産休・育休中にもらえるお金をまとめておくよ【支給額早見表と申請方法】

スポンサーリンク

妊娠した女性、夫婦で手を繋ぐ、子どもの靴

この記事では、産前産後休業・育児休業期間中に給付される

  • 出産育児一時金
  • 出産手当金
  • 育児休業給付金

の支給額と申請手続きについて紹介しています。

 

「出産を予定している」もしくは、「子どもが欲しいな~」と考えている人は、ぜひ、読んでみてください。

産休・育休中にもらえるお金は、最大で「約620万円」

「出産・育児に係る給付金」の支給額は、

  • 出産育児一時金:42万円
  • 出産手当金:給料の3分の2程度
  • 育児休業給付金:給料の67%もしくは50%

と、非常に手厚くなっています。

 

ちなみに、出産・育児に係る給付金の最大額は、

  • 出産育児一時金:420,000円
  • 出産手当金:3,026,926円
  • 育児休業給付金:2,729,625円

となります。

産前産後休業「98日間」、育児休業「303日間」で試算しています。

 

それでは、1つずつ説明していきます。

出産育児一時金は、一律で「42万円」が支給される

出産育児一時金は、子どもが生まれたときに、健康保険から支給される給付金です。

金額は、子ども1人につき、一律で42万円となっています。

 

なお、社会保険未加入者(国民健康保険加入者)も支給を受けられます。

産科医療補償制度に加入されていない医療機関等で出産された場合は、40.4万円となります。

出産手当金は、「給料の3分の2程度」が支給される

出産手当金は、産前産後休業期間(産前42日間・産後56日間)に対し、社会保険(健康保険)から支給される給付金です。

支給額は、

「1日あたりの支給額 × 産前産後休業日数」

で計算します。

 

なお、「1日あたりの支給額」は、

支給開始前(12ヶ月)の平均標準報酬月額 ÷ 30日 × 2/3

で算出されます。

出産手当金は、社会保険加入者のみ支給を受けることができます。

 

【関連記事】

出産手当金とは【支給条件、支給額早見表、支給期間、申請方法を紹介】
この記事では、出産手当金の 支給条件 支給額(早見表) 支給期間 申請手続き について紹介しています。 会社員などの社会保険(健康保険)に加入してる人は、出産のため仕事を休んだとき、健康保険から「出産手当...

育児休業給付金は、「給料の67%(50%)」が支給される

育児休業給付金とは、育児休業期間に対し、社会保険(雇用保険)から支給される給付金です。

 

支給額は、

「休業開始時賃金日額 × 支給日数 × 支給率(67% or 50%)」

で計算します。

 

なお、「休業開始時賃金日額」は、育児休業開始前6ヶ月間の賃金合計額を180で割って算出します。

こんな感じに。

【月額給与25万円の人の場合】

  • 25万円 × 6ヵ月 ÷ 180 = 8,333円(小数点以下切り捨て)
  • 休業開始時賃金日額「8,333円」

 

また、「支給率」は、育児休業を取得した日数で分けられており、

  • 育児休業開始日から180日までは、67%
  • 181日から職場復帰前日までが、50%

となります。

育児休業給付金は、社会保険(雇用保険)加入者のみ支給を受けることができます。

 

【関連記事】

育児休業給付金とは【支給条件、支給額早見表、支給内容、申請方法】
この記事では、育児休業期間中に支給される「育児休業給付金」の 支給条件 支給額(早見表) 支給内容 申請手続き について紹介しています。 会社員などの社会保険(雇用保険)に加入してる人は、子育てのため仕事...

出産育児一時金・出産手当金・育児休業給付金 支給額早見表【概算】

支給額の計算が、結構面倒なんで「早見表」にしておきます。

こんな条件で作成しています。

  • 産科医療補償制度に加入している医療機関での出産
  • 子供が1歳の時点で職場復帰
  • 「出産予定日 = 実出産日」として試算
  • 2018年8月1日現在の制度を適用
月額給与とは、交通費を含んだ総支給額のことです。

月額給与「10万円~55万円」

出産育児一時金・出産手当金・育児休業給付金 支給額早見表

月額給与「60万円以上」

出産育児一時金・出産手当金・育児休業給付金 支給額早見表2

 

出産予定日より出産が遅れた場合は、出産手当金の支給日数が増えます。

つまり、出産予定日から2日遅れて出産した場合は、

「出産手当金の支給日数は100日になる」

ってことです。

逆に、出産が早まった場合は、出産予定日を起算日とした産前期間の勤務状況により、支給日数が減る場合があります。

 

【関連記事】

産休・育休期間と出産手当金・育児休業給付金を自動計算【エクセル】
この記事では、出産・育児における 産前・産後休業期間 育児休業期間 出産育児一時金 出産手当金 育児休業給付金 を自動計算する「エクセルファイル(無料)」を紹介しています。 次のような人に使っていただ...

出産育児一時金・出産手当金・育児休業給付金は、非課税のためメリットがすごい!!

収入(給料など)には、一般的に税金がかかりますが、

  • 出産育児一時金
  • 出産手当金
  • 育児休業給付金

は、すべて非課税となるため、税金がかかりません。

 

また、さらなる優遇として、

  • 産休・育休期間中は、社会保険料が免除される
  • 配偶者控除・配偶者特別控除の対象になる(一定の条件があります)

があるんです!!

ほんと、「いたれりつくせり」の制度で、メリットしかないですね・・・

 

【関連記事】

産休・育休中の社会保険料と税金(所得税・住民税)の取扱いをまとめておくよ
この記事では、産前産後休業および育児休業中の 健康保険料、厚生年金保険料 雇用保険料 所得税 住民税 の取扱いについて紹介しています。 「出産を予定している」もしくは、「子どもが欲しいな~」と考えている人...
産休・育休中は扶養に入れる!?配偶者(特別)控除で最大38万円の所得控除を!
この記事では、 共働き夫婦が「産前産後休暇・育児休業」を取得した場合の「配偶者控除等(いわゆる税金の扶養に入る)の取扱い」 について紹介しています。 2018年(平成30年)分の年末調整から「配偶者控除・配偶者特別控除」の取扱...

申請手続き「出産育児一時金・出産手当金・育児休業給付金」

  • 出産育児一時金
    ⇒出産する病院などで手続きします。
  • 出産手当金
    ⇒職場を通じて手続きします。
  • 育児休業給付金
    ⇒職場を通じて手続きします。

 

「出産育児一時金」は、出産される病院などの窓口へ、「出産手当金」と「育児休業給付金」は、職場の社会保険担当者に相談してください。

申請手続き(書類など)について、案内してくれるはずです。

まとめ

現在の「出産・育児に係る制度(給付金を含む)」は、非常に手厚くなっています。

ほんと、利用しないのはもったいないです。

 

「出産を予定している」もしくは、「子どもが欲しいな~」と考えているなら、各種給付金(受給条件を含め)について、調べておくことをオススメします。

 

「育児休業したのに、育児休業給付金が支給されないですけど~」ってことにならないように。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
社会保険
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました