介護職の平均給与額(経験年数別・男女別)【厚生労働省の調査から】

スポンサーリンク

お金、コインが積んである

この記事では、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」結果をもとに、介護職(看護補助者、ホームヘルパー、福祉施設介護員)における

  • 経験年数別、男女別の平均給与額
  • 平均的な働き方(勤続年数、労働時間、残業時間など)

についてまとめています。

 

こんな人に読んでいただけると嬉しいです。

  • 介護職の給与ってどのくらい?
  • 転職するときの給与の目安を知りたい(経験年数などに応じた)
  • 現在、貰っている給与は、「高いのか?低いのか?」知りたい
  • 事業所の種類によって、介護職の給与って変わるの?
この記事で紹介している一覧表は、すべて厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」をもとに作成したものです。

介護職(42~47歳)の平均給与は「月額21~24万円・年間賞与44~52万円」

まずは、この記事の概要です。

  • 看護補助者(46.8歳、勤続9.0年)の平均年収は「3,031,000円(各種手当含む)」
  • ホームヘルパー(46.8歳、勤続7.5年)の平均年収は「3,333,500円(各種手当含む)」
  • 福祉施設介護員(41.9歳、勤続7.0年)の平均年収は「3,396,300円(各種手当含む)」
  • 月の平均残業時間は「2~7時間」
  • 経験年数1~4年の介護職の基本給(所定内賃金)は「18~22万円」
看護補助者とは、一般的に「病院で働く介護職」のことです。

 

それでは、「賃金構造基本統計調査」の結果について紹介していきます。

介護職の男女別平均給与【平成30年】

まずは、各職種(事業所)における、平均給与と働き方の違いを見てみます。

看護補助者(病院で働く介護職)

性別年齢平均勤続年数月の労働時間月の残業時間支給額年間賞与年収
40.17.11592223,000457,7003,133,700
48.09.31572212,100465,4003,010,600
合計46.89.01582213,900464,2003,031,000
年収は、残業代等の各種手当を含めた金額となっています。
計算方法は、「支給額×12ヶ月+年間賞与」です。

ホームヘルパー(訪問介護)

性別年齢平均勤続年数月の労働時間月の残業時間支給額年間賞与年収
40.16.01668259,100416,7003,525,900
48.67.81646236,200446,8003,281,200
合計46.87.51657241,100440,3003,333,500
年収は、残業代等の各種手当を含めた金額となっています。
計算方法は、「支給額×12ヶ月+年間賞与」です。

福祉施設介護員(特別養護老人ホームなどの介護施設)

性別年齢平均勤続年数月の労働時間月の残業時間支給額年間賞与年収
39.06.81655254,700579,0003,635,400
43.57.21644231,400487,0003,263,800
合計41.97.01655239,700519,9003,396,300
年収は、残業代等の各種手当を含めた金額となっています。
計算方法は、「支給額×12ヶ月+年間賞与」です。

 

3つの職種(事業所)を比べてみると、労働時間、残業時間は、看護補助者が一番少なくなっており、他の職種と比べ、勤務日数が「月1~2日」少ないことになります。

 

「看護補助者の労働時間は、なぜ少ないのか?」について、明確な理由はわかりませんが、人材不足等の影響による「有給休暇の取りやすさ」に違いがあるのかもしれません。

訪問介護事業所や老人ホームなどの介護施設の人材不足は、かなり深刻だと聞きますし・・・

【関連記事】

介護職の人手不足の状況をまとめておくよ【有効求人倍率と厚労省の資料から】
この記事では、介護職における、 有効求人倍率からみる人手不足の状況 職員数の推移(2000年~2016年) 今後の需給見込み について紹介しています。 「介護職として働いている人」や「これから介護業界で働こう...

 

ただし、看護補助者の給与は、一番低くなっていますね。(年収で30万円ほど低い)

介護職の平均給与の推移「2013~2018年」

次に、各職種(事業所)における、平均給与の年間推移を見てみます。

看護補助者(病院で働く介護職)

年齢平均勤続年数月の労働時間月の残業時間支給額年間賞与年収
201343.97.21583198,900432,6002,819,400
201443.87.11593205,400438,4002,903,200
201544.07.51593206,800431,9002,913,500
201644.47.71592208,100451,8002,949,000
201745.17.81602206,000451,9002,923,900
201846.89.01582213,900464,2003,031,000
年収は、残業代等の各種手当を含めた金額となっております。
計算方法は、「支給額×12ヶ月+年間賞与」です。

ホームヘルパー(訪問介護)

年齢平均勤続年数月の労働時間月の残業時間支給額年間賞与年収
201344.75.61647218,200272,3002,890,700
201444.75.61667220,700285,9002,934,300
201545.36.61657225,100341,9003,043,100
201646.66.31678228,500306,6003,048,600
201746.96.61678236,500297,6003,135,600
201846.87.51657241,100440,3003,333,500
年収は、残業代等の各種手当を含めた金額となっております。
計算方法は、「支給額×12ヶ月+年間賞与」です。

福祉施設介護員(特別養護老人ホームなどの介護施設)

年齢平均勤続年数月の労働時間月の残業時間支給額年間賞与年収
201338.75.51644218,900444,8003,071,600
201439.55.71653219,700456,7003,093,100
201539.76.01654223,500479,0003,161,000
201640.56.31664228,300485,3003,224,900
201740.86.41655233,600493,3003,296,500
201841.97.01655239,700519,9003,396,300
年収は、残業代等の各種手当を含めた金額となっております。
計算方法は、「支給額×12ヶ月+年間賞与」です。

 

わかりやすく、3職種(看護補助者、ホームヘルパー、福祉施設介護員)をグラフで比較してみます。

【介護職の平均年収比較】

介護職の年収推移(2013~2018年)

 

どの職種も、徐々に給与は上がっています。

これは、「介護職員処遇改善加算」による効果かもしれませんね。

 

ただ、年齢や勤続年数も上がっているのが気になりますが・・・

 

【関連記事】

介護職員処遇改善加算の取得要件と賃金改善額(給与アップ)のまとめ
この記事では、 介護職員さんの給料アップのための施策「介護職員処遇改善加算」 について、紹介しています。 「介護職員処遇改善加算」は、介護職員さんの賃金改善を目的として創設された制度であり、この加算を「取得している事業所」と「...

介護職の基本給(所定内賃金)と年間賞与【平成30年】

続いて、各職種(事業所)における、経験年数別の基本給の金額です。

転職するときの給与提示は、基本給でされることが多いでしょうから、こっちの金額の方が、働き方(夜勤回数や残業時間など)に左右されず、比較がしやすいと思います。

看護補助者(病院で働く介護職)

(単位:円)

経験年数
所定内賃金年間賞与年収所定内賃金年間賞与年収
1~4年182,400350,9002,539,700186,000374,3002,606,300
5~9年208,800472,5002,978,100194,700467,8002,804,200
10~14年225,300586,7003,290,300204,600558,9003,014,100
15年以上219,200599,4003,229,800210,500521,6003,047,600
全体205,600457,7002,924,900199,500465,4002,859,400
所定内賃金には、残業手当、日直手当、夜勤手当は含んでいません。
また、年収は「所定内賃金×12ヶ月+年間賞与」にて算出しています。

ホームヘルパー(訪問介護)

(単位:円)

経験年数
所定内賃金年間賞与年収所定内賃金年間賞与年収
1~4年218,400311,8002,932,600215,100396,0002,977,200
5~9年244,000406,6003,334,600217,000393,0002,997,000
10~14年265,400625,5003,810,300227,200431,0003,157,400
15年以上259,600572,5003,687,700231,900611,3003,394,100
全体239,800416,7003,294,300222,400446,8003,115,600
所定内賃金には、残業手当、日直手当、夜勤手当は含んでいません。
また、年収は「所定内賃金×12ヶ月+年間賞与」にて算出しています。

福祉施設介護員(特別養護老人ホームなどの介護施設)

(単位:円)

経験年数
所定内賃金年間賞与年収所定内賃金年間賞与年収
1~4年214,900448,1003,026,900204,900397,7002,856,500
5~9年236,800588,1003,429,700215,900479,1003,069,900
10~14年257,400697,9003,786,700225,600557,6003,264,800
15年以上283,200860,0004,258,400242,500655,5003,565,500
全体239,100579,0003,448,200219,200487,0003,117,400
所定内賃金には、残業手当、日直手当、夜勤手当は含んでいません。
また、年収は「所定内賃金×12ヶ月+年間賞与」にて算出しています。

 

給与額を見る限りでは、福祉施設介護員がダントツですね。

経験年数を重ねるごとに、他の職種(事業所)との給与差も大きくなっていますし。

まとめ

今回紹介した「介護職の平均給与」は、あくまでも平均値です。

なので、場合によっては、提示された給与額が平均給与から大きく外れることも考えられます。

 

ただ、転職をするときや、キャリアアップを考えるときの「1つの目安」としては、かなり参考になる数値だと思います。

 

ぜひ、あなたの経験が適性に評価されるよう「平均給与額」をベースに、給与などの条件交渉を含め、色々と検討してみてください。

2019年10月からの「介護職員等特定処遇改善加算」の導入により、これからますます、給与額に違いが出ると思いますので。

【関連記事】

特定処遇改善加算で変わる、介護職の事業所(職場)の選び方【転職で確認する3つのこと】
2019年10月の消費増税にあわせて、「介護職員等特定処遇改善加算」が導入されます。 これは、強烈な介護人材不足への対応策として、主に「経験・技能のある介護職員」さんに対し、さらなる処遇改善を行うものです。 ただ、この加算、処遇...

 

ちなみに、

「給与などの条件交渉が面倒だな~」

「求人応募する前に、経験を加味した、だいたいの給与を知りたい」

「希望条件にあう、事業所はどう探したらいいの?」

という人は、人材紹介サービス(いわゆる、エージェントサービス)の利用がオススメです。

 

完全無料で、希望にあった事業所探しから、給与などの条件交渉など、色々とやってくれますので。

詳しくは、こちらの記事を。

【介護職の転職】転職活動の面倒を解消する、オススメ無料サービス
この記事では、 「仕事を辞めたい・・・でも、転職活動がめんどくさい」 という介護職員さんに、オススメの転職サービスを紹介しています。 こんな人に読んでいただけると嬉しいです。 客観的な市場価値を知りたい(自分の経験...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
人財
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました