有効求人倍率とは?【転職のしやすさと人手不足の職種を知ろう】

スポンサーリンク

職業紹介事業者、キャリアシート

この記事では、

  • 有効求人倍率の意味と見方
  • 有効求人倍率からみる「転職のしやすさ」と「人手不足の職種」

について紹介しています。

 

有効求人倍率は、厚生労働省が毎月発表している「雇用状況を表す1つの指標」で、労働市場の傾向(人手不足や仕事不足)を把握するのに非常に役立ちます。

 

転職を考えているなら、ぜひ、チェックしてみてください。

有効求人倍率とは、労働市場の「需給バランス」を表している

有効求人倍率とは、次の計算で算出されます。

有効求人数 ÷ 有効求職者数 = 有効求人倍率

 

【用語説明】

  • 有効求人数:ハローワークにおける求人数(仕事の数)
  • 有効求職者数:ハローワークにおける求職者数(仕事を探す人の数)

 

つまり、有効求人倍率とは、ハローワーク(公共職業安定所)で仕事を探す人1人に対し、何人分の求人(仕事)があるかを表している指標です。

現在は、ハローワークに求人を出さない企業やハローワークで仕事を探さない人も多いため、あくまで労働市場の動向を見るための指標(参考値)となります。

有効求人倍率の具体的な見方

わかやすく一覧表にしておきます。

有効求人倍率有効求人数
(何人分の仕事)
有効求職者数
(仕事を探す人数)
労働市場の動向
1.0100人分100人ちょうどいい
1.5150人分100人人手不足
0.550人分100人仕事不足

 

つまり、有効求人倍率が、

  • 1.0を超えると、人手不足(労働者が足りない状態)
  • 1.0を下回ると、仕事不足(失業者が増えていく状態)

となります。

2019年4月の有効求人倍率は「1.63」

2019年5月31日に厚生労働省が発表した有効求人倍率は「1.63」となっており、かなり高い数値となっています。

厚生労働省「一般職業紹介状況(平成31年4月分)について」

 

「1.63倍」ということは、100人の求職者に対し、163人分の仕事がある状態です。

すっごい人手不足ですね・・・

 

ちなみに、有効求人倍率は、景気などの影響を受けるため、

  • バブルと言われた1973年は「1.76倍」
  • リーマンショックがあった2009年は「0.47倍」

となっており、次のように大きく変動します。

有効求人倍率の推移(1963~2018)表示あり

職業別の有効求人倍率から「転職のしやすさ」と「人手不足の職種」がわかる

厚生労働省は、職業別の有効求人倍率も発表しています。

「2019年4月」は、こんな感じです。

職   種有効求人倍率
(パートを含む)
管理的業務1.47
専門的・技術的職業1.99
事務的職業0.48
販売の職業2.22
サービスの職業3.38
保安の職業7.02
農林漁業の職業1.50
生産工程の職業1.74
転送・機械運転の職業2.49
建設・採掘の職業4.84
運搬・清掃等の職業2.30
「運搬・清掃等の職業」については、「その他の運搬等の職業」を除いて算出しています。

 

「事務的職業」以外は、すべて1.0を超えています。

つまり、「事務的職業」以外は、人手不足ってことになります。

 

逆にいえば、「事務的職業」は、超人気の職業と言えます。

だって、ほぼすべての職種で労働者が足りないのに、事務職だけは労働者(希望者)が溢れてるんですから。

 

なお、グラフにすると職種による違いが、もっとはっきりします。

職種別有効求人倍率(2019年4月)

職種の内訳(詳細)については、こちらで確認してください。
ハローワークインターネットサービス「厚生労働省編職業分類(平成23年改定)」

人手不足が深刻な医療・介護業界の「有効求人倍率」

次に、僕が仕事をしている「医療・介護業界の有効求人倍率」を見てみます。

【2019年4月分】

職     種有効求人倍率
(パートを含む)
医師、歯科医師、獣医師、薬剤師3.77
保健師、助産師、看護師、准看護師2.07
医療技術者(理学療法士・作業療法士など)2.95
介護サービスの職業(施設介護員・訪問介護員)3.94

 

どの職種も、凄まじい人手不足です・・・

 

ちなみに、割合ではなく実数で見てみると。

職     種有効求人数有効求職者数
医師、歯科医師、獣医師、薬剤師15,8384,197
保健師、助産師、看護師、准看護師100,37748,441
医療技術者(理学療法士・作業療法士など)40,02713,590
介護サービスの職業(施設介護員・訪問介護員)223,07556,663

 

実数で見ると「介護サービスの職業」の人手不足が際立ちますね・・・

 

介護職の場合、有効求人倍率「3.94」ですので、100人の介護職員に対し、394人分の仕事があるってことになります。

 

もうちょっと、わかりやすく言うと、

「1人の介護職員を、4つの事業所で取り合っている」

って感じです。

 

前向きに考えれば、「超人気の転職し放題の職種」となりますが、その反面、超激務になってしまう可能性を秘めています。

介護職員さんの場合、事業所(就職先)選びは、慎重に行ったほうが良さそうですね・・・

まとめ

ここで、「有効求人倍率」と「現在(2019年)の労働市場」についてまとめておきます。

  • 有効求人倍率とは、仕事を探す人1人に対し、何人分の求人(仕事)があるかを表している指標
  • 有効求人倍率が、1.0を超えると人手不足となり、1.0を下回ると仕事不足となる
  • 現在の有効求人倍率は「1.63」であり、強烈な人手不足となっている
  • 「事務的職業」は超人気の職業
  • 医療・介護業界は、ほぼすべての職種で強烈な人手不足となっている

 

結果、「事務的職業」以外の職種は、転職しやすい状況だと言えます。

 

もし、現在の職場に不満を感じているなら「転職もその不満を解消する有効な手段の1つ」になりますね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
人財
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました