看護師の平均給与額(年齢・経験年数・事業規模・地域別)【厚労省の調査から】

スポンサーリンク

お金、コイン、時計

この記事では、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」結果をもとに、

  • 看護師の平均給与(年齢・経験年数・事業規模・男女・地域別)
  • 看護師の平均的な働き方(勤続年数・労働時間・残業時間など)
  • 他の医療・介護職種と比べ、看護師の給与は高いのか?低いのか?(他職種との給与比較)

についてまとめています。

 

こんな人に読んでいただけると嬉しいです。

  • 看護師の給与ってどのくらい?
  • 転職するときの給与の目安を知りたい
  • 現在、貰っている給与は、「高いのか?低いのか?」知りたい
この記事で紹介している一覧表は、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」をもとに作成したものです。

 

【関連記事】

准看護師の平均給与については、こちらの記事を。

准看護師の平均給与額(年齢・経験年数・事業規模・地域別)【厚労省の調査から】
この記事では、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」結果をもとに、 准看護師の平均給与(年齢・経験年数・事業規模・男女・地域別) 准看護師の平均的な働き方(勤続年数・労働時間・残業時間など) 他の医療・介護職種と比べ、准看...

看護師(39歳)の平均給与は「月額33万円・年間賞与82万円」

まずは、この記事の概要です。

  • 39.5歳、勤続8.2年の看護師の平均年収は「4,829,100円(残業手当含む)」
  • 看護師の平均給与(年収)は、男女間で「約15万円」の違いがある
  • 月の平均残業時間は「7時間」
  • 事業所の規模が大きいほど、看護師の給与は高くなる傾向がある
  • 看護師の平均年収は、1位「岐阜県」、最下位「宮崎県」
  • 経験年数1~4年の看護師の基本給(所定内賃金)は「27~28万円」
  • 看護師の給与のピークは「50~59歳」
  • 医療・介護系職種では、医師を除き、看護師の給与は「第2位」

 

それでは、「賃金構造基本統計調査」の結果について紹介していきます。

看護師の男女別平均給与【令和元年(2019年)】

看護師さんの場合、年齢や働き方はほぼ同じなのに、男女間で「約15万円」の違いがあります。

性別年齢平均勤続年数月の労働時間月の残業時間支給額年間賞与年収
39.47.716114426,600886,8006,006,000
39.58.015910379,900797,8005,356,600
合計39.47.916011398,600833,3005,616,500
年収は、夜勤手当や残業代等の各種手当を含めた金額となっています。
計算方法は、「支給額×12ヶ月+年間賞与」です。

 

薬剤師などの他の職種と比べると、年収差は少ない職種と言えます。(薬剤師は、約65万円の差があります)

看護師の平均給与の推移「2013~2019年」

看護師さんの年間給与(年収)は、直近6年間、ほぼ横ばいです。

年齢平均勤続年数月の労働時間月の残業時間支給額年間賞与年収
201338.07.41589328,400782,7004,723,500
201438.97.71577329,000781,8004,729,800
201538.27.81597329,200832,7004,783,100
201639.08.01597331,800826,9004,808,500
201739.37.91607331,900799,9004,782,700
201839.38.21587331,900816,5004,799,300
201939.58.21547334,400816,3004,829,100
年収は、夜勤手当や残業代等の各種手当を含めた金額となっております。
計算方法は、「支給額×12ヶ月+年間賞与」です。

 

グラフにするとこんな感じです。

看護師の平均年収の推移(2013~2019年)

 

直近の2019年では、平均年収が過去最高の「4,829,100円」となっていますので、ちょっとずつは上がっています。

ただ、上り幅としては、かなりゆっくりな印象です。

看護師の事業所規模別平均給与【令和元年(2019年)】

看護師さんの場合、勤務する事業所の規模(労働者数)で「労働時間、年齢層、給与」にかなりの違いがあります。

労働者数年齢平均勤続年数月の労働時間月の残業時間支給額年間賞与年収
10~99人47.38.91605311,200669,3004,403,700
100~999人41.38.01555327,700749,8004,682,200
1000人以上35.08.215110349,000935,5005,123,500

合計

39.58.21547334,400816,3004,829,100
年収は、夜勤手当や残業代等の各種手当を含めた金額となっています。
計算方法は、「支給額×12ヶ月+年間賞与」です。

 

まず、年収についてですが、

  • 労働者10~99人の事業所「4,403,700円」
  • 労働者100~999人の事業所「4,682,200円」
  • 労働者1,000人の事業所「5,123,500円」

となっており、労働者の多い事業所ほど、給与が高くなっています。

その差、約72万円です。(月6万円違うってことです)

 

これだけ見ると、

「大学病院や総合病院などの大病院で働こう!」

ってなっちゃいますが、年齢層や労働時間を見ると、印象がガラッと変わります。

 

年齢層は、

  • 労働者10~99人の事業所「47.3歳」
  • 労働者100~999人の事業所「41.3歳」
  • 労働者1,000人の事業所「35.0歳」

とかなりの違いがあります。

これは、大病院の忙しさ(夜勤体制などを含み)の影響がありそうですね。

 

月の労働時間は、

  • 労働者1,000人以上の事業所「151時間」
  • 10~99人の事業「160時間」

と9時間の違いがあります。(毎月1日以上多く働いてることになります)

ただし、労働者1,000人の事業所の残業時間は、ちょっと多めです。

 

勤続年数は、ほぼ違いはありません。

 

これらのことから、

  • 看護師さんは、新卒時に「大きめの病院」で経験を積む
  • 結婚や出産を期に、働き方を変える
  • 年齢を重ねると、比較的小さめの事業所(診療所など)で勤務する人が多い

と言えそうです。

看護師の都道府県(地域)別平均給与【令和元年(2019年)】

看護師さんの給与は、地域によって、バラツキがあります。

このとおり。

都道府県年齢平均年収
北海道39.54,991,800
青森46.54,184,700
岩手42.74,755,900
宮城41.24,419,700
秋田39.34,665,200
山形40.34,419,400
福島39.14,174,400
茨城42.25,088,900
栃木39.85,209,400
群馬40.34,663,500
埼玉38.74,902,500
千葉37.95,220,200
東京37.25,098,400
神奈川38.35,172,400
新潟40.54,734,200
富山43.14,637,800
石川41.84,681,200
福井39.84,963,600
山梨38.64,497,300
長野41.04,655,800
岐阜44.35,434,400
静岡43.05,193,200
愛知40.04,941,400
三重39.04,954,300
滋賀39.15,365,900
京都38.64,892,000
大阪36.84,895,900
兵庫37.74,948,500
奈良37.85,111,700
和歌山41.75,139,900
鳥取41.74,933,800
島根39.14,474,800
岡山39.34,625,300
広島38.34,562,500
山口41.64,425,900
徳島45.34,840,000
香川35.94,752,000
愛媛41.44,486,400
高知43.44,375,300
福岡38.54,607,700
佐賀45.64,733,000
長崎40.14,523,500
熊本42.14,303,600
大分42.24,166,900
宮崎40.73,915,300
鹿児島40.44,172,000
沖縄43.64,557,200
この表の平均年収は、夜勤手当や残業代等の各種手当を含めた金額となっています。

 

わかりやすくグラフにすると、こんな感じです。

看護師の都道府県別 平均年収 2019年

 

また、平均年収が多い順に並べると、こうなります。

看護師の都道府県別 平均年収 2019年(多い順)

 

1位の岐阜県「5,434,400円」と、最下位の宮崎県「3,915,300円」を比較すると、約150万円ほどの違いがあります。

 

主な要因としては、地域における需給バランスの違いによるものだと思います。

つまり、看護師さんが不足している地域では給与は高くなり、充足している地域では給与は少なくなる傾向があるということです。

もちろん、病院などの事情や採用のタイミングの影響もあると思いますけどね。

 

ちなみに、看護師さんの給与は、比較的、都市部の方が高くなると言われてます。

看護師の基本給(所定内賃金)と年間賞与【経験年数別・男女別】

転職するときの給与提示は、基本給でされることが多いでしょうから、こっちの金額の方が、働き方(長時間の残業や夜勤など)に左右されず、比較がしやすいと思います。

令和元年(2019年) 賃金構造基本統計調査

(単位:円)

経験年数
所定内賃金年間賞与年収
1~4年279,800752,2004,109,800
5~9年307,600861,6004,552,800
10~14年333,2001,065,3005,063,700
15年以上344,100993,2005,122,400
全体307,300836,4004,524,000

 

経験年数
所定内賃金年間賞与年収
1~4年276,300724,1004,039,700
5~9年295,900810,0004,360,800
10~14年304,300845,4004,497,000
15年以上323,200952,3004,830,700
全体301,800814,0004,435,600
所定内賃金には、残業手当、日直手当、夜勤手当などは含んでいません。
また、年収は「所定内賃金×12ヶ月+年間賞与」にて算出しています。

 

グラフにすると、こんな感じです。

看護師の経験年数別 平均年収 2019年

 

「さすが、看護師!」って感じです。

男女ともに経験年数が1~4年でも「年収400~410万円」となっています。

 

なお、参考までに、平成30年(2018年)の調査結果も載せておきます。

比較してみると、ほぼどの経験年数層においても所定内賃金が上がっていることがわかります。

平成30年(2018年) 賃金構造基本統計調査

(単位:円)

経験年数
所定内賃金年間賞与年収
1~4年274,400732,9004,025,700
5~9年300,000827,6004,427,600
10~14年317,900974,7004,789,500
15年以上334,4001,027,7005,040,500
全体301,900828,6004,451,400

 

経験年数
所定内賃金年間賞与年収
1~4年269,500721,5003,955,500
5~9年289,700802,9004,279,300
10~14年301,100877,1004,490,300
15年以上322,600959,0004,830,200
全体297,900815,1004,389,900
所定内賃金には、残業手当、日直手当、夜勤手当などは含んでいません。
また、年収は「所定内賃金×12ヶ月+年間賞与」にて算出しています。

看護師の給与(年収)のピーク年齢は「50~59歳」

令和元年(2019年)の看護師の年齢別平均年収は、次のようになっています。

【看護師 年齢別平均年収一覧表(2019年)】

年齢平均年収
男性女性
20~24歳3,604,7003,517,400
25~29歳4,208,5004,165,400
30~34歳4,551,2004,351,700
35~39歳4,796,6004,415,800
40~44歳4,777,7004,702,000
45~49歳5,251,0004,881,700
50~54歳5,371,3004,972,300
55~59歳5,242,8004,992,600
60~64歳4,105,2004,246,600
65~69歳2,638,3003,717,600
70歳~2,041,1003,820,600
この表の平均年収には、残業手当、日直手当、夜勤手当などは含んでいません。

 

わかりやすく、グラフにするとこんな感じです。

看護師の年齢別 平均年収 2019年

 

この表によると、看護師さんの給与のピークは、

  • 男性50~54歳「5,371,300円」
  • 女性55~59歳「4,972,300円」

ということになります。

 

給与のピーク年齢については、他の職種とほぼ変わりはないですが、70歳以上の女性看護師が「380万円」以上稼いでいるというのは、スゴイですね。

看護部長さんの年齢層の影響もあるのかもしれませんね・・・

医療・介護系職種の給与比較【令和元年(2019年)】

医療・介護系職種では、医師を除き、薬剤師の給与(年収)がダントツ1位です。

看護師は、薬剤師に次いで2位(男女計)となります。

こんな感じです。

医療・福祉系職種別 平均年収 2019年(医師なし)

 

ただ、医師(歯科医師)を入れると、こんな感じになります。

医療・福祉系職種別 平均年収 2019年(医師あり)

 

医師は別格ですからね・・・

 

なお、詳細な金額は次のとおりです。

【医療・介護系職種 平均年収一覧表(2019年)】

職種平均給与
男性女性
医師12,269,40010,163,500
歯科医師6,523,3004,729,200
薬剤師6,006,0005,356,600
看護師4,960,8004,813,600
准看護師4,249,1004,006,100
看護補助者3,281,3002,986,500
診療放射線技師5,204,3004,640,200
臨床検査技師5,012,5004,453,300
理学・作業療法士4,221,8003,942,700
歯科衛生士3,084,4003,707,400
栄養士3,693,4003,558,900
保育士3,891,6003,621,300
介護支援専門員4,240,5003,811,100
ホームヘルパー3,679,6003,166,000
福祉施設介護員3,715,5003,320,000
この表の平均年収は、夜勤手当や残業代などの各種手当を含めた金額となっています。

まとめ

今回紹介した「看護師の平均給与」は、あくまでも平均値です。

なので、場合によっては、提示された給与額が平均給与から大きく外れることも考えられます。

 

ただ、転職などをするときの「1つの目安」としては、かなり参考になる数値だと思います。

提示された給与が「高いのか?安いのか?」、また「どのくらいの給与額を希望していいのか?」がわかりますので。

 

ぜひ、あなたの経験が適性に評価されるよう「平均給与額」を目安に、給与などの条件交渉を行ってみてください。

 

なお、「条件交渉が苦手・・・」「情報収集ってどうやったら?」という人は、転職エージェント( 看護のお仕事 など)の利用がオススメです。

完全無料で、情報収集、条件交渉、面接などの日程調整をすべてやってくれますので。

詳しくは、こちらの記事を。

【看護職の転職】病院の採用担当者がオススメする職業紹介事業者(サービス)3社
僕は、15年以上の医療・介護業界の勤務経験の中で、5年以上、看護師採用を担当してきました。 そんな採用活動を通じて、 20社以上の職業紹介事業者(転職エージェント)を利用 採用させていただいた、看護師さんから利用した転...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
人財
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました