、退職時に「離職票」の発行依頼をしているのであれば、2~3週間程度で「離職票」が届くはずです。

 

ちなみに、なぜ、2~3週間で離職票が届くかというと、

「事業主は、離職(退職)した日の翌日から10日以内に、離職証明書等の必要書類を添付して雇用保険資格喪失届をハローワークへ提出する義務がある」

という理由からです。

雇用保険資格喪失届等の提出を受けたハローワークは、「離職票」を発行し、事業主へ返送します。
その後、事業主から退職者(離職票発行希望者)へ交付されます。

ハローワークで手続きをした日から7日間は「待機期間」

事業主から「離職票」が届いたら、ハローワークに手続きに行きましょう。

なお、ハローワークで最初に手続きを行った日が、「受給資格決定日」になります。

 

そして、受給資格決定日から7日間が「待機期間」となります。

待機期間は、失業保険(基本手当)の支給を受けることはできません。

待機期間(7日間)の翌日から3ヶ月間は給付制限

「自己都合による退職」の場合、待機期間の翌日から3ヶ月間は給付制限となります。

給付制限期間は、待機期間同様、失業保険(基本手当)の支給を受けることはできません。

 

よって、失業保険の支給対象となるのは「受給資格決定日」から起算し、「7日間+3ヶ月」の翌日からとなります。

失業の認定は、4週間(28日)周期

失業保険は、4週間(28日)ごとに行われる「失業の認定」がされたあとに支給(振込み)されます。

ですので、失業保険は「28日間」ごとに振り込まれます。

失業保険が支給されるのは、引き続き「失業の状態にある」場合です。

 

ただ、初回の支給(振込み)については、待機期間7日間と給付制限期間(3ヶ月)の関係で、支給日数が「28日間」よりも少なくなります。

失業認定日から約1週間で入金(振込み)

失業認定がされると、約1週間で失業保険が振り込まれます。

 

ふー、やっと支給(振込み)されました~

結構、長い道のりでしたね・・・(笑)

 

結果、「自己都合による退職」の場合は、

  • 7日間(待機期間)
  • 3ヶ月(給付制限)
  • 28日から待機期間等を引いた日数(失業認定日の周期に左右されます)
  • 失業認定日から約1週間で入金

となり、約4ヶ月で振込ということになります。

 

なお、こんな流れです。

自己都合による退職の場合(失業保険の流れ)

出典:ハローワーク「雇用保険の失業等給付受給者のしおり」

「会社都合等による退職」における失業保険が支給されるまで

「会社都合等による退職」の場合、「自己都合による退職」と違うのは、3ヶ月の給付制限があるかないかです。

ですので、「会社都合等による退職」の場合は、

  • 7日間(待機期間)
  • 28日から待機期間等を引いた日数(失業認定日の周期に左右されます)
  • 失業認定日から約1週間で入金

となり、約1ヶ月半で振込されます。

 

なお、こんな流れです。

会社都合等による退職の場合(失業保険の流れ)

出典:ハローワーク「雇用保険の失業等給付受給者のしおり」

受給資格決定日・待機期間・給付制限とは

補足的な意味も含め説明しておきます。

受給資格決定日

雇用保険(失業保険)の手続きは、ハローワークへ離職票を提出し、あわせて仕事探しの申し込み(求職申込書を提出)したときからスタートとなります。

この手続き開始の日を、「受給資格決定日」といいます。

待機期間

待機期間とは、「受給資格決定日」から7日間のことで、退職の理由に関係なく、すべての人に適用されます。

給付制限

「自己都合による退職」の場合、待機期間(7日間)の翌日から3ヶ月間が給付制限となり、失業保険は支給されません。

 

例えば、9/1にハローワークに手続きに行った場合、

  • 待機期間 9/1~9/7
  • 給付制限 9/8~12/7
  • 失業保険の受給期間 12/8~

となります。

なお、「会社都合等による退職」の場合は、給付制限(3ヶ月)はありませんので、

  • 機期間 9/1~9/7
  • 失業保険の受給期間 9/8~

となります。

まとめ

ここで、「失業保険がいつからもらえるか?」についてまとめておきます。

自己都合の場合

  • 受給資格決定日から約4ヶ月
  • 退職日から約4ヶ月半

会社都合の場合

  • 受給資格決定日から約1ヶ月
  • 退職日から約1ヶ月半

 

見てのとおり、失業保険(基本手当)をもらうのって、結構時間がかかりますよね~

「自己都合による退職」の人が多いでしょうし・・・

 

なお、こんなに時間をかけるぐらいなら、早めに就職をして「再就職手当」をもらった方がお得だと、僕は思います。

以前に比べ、給付率が、すっごく上がりましたので。

 

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

失業等給付の「再就職手当」とは?【支給要件・支給金額・申請手続きの説明】
この記事では、雇用保険(失業等給付)の「再就職手当」における、 制度 支給金額 支給要件 申請手続き について紹介しています。 なお、次のような方に読んでいただきたいです。 退職(転職)を考え...
再就職手当(失業給付)支給額早見表で、受給額をサクッと確認しよう
今回は、以前の記事「失業保険(基本手当)支給額早見表」の流れで、「再就職手当(失業給付)支給額早見表」を作ってみましたので載せておきます。 「再就職手当」は、失業保険(基本手当)をもらう気のない人でも、ハローワークで手続きをしてお...
貰い忘れてない?看護師、薬剤師の転職こそ「再就職手当」をもらおう!
いきなりですが、医療業界で働く有資格者のあなたに質問です。 「転職するとき、ハローワークを利用していますか?」 もし、答えが「いいえ、使ってません」なら、雇用保険から貰えていたはずの給付金(再就職手当)を受け取っていないかも...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
人財
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました