理学療法士(新卒)の就職先の選びかた【新人セラピストに聞いた】

スポンサーリンク

回復期リハビリ病院、在宅復帰

この記事では、現役の理学療法士に聞いた、

「新卒時の就職活動は、どういう基準で就職先(病院など)を選んだのか?」

について紹介しています。

 

もし、就職先(進路等)について悩んでいるなら、ぜひ読んでみてください。

先輩理学療法士の経験が役に立つかもしれませんので。

 

なお、この記事で紹介している内容は、

  • 新卒で入職した理学療法士
  • 急性期から在宅までの経験を有する理学療法士

数名から聞いた話をまとめたものです。

理学療法士の就職先の選びかた

新卒時の就職先は、次のような順番で選んでいる人が多かったです。

  1. 「急性期系の病院」か「回復期から在宅系の病院」のどちらかを選択
  2. 「新人教育のしくみ」と「学ぶためのしくみ」が、しっかりしている病院を選ぶ
  3. 働きやすさ(給与、職場の雰囲気、ワークライフバランスなど)を確認

 

それでは、1つずつ説明していきます。

「急性期系の病院」か「回復期から在宅系の病院」のどちらかを選択

まず、新卒の理学療法士さんは、

  1. 急性期系の病院(大学病院などの救急病院)
  2. 回復期から在宅系の病院(回復期リハビリ、訪問リハビリなど)

の2つから就職先を絞っています。

 

理由としては、

「急性期系の病院」と「回復期から在宅系の病院」では、行われるリハビリテーションが全く違う

ってことみたいです。

 

ちなみに、新卒で「老健などの施設系」を希望する人は、少ないようです。

「まずは、病院で経験を積んでから・・・」と考える学生さんが多いんでしょうね。

急性期系の病院(大学病院などの救急病院)のリハビリテーション

「急性期系の病院」では、様々な病気の患者が集まることから、病気ついて幅広い知識を得ることができます。

ただ、「リハビリの技術」という意味では、領域が限定されます。

 

また、入院期間の制限などにより、患者さんの回転(入替)が速いため、

  • 慌ただしく
  • スピードが求められる

という特徴があります。

回復期から在宅系の病院(回復期リハビリ、訪問リハビリなど)のリハビリテーション

「回復期から在宅系の病院」では、病気の知識は限定的ですが「リハビリの技術」という意味では、かなり広い領域を学ぶことができます。

また、患者さんの入院期間も比較的長めなので、じっくりとその患者さんに関われるという特徴があります。

 

ちなみに、「訪問リハビリ」を行っている病院の場合、

  • 退院後のフォロー(リハビリ継続)ができる
  • ケアマネさんとともに、退院後の日常生活に関われる

ってこともあり、1人の患者さんとの関わりがすごく強くなります。

急性期系の病院と回復期から在宅系の病院のリハビリテーションの比較

ざっくりですが、「急性期系の病院」と「回復期から在宅系の病院」違いを一覧表にしておきます。

項  目

急性期系の病院
(一般病棟・回復期リハ)

回復期から在宅系の病院
(回復期リハ・療養・訪問リハ)

スピード(慌ただしさ)速いゆっくり
受け持ち患者数多い少ない
1人の患者と関わる時間少ないじっくり
病気の知識広く学べる限定的
リハビリ技術限定的広く学べる
退院後のフォロー少ない多い

 

ちなみに、「回復期から在宅系の病院」のスピードに慣れてしまうと「急性期系の病院」のスピード感で働くのが大変だそうです。

逆に、「急性期系の病院」のスピードに慣れている人は、「回復期から在宅系の病院」のスピード感に物足りなさを感じるみたいです。

スピード感が全く違うので、自分にあったスピード感で働ける病院を選ぶことが大切です。

「新人教育のしくみ」と「学ぶためのしくみ」が、しっかりしている所を選ぶ

「急性期系の病院」か「回復期から在宅系の病院」かを選択したら、

次は、

  • 新人教育のしくみ
  • 学ぶため(研修)のしくみ

がしっかりしているかを確認しましょう。

 

これは、

「この病院は、俺(私)を、一人前の理学療法士にしてくれるのか?」

という視点です。

 

ちょっと、他力本願に聞こえるかもしれませんが、そうではありません。

 

どんなに学びたいと思っていたとしても、学ぶための環境が整っていないと「成長のスピード」は鈍ってしまいます。

「ほったらかしで、何にも教えてもらえなかった・・・」って所、ほんとにありますから。

 

そもそも、国家資格って「その仕事をするためのスタート地点」なんですよね。

だから、色々と教えてもらいながら、1人前になるしかないです。

 

逆に言うと、「新人教育のしくみ」がしっかりしてないところだと、かなりの遠まわりになっちゃうってことです。

 

なので、必ず確認してください。

これ、すっごく大切な要素です。

 

次に、「学びのしくみ」についてです。

一般的には、次の3つに分かれます。

  1. 病院側が強制的に研修を受けさせるスタイル
  2. 学ぶための選択肢を用意してくれ、職員自らが選ぶスタイル
  3. 勝手に学べというスタイル

 

1は、「能動的に学べない人」にオススメです。

学ぶしかない環境に自分を置いちゃうってことですから。

 

2は、学ぶための環境整備はするが、学ぶかどうかは本人次第というしくみです。

つまり、「学びとは強制されるべきものではなく、自ら手を伸ばすべきもの」という考えです。

 

3は、論外ですね。

 

ちなみに、うちは2の「学ぶための選択肢を用意してくれ、職員自らが選ぶスタイル」をとっています。

たとえば、

  • 学会や研修への参加は、職員の希望制
  • 学会や研修の参加は、出勤扱い
  • 参加費、宿泊費、交通費は、病院(施設)負担

などです。

 

ただ、研修報告や伝達研修は、他の職員さんのためにも、しっかり行ってもらいますけどね・・・

働きやすさ(給与、職場の雰囲気、ワークライフバランスなど)を確認

「学ぶためのしくみ(新人教育を含む)」がしっかりしているところを選んだら、

 

最後に、

「働きやすい職場か?」

についてしっかり確認しましょう。

 

どんなに学べる環境でも、ブラックな環境では自分が壊れちゃいます。

結果、学びの効率も落ちますし・・・

 

なお、働きやすさを確認するときのポイントとしては、

  • 病院と部署の雰囲気(明るさや挨拶の有無)
  • リハビリ科職員の雰囲気(どんな職員がいるのか?)
  • 年間休日(110~120日ぐらい)
  • 有給休暇取得率(80~90%は欲しい)
  • 残業の有無(月何時間ぐらい?)
  • 院内保育室の有無(理学療法士は使えるか?)

って感じです。

このあたりは、見学や求人票等でもわかる部分が多いので、よくチェックしてください。

 

【関連記事】

「働きやすさを確認するときのポイント」については、こちらの記事もオススメです。

人材紹介サービスを行っている「マイナビコメディカル 」さんが、病院取材の際に確認するポイントをまとめています。

情報収集力がすごい!人材紹介会社「マイナビ・コメディカル」の取材を受けてみたよ
今まで、うちの病院や施設では、セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の採用というと新卒採用がメインでした。 なので、人材紹介会社を利用することって、ほぼなかったんです。 (年に1件、あるかないか・・・) でも今回、リ...

給与は、あんまり気にしなくていい

給与って就職先を選ぶときすっごく大事な要素ですが、理学療法士さんについては、あまり気にする人はいませんでした。

おそらくは、そもそもの初任給の相場が高いからかもしれません。

「月額24~26万円」を初任給としているところが多いので。

一般的な大卒の初任給と比べても、高額だと思います。

まとめ

ここで、「理学療法士(新卒)が、就職先を選ぶときのポイント」をまとめておきます

  • 何をやりたいのか?(急性期・回復期・慢性期・在宅)
  • どんな理学療法士になりたいのか?(経験と学びの環境)
  • どんな働き方をしたいのか?(ワークライフバランスなど)
  • 給与は、どのくらい欲しいのか?

 

最初の就職先って、これからの理学療法士としてのキャリア(生き方)を大きく左右するものです。

 

「実習でお世話になったしな~」とか、「名前の知れた有名な病院だから・・・」と、安易に決めてしまわず、色々な病院に足を運び「あなたのニーズ」をすべて満たせる就職先を探してみてください。

 

ちなみに、成長欲求が高いイメージのセラピストさんですが、

「できるだけ給料が高くて、残業のないところ~」

という人もいましたよ。

 

学生時代の僕とまったく一緒なんで、親近感がわきました~(笑)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
人財
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました