転職で「人材紹介会社」を使ってほしい?使わないでほしい?【人事担当者の本音】

スポンサーリンク

病院、医師、看護師、薬剤師

現在の労働市場は、

「転職といえば、人材紹介サービス(エージェントサービス)」

と言っても過言ではないぐらい、人材紹介サービスを使っての転職が多いです。

 

特に、僕が仕事をしている「医療・介護業界」の「4大採用困難職種(勝手に命名)」である

  • 医師
  • 看護師
  • 薬剤師
  • 介護職員

については、90%以上が人材紹介サービスによる採用です。

 

人材紹介サービスは、仕事を探す人(求職者)からすれば、デメリットの全くないサービスで、

  • あなたの希望条件に合わせた職場探し
  • 給与等の条件交渉
  • 面接日程の調整

など、すべてを代行してくれます。

 

そして、「もちろん、費用は1円もいただきません!!」というこの上ない条件で。

なので、利用者が増えていくのも頷けます。

 

でも、人材を採用する側(求人者)にとっては、「人材紹介サービス」の利用を手放しで喜べる状況ではありません。

理由としては、「紹介料が高額になることが多い」からです。

 

よって、「本当は採用したいんだけど、紹介料がかかるから不採用だな~」ってことがあたりまえに起こります。

求職者からの直接応募であれば、1円もかからないため採用しやすいのです。

 

そこで今回、組織の人事(採用)担当者という立場から、転職するときには「人材紹介サービス(エージェントサービス)」を

  • 使ってほしいのか?
  • それとも、使わないでほしいのか?

について本音をぶちまけておきます。

 

わかりやすく言うと、「人材紹介サービスを使うと、転職(就職)に不利なのか?」ってことです。

 

転職を考えている人の参考になれば嬉しく思います。

 

なお、普通に考えれば、「人材紹介サービスは、使って欲しくない」となりそうですが、それがそうでもないんですよね~

転職するなら「人材紹介サービス(エージェントサービス)」を使おう

いきなりですが、結論からいっちゃいます。

「組織の人事担当者の立場からみても、人材紹介サービスを積極的に使ってほしい!」

 

採用時の紹介料が高額になることをふまえても、求職者さんには、人材紹介サービスを利用してほしいと僕は考えています。

これは、僕の個人的な意見です。すべての企業(組織)の人事担当者が同じ意見とは限りません。

 

それでは、理由について紹介していきます。

人事担当者からみる「人材紹介サービス」の3つのメリット

採用が決まるまで1円もかからない

人材紹介サービスは、人材を採用する側(求人者)にとっても、すっごく便利なサービスです。

理由としては、

  • 求人依頼だけすれば、どんどん求職者を紹介してくれる
  • 採用が決まるまでは1円もかからない
  • うちの希望に合わせて、人材(求職者)をマッチングしてくれる

って感じです。

 

「新聞の折込広告」や「一般的な求人サイト」では、求人広告を掲載するだけで「30~40万円」かかるうえ、求人掲載期間に制限があります。

なので、1年中、求人活動を行う「超人手不足の業界」にはかなり不向きです。

 

でも、人材紹介サービスであれば、採用するまで1円もかからないので、1年を通して、ずーーーと求人活動を行えます。

そして、希望の条件にあった求職者だけを採用すればいいんです。

 

つまり、「人材紹介サービス」って、人手不足の業界にとって、すっごく優しいサービスなんです。

病院や施設を知ってもらうチャンス

求職者に、人材紹介サービスを使ってもらうことで、うちの病院(施設)を知ってもらう機会が増えます。

なぜなら、うちの病院のことをぜんぜん知らなかったとしても、希望条件がマッチングすれば、人材紹介会社さんが、うちを「オススメ」してくれるからです。

 

また、見学や面接の希望をもらえれば、うちの病院(施設)のことを詳しく紹介することもできます。

 

なので、たとえ今回、縁がなかったとしても、うちの病院を知ってもらえただけで意味があるんです。

もしかすると、数年後にうちの病院を思い出してもらえるかもしれませんし。

 

結果、

「人材紹介サービスを使っていなければ、うちの病院や施設を知ってもらうことすらなかった」

と思うと、積極的に利用してほしいな~って思います。

働きやすさ(職場環境)を向上させることで紹介数が増える

人材紹介会社さんには、求人者と求職者をマッチングする関係上、「紹介責任」が伴います。

 

つまり、どういうことかと言うと、

  • 求職者に、できるだけ「いい病院」を紹介したい
  • 求人者に、できるだけ「いい人材」を紹介したい

という「気持ち」と「責任」があるってことです。

 

逆に言えば、「いい病院」や「いい人材」が紹介できなければ、その人材紹介サービスは利用されなくなります。

なので、人材紹介会社さんからすれば、できるだけ求職者さんの希望条件にあった「働きやすい病院」を紹介したいはずなんです。

 

だとすれば、「人材紹介会社さんが紹介したいと思う病院(職場)」をつくれば、どんどん求職者に紹介してもらえるってことになります。

 

結果、

  • 「働きやすさ(職場環境)」を向上させていく求人者(採用側)
  • 「働きやすい職場」であることを発信してくれる人材紹介会社

は、人的課題を解消するためのパートナーなんです。

 

当然、求人者からすれば、パートナー(人材紹介会社)のサービスを使ってほしいと思うのが普通ですよね。

人材紹介サービス(エージェントサービス)を利用してないでほしい人

唯一、次の人だけは「人材紹介サービス」を利用しないでほしいです。

 

「働きたい職場(病院や施設など)」が決まっている人

 

こういう人は、わざわざ人材紹介サービスを利用すると、電話対応や面談などですっごく時間が取られます。

 

「ここの病院に応募したい」という明確な意思があるなら、直接、その病院へ電話しちゃったほうが早いです。

紹介料もかからないので、採用ハードルも下がりますし。

人材紹介サービスの紹介料は「年収の20~30%」

人材紹介サービスの紹介料は、

  • 職種
  • 役職
  • 勤務形態(常勤・非常勤)

などで変わりますが、一般的に「年収の20~30%」のところが多いです。

 

なので、採用選考は超慎重です。

強烈な紹介料を払ってるのに、入職して数ヶ月で辞められちゃっても困るんで・・・

早期退職については「返金規定」がありますが、全額返金されることはほぼありません。
 

ちなみに、ざっくりですが、常勤1人の採用につき、

  • 医師 300~500万円
  • 看護師 70~100万円
  • 薬剤師 100~130万円
  • 介護職員 70~90万円

ぐらいの紹介料がかかります。

オススメの人材紹介サービス(人材紹介会社)

うちの病院(施設)で、利用させていただいている人材紹介サービスを紹介します。

気になるところがあれば、公式サイトをチェックしてみてください。

医師

 

【関連記事】

医師の宿直アルバイトは「慢性期(療養)病院」の1択でしょ!?という話
この記事では、 入院患者の急変や救急の外来がほぼない 仮眠がしっかり取れる 待遇がいい(1回4~5万円以上) という、好条件の「医師宿直のアルバイト」の探し方について紹介しています。 「週1回ぐらい、宿直のバ...

看護師

 

【関連記事】

看護師の病院探しは、人材紹介サービスの複数利用を!【失敗しない転職】
「なかなか、希望どおりの病院に出会えない」 「入職前に聞いてた勤務条件と違う」 「転職したいんだけど、転職活動がそもそも面倒・・・」 って思ったことはありませんか? 看護職員(看護師・准看護師)さんって、比較的、転職回数...
看護師は人生で3回働き方を変える!?【看護師に転職が多い理由】
看護師さんは、一般的に転職経験が豊富(転職が多い)です。 これは、長年、看護師さんの採用を担当してきた経験からも実感してます。(4~5回の転職はあたりまえ) 逆に、転職経験なし(初めての転職)という、看護師さんにはほぼ会った...

薬剤師

 

【関連記事】

【薬剤師の転職】人材紹介(エージェント)サービスの複数利用をオススメする理由
この記事では、薬剤師さんの転職は、 なぜ、人材紹介(エージェント)サービスの複数利用が基本なのか? なぜ、求人サイトへの登録は不要なのか? なぜ、薬剤師の求人・転職なら「ファルマスタッフ」 「薬キャリ 」「マイナビ薬剤師...
薬剤師ママの「子育て・仕事」の両立は、慢性期(療養)病院がオススメ
「突発的な休みが取れる職場がいい」 「保育室が完備されている職場がいい」 「勤務日数や勤務時間を、希望にあわせて調整できる職場がいい」 子育て中は、こんな風に思っている人が多いです。 ただ、なかなか「子育てを最優先してく...

介護職員

 

【関連記事】

働きやすい病院(施設)を見分ける5つのポイント【看護・介護職の転職】
この記事では、看護・介護職の方が仕事を探すときに、必ずチェック(確認)してほしい 出戻り職員数 有給休暇消化率 休み希望を、何日聞いてくれるのか? 残業があるのか、ないのか? 職員の勤続年数 の5つについて...
【介護職の転職】転職活動の面倒を解消する、オススメ無料サービス
この記事では、 「仕事を辞めたい・・・でも、転職活動がめんどくさい」 という介護職員さんに、オススメの転職サービスを紹介しています。 こんな人に読んでいただけると嬉しいです。 客観的な市場価値を知りたい(自分の経験...

まとめ

ここで、転職するときに「人材紹介サービス(エージェントサービス)」を

  • 使ったほうがいい人
  • 使わないほうがいい人

についておさらいしておきます。

 

「働きたい病院(施設))」が決まっている人以外は、全員、人材紹介サービスを使おう!!

 

 

ぜひ、人材紹介サービスを利用し、色々な病院(施設)を知ってください。

そして、見学(面接)に足を運んでみてください。

 

組織の人事(採用)担当者からすれば、それだけで嬉しいものですので。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
ひとりごと
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました