転職・就職でハローワークからお祝金をもらおう【民間の人材紹介サービスを利用して】

スポンサーリンク

就職、転職、履歴書、面接

転職・就職の際に、雇用保険から支給される「再就職手当(いわゆる、就職お祝金)」ですが、

  • そもそも、再就職手当を知らない人
  • 再就職手当を知っていても、ハローワークの紹介で転職(就職)しないと、支給されないと思っている人

は、すっごく多いです。

 

というのも、僕は、仕事柄、職員さんの社会保険手続き(退職手続きなど)を行うため、色々な相談を受けるのですが、ほとんどの人が知らないからです。

 

再就職手当のことを知らないと、

  • ハローワークで仕事を探すつもりがない
  • 失業手当をもらうつもりはない

という理由から、ハローワークの手続きをせず、本来、「再就職手当」を受け取ることができたにも関わらず、受け取れなくなってしまいます。(そういう人が、実際、多いと思います)

 

そこで、この記事では、再就職手当における、

  • 制度の目的
  • 支給要件
  • 支給金額
  • 手続きのしかた
  • 注意するところ

について、ポイントを絞って紹介します。

 

「再就職手当について、わかりやすく、ざっくり知りたい」

という人に読んでいただけると嬉しいです。

この記事は、医療・介護施設で、社会保険手続きを10年以上担当してきた経験をもとに書いています。

再就職手当は、民間の人材紹介サービス(エージェントサービス)の利用でも支給される

まず、結論です。

  • 再就職手当は、「8つの要件」を満たしたときに支給される
  • 支給金額は、自己都合退職で、最大「約65万円」
  • 手続きは、まず、ハローワークに離職票等を持っていき、求職申込みを行うこと
  • 再就職手当は、ハローワークの紹介じゃなくていい(人材紹介会社の利用でOK)
  • 受給資格決定(ハローワークへ求職申し込み)前に、就職の内定をもらわないこと

 

それでは、1つずつ説明していきます。

再就職手当は、「8つの要件」を満たしたときに支給される

再就職手当とは、退職した人がハローワークで雇用保険(失業保険)の手続きを行い、基本手当(失業保険)の所定給付日数の3分の1以上の支給日数を残して再就職した場合に受け取ることのできる手当です。

 

つまり、

「失業保険がもらえるから、早く就職しちゃうと損しちゃうよね」

をなくそうという国の施策です。(早く就職してねってことです)

 

ただ、早く就職すれば、なんでもかんでも、再就職手当を支給できるわけではありません。

 

再就職手当の支給を受けるには、次の8つの要件を、すべて満たす必要があります。

  1. ハローワークで手続きを行い、待機期間(7日間)後の就職であること
  2. 失業保険の支給残日数が、所定給付日数の3分の1以上であること
  3. 離職前の事業所(会社等)に再び就職したものでないこと
  4. 給付制限(2ヶ月・3ヶ月)がある場合、待期期間(7日間)後の最初の1か月間については、ハローワークまたは職業紹介事業者等の紹介で就職したものであること
  5. 1年を超えて勤務することが確実であると認められること
  6. 雇用保険の被保険者要件を満たす条件での雇用であること
  7. 過去3年以内の就職について、再就職手当又は常用就職支度手当の支給を受けていないこと
  8. 受給資格決定(求職申し込み)前から採用が内定していた事業主に雇用されたものでないこと

 

見ていただいたとおり、「こんなの満たせるわけないよ~」というような、ハードルの高い要件はありません。

雇用保険の被保険者であれば、結構な確率で支給が受けられると思います。

 

【詳細記事】

再就職手当の「8つの支給要件」については、こちらの記事で詳しく説明しています。

失業等給付の「再就職手当」とは?【支給要件・支給金額・申請手続きの説明】
この記事では、雇用保険(失業等給付)の「再就職手当」における、 制度 支給金額 支給要件 申請手続き について紹介しています。 次のような人に読んでいただけると嬉しいです。 退職(転職)を考え...

支給金額は、自己都合退職で、最大「約65万円」

再就職手当の支給額は、次の計算にて決定されます。

 

再就職手当の支給額 =

基本手当日額 × 所定給付日数の支給残日数 × 支給率(60% or 70%)

 

基本手当日額の計算方法

再就職手当が受給できる1日あたりの金額のことを「基本手当日額」といいます。

基本手当日額は、「賃金日額」の45~80%の範囲で設定されます。

賃金日額とは、離職前6ヶ月間の給与合計額を180で割った金額です。
「離職前6ヶ月間の給与合計額」に賞与は含みません。(年3回以下の支給の場合)

 

こんな感じです。

基本手当日額の計算方法20210801

出典:厚生労働省「雇用保険の基本手当日額が変更になります」

 

たとえば、

  • 離職時の年齢 30~34歳
  • 賃金日額 10,000円

という条件で、基本手当日額を算出してみると、

 

0.8×10,000-0.3((10,000-4,970円)÷7,270)×10,000=5,924円

 

となり、基本手当日額は、5,924円となります。

 

また、再就職手当における「基本手当日額」には上限があり、次のようになっています。

【令和3年8月1日現在の上限額】

  • 離職時の年齢が60歳未満の場合 6,120円
  • 離職時の年齢が60歳以上65歳未満の場合 4,950円

所定給付日数の支給残日数の算出方法

所定給付日数とは、基本手当(失業保険)をもらえる最大日数のことです。

所定給付日数は、

  • 離職時の年齢
  • 雇用保険加入期間(被保険者期間)
  • 退職理由

の3つの条件により決定されます。

 

一覧表にすると、こんな感じです。

【自己都合による退職(一身上の都合など)】

 雇用保険の被保険者であった期間
1年未満1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
全年齢90日90日120日150日

 

【会社都合等による退職(倒産、解雇等など)】

 雇用保険の被保険者であった期間
1年未満1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
29歳以下90日90日120日180日
30~34歳120日180日210日240日
35~44歳150日240日270日
45~59歳180日240日270日330日
60~64歳150日180日210日240日

 

再就職手当を計算するときの「所定給付日数の支給残日数」とは、所定給付日数のうち、基本手当(失業保険)をもらっていない日数のことです。

なので、所定給付日数「90日」の人が「30日間」の基本手当(失業保険)をもらっている場合は、残りの「60日」が「所定給付日数の支給残日数」ということになります。

支給率(60% or 70%)

支給率は、早く再就職したほうが給付率が高く、

  • 所定給付日数の3分の1以上を残して就職した場合は、支給残日数の60%
  • 所定給付日数の3分の2以上を残して就職した場合は、支給残日数の70%

となります。

 

わかりやすく一覧にすると、こんな感じです。

(ハローワーク「雇用保険の失業等給付受給資格者のしおり」からの引用です)

再就職手当の支給残日数等一覧

再就職手当の試算

次の条件で、「再就職手当」がどのくらいになるか計算してみます。

【試算の条件】

  • 離職時の年齢:30~34歳
  • 離職前6ヶ月間の月額平均給与:300,000円
  • 雇用保険加入期間:5年以上10年未満
  • 退職理由:自己都合退職
  • 支給残日数:90日(給付制限中に就職)

 

【試算結果】

  • 基本手当日額:5,924円
  • 所定給付日数の支給残日数:90日
  • 支給率:70%
  • 再就職手当の支給額:373,212円

 

この条件の場合、再就職したときに、373,212円が給付されます。

再就職手当(失業給付)支給額早見表

再就職手当の計算は面倒なので、支給額がパッとわかるように「再就職手当(失業給付)支給額早見表」を載せておきます。

ぜひ、概算額をチェックしてみてください。

自己都合退職による支給額です。

離職時の年齢「60歳未満」

(60歳未満)再就職手当支給額早見表20210801

離職時の年齢「60~64歳」

(60~64歳)再就職手当支給額早見表20210801

 

ちなみに、「会社都合退職の場合は、どうなるの?」とか「所定給付日数は、どうやって決まるの?」という人は、こちらの記事をご覧ください。

再就職手当(失業給付)支給額早見表で、受給額をサクッと確認しよう
この記事では、 再就職手当(失業給付)支給額早見表 再就職手当を満額もらうための注意点 について、紹介しています。 「再就職手当」は、失業保険(基本手当)をもらう気のない人でも、ハローワークで手続きをしておくこと...

手続きは、まず、ハローワークに離職票等を持っていき、求職申込みを行うこと

再就職手当の支給(受給)手続きについては、

「離職前の事業所(会社等)からもらった離職票などを持って、ハローワークに行く」

ってことさえ、やっておけばOKです。

あとは、色々と、ハローワークで案内してくれます。

 

なので、まずは、ハローワークに行って、求職の申込みを行いましょう。

 

【詳細記事】

詳しい手続きの流れや申請書などについては、こちらの記事で紹介しています。

失業等給付の「再就職手当」とは?【支給要件・支給金額・申請手続きの説明】
この記事では、雇用保険(失業等給付)の「再就職手当」における、 制度 支給金額 支給要件 申請手続き について紹介しています。 次のような人に読んでいただけると嬉しいです。 退職(転職)を考え...

再就職手当は、ハローワークの紹介じゃなくていい(人材紹介会社の利用でOK)

「再就職手当って、ハローワークからの紹介じゃないと支給されないんでしょ?」

と聞かれることがあるんですが、ぜんぜん、そんなことありません。

 

なので、無料で利用できる民間の人材紹介サービスリクルートエージェントdodaエージェントなど)で転職した場合でも受給できます。

 

根拠としては、再就職手当の8つの要件の1つ、

「給付制限がある場合、待期期間(7日間)後の最初の1か月間については、ハローワークまたは職業紹介事業者等の紹介で就職したものであること」

のとおりです。

はっきりと、「ハローワークまたは、職業紹介事業者等の紹介で就職」と書いてありますよね。

「ハローワークまたは、職業紹介事業者等の紹介」に限定されるのは、給付制限(自己都合退職)がある場合のみです。

 

そういう意味では、「ハローワークの紹介っていい求人ないんだよね~」という人でも、もらわないのはもったいないと思います。

 

ちなみに、「再就職手当」が支給される人材紹介サービス会社は、いくつかの基準がありますので、利用される際は事前確認を徹底してください。

「リクルートエージェント」「dodaエージェント」の利用については、ハローワークの担当者に、「再就職手当」が支給されることを確認しています。

 

【公式サイト(無料登録)】※こちらをクリック

リクルートエージェント

dodaエージェント

受給資格決定(ハローワークへ求職申し込み)前に、就職の内定をもらわないこと

最後は、再就職手当をもらうために、特に、注意してほしいところです。

 

それは、再就職手当の8つの要件の1つである、

「ハローワークへ求職申込みする前に、採用内定をもらわないこと」

です。

 

僕らのあたりまえの心理として、

「次の職場を決めてから退職する」

というのがありますが、ハローワークへ求職申込みする前に内定をもらってしまうと、再就職手当の受給ができなくなってしまいます。

 

ただ、転職活動として、

  • 人材紹介サービスへの登録、利用
  • 事業所(次の職場)の情報収集
  • 事業所(次の職場)の見学、面接

は、まったく問題ありませんので、安心してください。(内定さえもらわなければOK)

ハローワークの給付担当者に確認しています。

まとめ

ここで、再就職手当の概要について、おさらいです。

  • 再就職手当の要件は、そんなに厳しくない
  • 支給金額は、自己都合退職で、最大「約65万円」と強烈な金額に
  • ハローワークへの「求職申込み」を、必ず行うこと
  • 民間の人材紹介サービス(リクルートエージェントdodaエージェントなど)の利用でOK
  • ハローワークへ求職申込みする前に、採用内定をもらわないこと
  • 内定さえもらわなければ、転職活動は自由に行える

 

再就職手当は、ここの数年間で、支給率が大幅に上がっています。(支給率30% ⇒ 最大70%へ)

 

なので、雇用保険料を払っているなら、利用しないのはもったいないです。

雇用保険は、利用しないと、保険料を払い続けるだけなので。

 

ぜひ、転職の際は、「就職お祝金」として再就職手当をもらってください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
ひとりごと
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました