病院の「奨学金審査」を100%通す方法【学費無料で看護師になるには】

スポンサーリンク

看護師、ナース、聴診器

以前の記事(社会人経験のある看護師は全体の33%!「もう遅い?」のない看護師資格)で、「学費0円で看護師になるには、病院の奨学金制度を利用しよう」と紹介しましたが、すべての人が奨学金制度を利用し、無料で看護師になれるわけではありません。

 

そもそも、病院が独自で「奨学金制度」を設けているのは、看護師不足を少しでも解消するためです。

つまり、「その人がしっかり勉強し、看護師になってくれる」と病院側が判断しなければ、奨学金の承認はおりません。

言い換えるなら「どこの誰だかわからない人に、何百万円も出せません!」ってことです。

 

ですので、いきなり病院に電話して「奨学金をください!」と言っても貰えるわけがないのです。

だって、病院側は、その人のことを全く知らないため、判断のしようがないわけです。

途中で、学校に通わなくなっちゃうかもしれませんし、学校には通ったとしても、看護師試験に合格できないかもしれませんから。

 

そこで、今回は、「お金がないから、看護師は・・・」という理由で、看護師を諦めてしまわないための、「病院の奨学金審査を100%通す方法」を紹介します。

 

「お金がないから・・・」は、看護師を諦める理由になりません。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

病院側からすれば「看護師になりたいという人」は、大歓迎ですから。

病院の奨学金審査を100%通すために、まず、介護職で働こう!!

まず、結論からです。

  1. 看護師になるために、まず「介護職」として病院で働く
  2. 介護職として、働きながら勉強して、看護学校を受験する
  3. 看護学校に合格したら、奨学金の利用を病院側へ申請する
看護学校を受験するときは、事前に「看護師になりたい」「奨学金を利用したい」という気持ちを病院側に伝えておきましょう。

 

この流れでいけば、ほぼ奨学金は承認され、看護師になるための一歩を踏み出すことができます。

ぜひ、チャレンジしてみてください。

なぜ、介護職として働くと奨学金審査が通るのか?

ここでは「学費無料で看護師になるために、介護職として働く理由」について説明していきます。

あなたの「働きぶり」をアピールできる

最初に、「どこの誰だかわからない人に、何百万円も出せません」と紹介しましたが、職員としての働きぶりを見てもらうことで、

  • 「どこの誰だかわからない人」を払拭
  • 「ずっと、この病院にいて欲しい」という期待
  • 「この人なら、必ず、看護師になって活躍してくれる」という信頼

を得ることができます。

 

ただ、一生懸命働いておく必要がありますけどね。

いいかげんな仕事っぷりだと、逆効果かも・・・(笑)

看護師の仕事を間近で見れる

病院で介護職として働くことで、看護師の仕事を超間近で見ることができます。

それにより、「本当に、看護師になりたいのか?」という気持ちを明確にすることができます。

 

看護師の仕事って、テレビなどの影響もあり、良いイメージばかりが先行していますが、実際はぜんぜん違います。

はっきり言って、すっごく大変な仕事です。

 

そんな看護師の仕事の「良い所・悪い所」を間近で見ることができる機会って、なかなかないと思いますので、すっごくいい経験になります。

 

また、看護学校に入学後も、授業で学んだことが実践(臨床現場)で見れますから、さらに学習効率が上がります。

結構、いいことばかりかも。

その病院で働き続けられる

看護学校に入学するってことは、学校に通っている間、収入が激減します。

でも、介護職として働いておくと、看護学生として授業のない時間帯に、その病院で働き続けることができます。(学校が終わった後や、休みの日など)

 

この収入って、結構、バカになりません。

夏休みなんて、普通に稼げますし。

 

また、病院側も「学校の授業優先」で勤務を組んでくれますから、学びながら働くには最高の環境だと思います。

入職時に「いずれ看護師になりたい」と伝えておこう

病院の介護職として、入職する際「看護師を目指している」という想いを伝えておきましょう。

できれば、面接時に伝えておくと、病院側も、そのつもりで採用できるので有り難いです。

 

また、「看護師を目指している」という想いを病院側に伝えておくことで、気持ちよく「看護師学校」を受験できます。

奨学金制度のある病院は、人材紹介サービスと求人サイトを利用して探す

「でも、どうやって奨学金制度のある病院を探したらいいの?」

という人は、無料で利用できる「人材紹介サービス」や「求人サイト」を利用しましょう。

すっごく便利なんで。

人材紹介(転職支援)サービスを利用する

完全無料で「奨学金制度のある病院」を探しから、見学や面接の調整、給与などの勤務条件の交渉までしてくれます。

もちろん、「いずれ看護師になりたいと思っている」という意志も、事前に伝えてくれます。

ぜひ、ご利用ください。

 

ちなみに、「オススメ」は、

の2つです。

介護職としての資格や経験がなくても利用できますよ。

 

どちらのサービスも、紹介先(病院など)の情報収集を徹底して行っており、求職者と求人者のニーズを合わせる「マッチングの精度(マッチング力)」が高いです。

チェックしてみてください。

 

【関連記事】

「マイナビ介護職・きらケアについてもっと詳しく知りたい」という人は、こちらの記事を。

転職活動がめんどくさい!を解消する、オススメ無料サービス【介護職の転職】
この記事では、 「仕事を辞めたい・・・でも、転職活動がめんどくさい」 という介護職員さんに、オススメの転職サービスを紹介しています。 こんな人に読んでいただけると嬉しいです。 客観的な市場価値を知りたい(自分の経験...

介護業界NO.1の求人サイト「ジョブメドレー」を利用する

無料求人サイト「ジョブメドレー 」に登録し、あなたの希望にあった病院を探してみましょう。

人材紹介会社さんから紹介されるのを待つだけじゃなく、自分でも探してみたほうが、納得感が高いと思います。

 

「ジョブメドレー」さんの公式サイトはこちら。

ジョブメドレー

介護求人メドレー

こちらのサービスも、介護職としての資格や経験がなくても利用できますよ。

 

なお、「ジョブメドレー」さんに登録しておくことで、色々な事業者(病院など)から「スカウトメール」が届きます。

色々な職場(病院など)を知るきっかけになりますので、ぜひ、チェックしてみてください。

奨学金の返済は、免除してもらうことができる

「奨学金は利用できても、返済が大変でしょ?」

と心配される人も多いと思いますが、病院の奨学金制度には、ほとんどの場合「免除規定」があります。

つまり、「一定の条件を満たせば、奨学金の返済は必要ない」ってことです。

 

一定の条件については、病院によって多少の違いはありますが、「卒業後にその病院で数年(3年程度)勤務する」としているところが多いです。

 

学生側(看護師)からすれば、就職先を確保できるうえ、奨学金の返済はないのですから、願ったり叶ったりです。

安心して、病院の奨学金制度を利用してみてください。

奨学金を利用する際は、必ず「免除規定」の確認をしておいてください。

まとめ

ここで、病院の「奨学金審査」を通すための手順をまとめておきます。

  1. 「人材紹介サービス」と「求人サイト」に登録する
  2. 看護師資格取得のための「奨学金制度」のある病院を探す
  3. 入職時に「看護師になりたい!」という想いを伝える
  4. 介護職として勤務しながら、看護学校を受験する
  5. 合格後、「奨学金の利用」について承認を得る

 

これで、「学費0円」で看護師を目指せます!!

ぜひ、お試しください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
人財
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました