訪問看護・訪問リハビリ事業所の増加数がスゴイ!【年間推移、経営主体、新規・倒産数】

スポンサーリンク

経営分析、グラフ、経営改善

この記事では、

  • 訪問看護ステーション
  • 訪問リハビリテーション事業所

の事業所数の推移(増加状況など)について紹介しています。

 

こんな人に読んでいただけると嬉しいです。

  • 訪問看護ステーションや訪問リハビリテーションで、働こうと思っている
  • 訪問看護ステーションの新規開設を考えている
  • なんとなく、気になる

 

なお、この記事で紹介している各種データ(グラフ)は、厚生労働省「介護サービス施設・事業所調査」「介護給付費等実態調査」の結果をもとに、僕が作成したものです。

また、引用させていただきました表などについては、記事の中で明記しています。

訪問看護・訪問リハビリ事業所は、増え続けている

まず、結論です。

  • 訪問看護ステーションは、2017年10月時点で「10,305」事業所
  • 訪問看護ステーションの経営主体は、半分が株式会社等の営利法人
  • 医療法人による訪問看護ステーションは、減っているわけではない
  • 訪問看護ステーションは、廃止・休止数(倒産など)が多い
  • 訪問リハビリテーションは、2019年4月時点で「4,614」事業所

 

それでは、1つずつ説明していきます。

訪問看護ステーションは、2017年10月時点で「10,305」事業所

訪問看護ステーション(以下、訪問看護)は、2011年からの6年間で急激に増加しており、2017年には、2011年の約2倍となる「10,305」事業所となっています。

こんな感じです。

訪問看護ステーション数の年間推移(2007~2017年)

 

訪問看護が増えている、主な理由としては、

  • 新規開設のハードル低さ(法人格があれば開設可能)
  • サービス付き高齢者向け住宅の急増
  • 在宅サービスの需要が増えている

だと思います。

サービス付き高齢者向け住宅を開設した事業者が、訪問看護ステーションを併設するケースが多いですからね。

 

【サービス付き高齢者向け住宅の年間推移】

サービス付き高齢者向け住宅の登録状況(2019.10月)

出典:サービス付き高齢者向け住宅登録情報提供システム

訪問看護ステーションの経営主体は、半分が株式会社等の営利法人

訪問看護の「10,305」事業所を、経営主体(運営主体)別に分類してみると、次のような割合となります。

訪問看護ステーション数の経営主体割合(2017年)

 

結構、驚くことに、ほぼ半分は、株式会社等(営利法人)による運営となっています。

僕は、医療法人による運営が多いと思っていたんですが・・・

 

ちなみに、2007年の経営主体割合は、次のとおりでしたので、ここ数年で訪問看護ステーションの勢力図が激変したことになります。

訪問看護ステーション数の経営主体割合(2007年)

 

元々は、医療法人による訪問看護の割合が高かったんですよね。

医療法人による訪問看護ステーションは、減っているわけではない

訪問看護ステーションの勢力図は激変しましたが、医療法人が運営する訪問看護が減っているわけではありません。

株式会社等(営利法人)による、訪問看護が激増したんです。

このとおり。

訪問看護ステーション数の年間推移(医療法人・株式会社等)

 

医療法人による訪問看護も、2011年から800件増えており、2017年10月時点で、2,813事業所となっています。

それにしても、株式会社等(営利法人)による訪問看護の増加数は、スゴイですね・・・

訪問看護ステーションは、廃止・休止数(倒産など)が多い

「訪問看護が増え続けているってことは、訪問看護市場は、経営状態が安定しているんだね~」

と思いがちですが、実はそうではありません。

 

というのも、全国訪問看護事業協会さんの「訪問看護ステーション数調査」によると、2017年度の訪問看護の

  • 廃止数 534件
  • 休止数 259件

となっているからです。

さらに言うと、2017年中に新規開設した事業所が、廃止した件数は、34件にも上ります。

 

つまり、ガツガツ開設して、ガツガツ潰れているってことですね・・・

実際は、かなり厳しい状況のようです。

人材確保の問題もあるでしょうし。

 

そういう意味では、母体がしっかりしている医療法人による訪問看護の方が、そのリスクは低いように思います。

まぁ、一概には言えませんが・・・

 

ちなみに、訪問看護の廃止・休止数も、増え続けています。

訪問看護ステーションの廃止・休止数の推移

出典:全国訪問看護事業協会「訪問看護ステーション数調査」

訪問リハビリテーションは、2019年4月時点で「4,614」事業所

訪問リハビリテーション(以下、訪問リハ)は、2009年からの10年間で、1,626件増加しており、2019年4月時点で「4,614」事業所となっています。

こんな感じです。

訪問リハビリ事業所の年間推移(2009~2019)

 

こちらも、訪問看護ほどではありませんが、かなりの増加数です。

 

訪問リハは、病院、診療所、介護老人保健施設、介護医療院でなければ、開設できないため、比較的、開設のハードルが高いです。

それでも、これだけ増加し続けているってことは、在宅でのリハビリテーションの需要が増えているってことなんだと思います。

医療機関などが、必要に応じて、サービス提供を始めているってことでしょうから。

まとめ

在宅サービスは、社会保障費の問題(財政状況の悪化など)もあり、国が強烈に推進しています。

 

そういった背景からしても、

  • 訪問看護ステーション
  • 訪問リハビリテーション

の需要は増え続け、また、その需要に応じるように、事業所数も増え続けていくと思われます。

 

もし、訪問看護、訪問リハに興味があるなら、ぜひ、チャレンジしてみてください。

事業所数の激増により、現在は、強烈な売り手市場になっていますので。

 

【訪問看護・訪問リハを探す(無料)】

看護師なら、看護のお仕事

 

セラピストなら、マイナビコメディカル

 

【関連記事】

訪問看護ステーションの労働環境とは?【求人倍率、給与、希望条件、求職者の年齢層】
訪問看護ステーションの人材不足は、深刻です。 それは、ただでさえ、人手が足りないと言われている看護師市場(勤務先)の中でも、ダントツです。 ただ、人手不足というと、 「その仕事に人気がないから・・・」 と思いがちですが、訪問...
訪問看護のオンコール体制の実態【待機回数、緊急訪問回数、手当額】
訪問看護というと、 土日、祝日休み 夜勤がない 比較的、残業が少ない(1日の訪問件数や訪問時間があらかじめ決まっているため) から、働きやすくていいんだけど、「オンコール体制(24時間対応体制)」があるのが、ネック...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
人財
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました