転職するなら40歳までに!?理学療法士の転職市場は看護師と全然違う

スポンサーリンク

理学療法、スポーツ、トレーニング、リハビリ

この記事では、

  • 理学療法士、作業療法士の最適な転職時期
  • 理学療法士、作業療法士と看護師の転職市場との違い

について紹介しています。

 

理学療法士、作業療法士の転職は、看護師と違い「年齢による制限」が結構はっきりしています。

なので、あまり年齢を重ねてからの転職はオススメできません。

もちろん、暗黙の年齢制限です。

 

もし、あなたが

  • 転職のタイミング
  • 今後のキャリア形成

について悩んでるなら、ぜひ読んでみてください。

 

「現役の理学療法士、作業療法士」と「セラピストの人材紹介会社さん(担当者)」の意見をまとめていますので。

理学療法士、作業療法士は、40歳までに理想の職場を見つけよう

理学療法士、作業療法士で転職する人の約85%は、20~30代です。

しかも、そのうち20代が「55%」を超えています。

 

これは、

  • 理学療法士、作業療法士が、比較的若い国家資格であること
  • 採用側(病院など)の意図

が影響しています。

 

なので、40歳以降の転職は、20~30代までに比べ、かなり厳しくなります。

40歳以降は、採用してくれるところが一気に減る

人材紹介サービスを行っている「マイナビコメディカル (担当者)」さんの話しによると、理学療法士・作業療法士さんの場合、年齢が上がるほど就職(採用)先が減るそうです。

 

特に、50代ともなると、転職はかなり厳しくなるとのこと。

 

理由としては、リハビリテーション科の責任者は、比較的若い人が多いということもあり、

「自分より年上(経験年数が多い人)を、あまり採用したくない」

と考えているからだそうです。

 

また、40歳を超えた理学療法士・作業療法士さんの場合、

「他の病院で役職を持っているケースが多いため、採用するときにそのポジションがない」

ということもあります。

これらの理由がすべてではありませんが、こういった心理が働くことは事実です。

 

ちなみに、うちで働いている理学療法士・作業療法士さん(すべて30代)4名に話を聞きましたが、

  • 40歳を過ぎるとセラピストの転職は、かなり厳しくなる
  • 転職するなら、20~30代のうちにしないと・・・

という意見でした。

看護師の転職者(求職者)は、40歳以上が「62.6%」

「理学療法士、作業療法士」と「看護師」の転職市場を比較してみると、あまりの違いにびっくりします。

 

まず、看護師の転職者(年代別)ですが、次のようになっています。

 

【求職者(看護職員)の年齢構成】

看護師 年齢別求職者数

出典:日本看護協会「平成28年度ナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人に関する分析報告書

 

年代別にまとめると、こんな感じになります。

年代求職者の割合
20代11.7%
30代25.7%
40代33.4%
50代20.1%
60代9.1%

 

看護師の転職者(求職者)は、40代がもっとも多く「33.4%」となっています。

なお、40歳以上の転職者は「62.6%」であることから、看護師の転職に「年齢制限」は、ほぼないと言えます。

 

次に、理学療法士、作業療法士の場合です。

年代求職者の割合
20代55.1%
30代29.9%
40代13.6%
50~60代  1.4%
「マイナビコメディカル」さんの資料をもとに作成しています。

 

理学療法士、作業療法士の転職者(求職者)は、20代がもっとも多く「55.1%」となっています。

なお、40歳以上の転職者は「15.0%」で、50歳以上については、1.4%です。

 

同じ医療資格(国家資格)でも、転職動向(意向)はこんなにも違うんですね~

理学療法士の経験年数と役職の関係

病院によって様々だと思いますが、うちの理学療法士、作業療法士は、次のように考えている人が多かったです。

 

【セラピストの経験年数と役職】

経験年数役職等
3年まで新人層
4~5年チームリーダー
6~8年主任レベル
9年以上係長や科長など
リハビリ科の責任者を含む、全年代のセラピストから話を聞いた結果です。

 

もちろん、目指す方向性によっても変わってきます。

たとえば、

  • プレイヤーとして、リハビリ技術の向上を目指すのか?
  • マネージャーとして、人材育成や組織管理を学ぶのか?

って感じで。

 

ただ、採用する側(病院や施設など)からすれば、その人の経験年数に応じて、それだけの期待をするってことなんですよね。

 

なので、

「自分は、経験年数が○○年だから、これぐらいの仕事を期待されるんだろうな~」

と、相手の期待値を考慮したうえで、転職を考えることが大切になります。

理学療法士・作業療法士の給与の目安

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」から、理学療法士・作業療法士さんの平均給与を載せておきます。

転職するときの目安にしてみてください。

  • 理学療法士・作業療法士(33歳)の平均給与は「月額29万円・年間賞与66万円」
  • 月の平均残業時間は「5~6時間」
  • 事業所の規模は小さい方が年収は高いが、年齢層が高いうえ、労働時間が長い
  • 経験年数1~4年の理学療法士・作業療法士の基本給(所定内賃金)は「24万~25万円」

 

「もっと詳しく知りたい~」という人は、こちらの記事を。

理学療法士・作業療法士の平均給与額(経験年数・事業規模別)【厚生労働省の調査から】
この記事では、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」結果をもとに、 理学療法士・作業療法士の平均給与(経験年数別、男女別、事業所の規模別) 理学療法士・作業療法士の平均的な働き方(勤続年数、労働時間、残業時間など) につ...

まとめ

ここで、理学療法士、作業療法士の転職市場(転職動向)についてまとめておきます。

  • 40歳以降の転職は、20~30代までに比べ、かなり厳しくなる
  • 40歳までに、色々な職場を経験し「スキルアップ」をしておこう
  • 40歳までに、理想の職場を見つけ、その後の転職は極力避けよう
  • 経験年数に応じた採用側の期待値を考慮し、転職を考えよう

 

「理学療法士、作業療法士」という資格は、比較的若い国家資格です。

ですので、今後の年齢構成の変化によって、転職市場も大きく変わってくるかもしれません。

 

ただ、

  • 現在の職場に不満がある(給与、待遇、労働時間、休暇など)
  • スキルアップを考えてる

というなら、早めに決断したほうがいいです。

変わるかどうかわからない「転職市場」を待っていても意味がないですし。

 

とは言っても、「よし、すぐ転職しよう!」というのは、止めてください。

 

理学療法士さんの場合、転職に「6ヶ月以上」かける人が多いです。

なので、しっかりと情報収集をして、自分の希望にあった職場を探してください。

 

そのほうが、あなたにとっても、就職先の病院(施設)にとっても、お互いに失敗が少なくメリットが大きいですから。

 

なお、情報収集の際は、人材紹介サービス(マイナビコメディカル PTOT人材バンク など)の利用をオススメします。

完全無料で利用でき、情報量が豊富です。

人材紹介(エージェント)サービスは、複数利用(併用)が基本です。理由としては、紹介会社によって強みに違いがあるのと、担当者に当たり外れがあるからです。

 

また、あなたの経験やスキルから、客観的に市場価値を評価してくれますので、自分では気づいていなかった強みに気づけたりします。

ぜひ、チェックしてみてください。

 

【関連記事】

人材紹介サービスは、情報収集を目的に使おう【市場価値の把握と不安軽減】
この記事では、 「情報収集を目的に、人材紹介サービスを使う(利用する)メリット」 について紹介しています。 こんな人に読んでいただると嬉しいです。 初めての転職活動で不安 転職活動(情報収集)をする時間がなかな...
情報収集力がすごい!人材紹介会社「マイナビ・コメディカル」の取材を受けてみたよ
今まで、うちの病院や施設では、セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の採用というと新卒採用がメインでした。 なので、人材紹介会社を利用することって、ほぼなかったんです。 (年に1件、あるかないか・・・) でも今回、リ...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
人財
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました