【40・50代の就職】介護職の7割は40歳以上!もう遅いのない介護業界

スポンサーリンク

介護職、車いす、高齢者

この記事では、介護職(介護労働者)における

  • 年齢構成(割合)
  • 介護職としての経験年数(何歳から介護職として、働いているのか?)
  • 資格を持っていない人の割合
  • 介護の仕事の探し方

について紹介しています。

 

こんな人に読んでいただけると嬉しいです。

  • 介護の仕事に興味がある
  • 介護の仕事って、どういう年代の人が働いているの?
  • この年じゃ、今さら、介護職なんて遅いよね?
  • 資格がないと、介護の仕事って、できないんでしょ?

 

なお、この記事で紹介している各種データ(グラフ)は、介護労働安定センター「平成30年度介護労働実態調査」の結果をもとに、僕が作成したものです。

また、引用させていただきました表などについては、記事の中で明記しています。

全介護労働者の約7割が、40歳以上!?年齢制限のない介護業界

まず、結論です。

 

なお、この記事では、「訪問介護員」と「介護職員」を次のように定義しています。

  • 訪問介護員とは、介護保険法の指定を受けた訪問介護事業所で働き、高齢者等の家庭を訪問して家事などの生活援助、入浴などの身体介護を行う者
  • 介護職員とは、訪問介護以外の介護保険の指定介護事業所で働き、直接介護を行う者
訪問介護員は、利用者のお宅で介護を行うのに対し、介護職員は、介護施設やデイサービスなどで介護を行うってことです。

 

それでは、1つずつ説明していきます。

訪問介護員の「82.7%」、介護職員の「61.7%」が、40歳以上!!

介護労働安定センターさんが行った、「平成30年度介護労働実態調査」によると、介護保険サービス事業所で働く介護労働者の年齢割合は、次のようになっています。

介護労働者の年齢割合

出典:介護労働安定センター「平成30年度介護労働実態調査」

 

見ていただいたとおり、

  • 40歳以上「68.9%」
  • 50歳以上「43.8%」
  • 60歳以上「21.6%」

と、かなり年齢層が高いことがわかります。

 

さらに言うと、60歳以上の介護労働者の割合は、年々増加しており、平成26年からの4年間で、4.2%も増加しています。

このとおり。

60歳以上の介護職の推移

出典:介護労働安定センター「平成30年度介護労働実態調査」

 

また、上記の介護労働者の中から、

  • 訪問介護員
  • 介護職員

に絞って、年齢割合を出してみると、次のようになります。

介護職の年齢構成(2018年度)

 

詳細な数字は、次のとおりです。

年齢訪問介護員介護職員
20歳未満0.2%0.7%
20~24歳1.5%5.7%
25~29歳2.5%8.0%
30~34歳3.9%10.6%
35~39歳5.6%11.5%
40~44歳8.5%12.5%
45~49歳10.7%11.8%
50~54歳12.3%10.4%
55~59歳12.0%9.7%
60~64歳14.0%8.0%
65歳以上25.2%9.3%

 

年齢層訪問介護員介護職員
40歳以上82.7%61.7%
50歳以上63.5%37.4%
60歳以上39.2%17.3%

 

介護職員の年齢層もかなり高いですが、訪問介護員はそれ以上です。

しかも圧倒的大差で・・・

 

まぁ、考え方にもよるんでしょうが、このデータを見る限り、

「介護職は、年齢を重ねても働ける仕事」

と言えそうです。(実際に働いて人が多いですし)

40歳以上の「46.6%」が、介護職の経験1年未満

一般的に、

「40歳を超えたら、転職(再就職)はかなり厳しくなる」

と言われますが、介護業界については、全く当てはまりません。

 

これは、介護労働実態調査の結果にも、はっきりと出ています。

このとおり。

経験年数1年未満の介護系職員

 

40歳以上の介護職のうち、46.6%の人が、経験年数1年未満となっています。

つまり、40歳以降で新たに介護の仕事にチャレンジし、介護職として働き始めた人が多いってことです。

「40歳以降で、全くの未経験者を雇ってくれる一般企業(会社)がほとんどない」ということを思うと、かなり特殊な業界と言えます。

 

これは、「介護業界における人手不足の深刻さ」が大きく影響しています。

厚生労働省は、2025年時点で、34万人の介護職員が不足すると試算していますし。

【関連記事】

介護職の人手不足の状況をまとめておくよ【有効求人倍率と厚労省の資料から】
この記事では、介護職における、 有効求人倍率からみる人手不足の状況 職員数の推移(2000年~2016年) 今後の需給見込み について紹介しています。 「介護職として働いている人」や「これから介護業界で働こう...

 

ただ、求職者(仕事を探している人)からすれば、超売り手市場になりますので、すっごいチャンスです。

これからも「需要の多い職種」ってことですので。

 

なので、

「もう、〇〇歳だから・・・」

という理由で、チャレンジを諦めてしまう必要は全くありません。

 

【関連記事】

介護職の労働環境(実態)とは【離職率、給与、職員数の推移と退職理由】
この記事では、「介護職は離職率が高い」というイメージを払拭するため、 離職率の推移(他の産業との比較) 給与額の推移 介護業界で働く、介護職員数の推移 主な退職理由 介護という仕事の満足度 なぜ、介護の仕事を...

約1割は、無資格者!介護職に資格は必須じゃない

「介護の仕事って、資格がないと働けないんでしょ?」

と思っている人が、ほとんどだと思いますが、ぜんぜんそんなことありません。

 

もちろん、資格が必要な職種もありますが、「無資格・未経験」でもぜんぜん働けます。

 

事実、次のような調査結果が出ていますし。

無資格で働いている介護系職員の割合

 

どの年代においても、約1割の人が無資格で働いていますので、「資格がないと働けない」という先入観は捨てた方がいいと思います。

施設系で働く介護職員さんにおいては、16.8%の人が無資格者というデータもあります。

 

ただ、介護職員さんを採用する側の心理としては、

「介護って、どんな仕事をするのかわからない」

という人より、

「介護職員初任者研修を修了していて、介護の基礎知識がある」

という人の方が、安心して採用することができます。

 

また、働く側の心理として、

「何にもわからない状態で働くより、ある程度の介護の知識がある方が働いやすい」

というのもあるでしょうから、あなたの考え方にあわせて、資格取得を考えてみてもいいと思います。

 

【カイゴジョブアカデミー】さんのように、

  • 0円で介護資格(介護職員初任者研修)の取得
  • 無料で就業支援

というところもありますので。

0円で介護資格を取得でき、就職支援もうけられる「特待生制度」には、一定の条件があります。

 

【近くのスクールを探す(無料で資料請求)】

医療・介護の資格資料請求なら全て無料「シカトル」

 

【関連記事】

介護資格の種類と取得方法【初任者研修・実務者研修・介護福祉士】
「介護職って、資格がないとできないんでしょ?」 「資格を持ってないと、採用してもらえないよね?」 って思っている人が結構いますが、介護の仕事をするのに資格は必要ありません。(職種によっては必要なものもあります) 事実、介護労働...

介護の仕事探しは、人材紹介サービス(マイナビ介護・きらケア)などを併用しよう

無資格・未経験でも、完全無料で利用できるオススメサービスを紹介します。

「介護の仕事に興味がある」というなら、ぜひ、チェックしてみてください。

ここで紹介するサービスは、うちの病院(介護施設)で、実際に利用しています。対応も丁寧で安心です。

マイナビ介護職

まずは、誰でも知っている超大手「マイナビ」さんが運営する、介護職に特化した人材紹介サービ
ス「マイナビ介護職 」です。

 

ここの特徴は、

  • 情報量の多さ
  • 求職者と求人者のニーズを合わせる「マッチングの精度(マッチング力)」
  • 求職者さんに直接会って「あなたのニーズ」をしっかりと聞く

という3つです。

 

マイナビ介護さんでは、「あなたのニーズ」をしっかりと聞いてくれるため、あなたの希望条件にあった事業所に出会える確率が高くなります。

ぜひ、利用してみてください。

 

無料登録はこちら。

介護職の方のための転職・就職支援【マイナビ介護職】

きらケア

2つ目は、医療・介護業界に特化した人材コンサルティングを行っている「レバレジーズメディカルケア株式会社」さんが運営する、介護職に特化した人材紹介サービス「転職活動を全面サポート!【きらケア】 」です。

 

ここの特徴は、

  • 情報の信頼度
  • 情報の豊富さ
  • 老人ホームなどの介護系施設に強い(グループ会社が、老人ホームなどの紹介サービスを行っているため)

という3つです。

 

「レバレジーズ」さんでは、紹介する事業所に直接足を運び、取材を行っています。

この取材により、求人票やインターネット上の情報だけではわかりづらい、

  • 職場の雰囲気
  • 事業所独自の魅力
  • 職場環境(働きやすさ)
  • 実際に働いている、職員の声
  • 福利厚生制度

などの内部情報を集めており、これにより、情報の信頼度を上げています。

すべての事業所に、取材を行っているわけではありません。(事業所側の希望もありますので)

 

就職・転職において、事業所の情報というのは、かなり重要になりますので、「情報収集」という意味でも、ぜひ、利用しておきたいサービスの1つです。

 

無料登録はこちら。

転職活動を全面サポート!【きらケア】

ジョブメドレー

最後は、医療・介護業界に特化した求人サイト「ジョブメドレー 」です。

 

ここの特徴は、

  • 無料登録しておくと、事業所から「スカウトメール」が届く
  • 求人掲載数が、業界トップクラス
  • 事業所の情報が常に最新

という3つです。

 

ジョブメドレーさんの場合、事業所の情報を常に最新に保つため、

「求人情報の作成や変更は、管理画面上で、求人者(事業所)が直接行う」

という仕組みになっています。

 

つまり、新規の求人や求人情報の変更があれば、求人者(事業所)がその都度、更新できるってことです。

「求人サイトは、情報の正確さと情報量がすべて」だと僕は思っていますので、そういう意味では、ジョブメドレーさんは最強のしくみです。

ぜひ、利用してみてください。

 

ジョブメドレーを使ってみる。

ジョブメドレー

 

ちなみに、「この3つのサービスについて、もっと知りたい」という人は、こちらの記事をご覧ください。

登録内容や実際に受けた取材の様子などを、詳しく紹介しています。

【介護職の転職】転職活動の面倒を解消する、オススメ無料サービス
この記事では、 「仕事を辞めたい・・・でも、転職活動がめんどくさい」 という介護職員さんに、オススメの転職サービスを紹介しています。 こんな人に読んでいただけると嬉しいです。 客観的な市場価値を知りたい(自分の経験...

 

また、人材紹介サービスの仕組みや使い方については、こちらの記事をご覧ください。

人材紹介(転職支援)サービスってなんで無料なの?【紹介会社のしくみ】
「人材紹介サービスって、なんで無料なんですか?」 こんな質問を、理学療法士の友人(女性)から受けました。 というのも、その友人は、現在転職を考えており「人材紹介(転職支援)サービス」を利用しようと思っているとのこと。 でも...
人材紹介サービスは、情報収集を目的に使おう【市場価値の把握と不安軽減】
この記事では、 「情報収集を目的に、人材紹介サービスを使う(利用する)メリット」 について紹介しています。 こんな人に読んでいただると嬉しいです。 初めての転職活動で不安 転職活動(情報収集)をする時間がなかな...

まとめ

繰り返しにはなりますが、一般的に「転職・再就職」というと、

  • 40歳超えたら、かなり難しくなる
  • 転職するなら、20~30代のうちに

なんて言われますが、介護職に関して言えば、全く当てはまりません。

介護職(介護労働者)の約7割は、40歳以上ですし、40歳以上の「46.6%」が、介護職の経験1年未満です。

 

また、人生100年時代と言われるなか、学びなおし(リカレント教育など)は、必須だと思います。

年齢、経験、資格を理由にチャレンジすること(学ぶこと)を諦めてしまわないようにしてください。

せっかくの興味が、もったいないので。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
人財
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました