「転職したくない」「働きたい」「終身雇用・年功序列を希望」が働く人の本音

スポンサーリンク

履歴書、面接、キャリア、転職

「今の職場で、ずっと働きたい」

「仕事が好き」

「終身雇用・年功序列の会社、最高!」

 

この3つの言葉に、共感しますか?

それとも、違和感を感じますか?

 

僕としては、「終身雇用制度は崩壊した」とか、「ジョブ型雇用」「個人の時代」とか言われている現代、違和感を感じる人が多いと思っていました。

でも、違いました。

 

というのも、独立行政法人労働政策研究・研修機構が行った「勤労生活に関する調査」によると、

  • 終身雇用
  • 年功序列の賃金制度
  • 健康であれば年齢に関係なく働ける社会にしたほうがよい
  • 年金がもらえるようになっても働きたい

を支持する割合がかなり多かったからです。

特に終身雇用については、87.9%の人が支持しています。しかも、年々支持する人が増えています。

 

そこで、この記事では、働く人の本音として、

  • 転職者数の推移
  • 転職経験者の割合と転職回数
  • 就労意識の動向(終身雇用・年功序列・キャリア形成)
  • 高齢時の就労意欲

について、備忘録的にまとめておきます。

 

「できれば転職なんかしたくない・・・」という人に読んでいただけると嬉しいです。

転職者数の推移

2021年の転職者数は、290万人です。

転職者数のピークは、2019年の353万人ですので、新型コロナウイルスなどの影響もあってか、約60万人が減ったことになります。

 

とはいえ、転職者数の年間推移を見てみると、2002年から280~350万人の間で推移していますので、毎年、かなりの人が転職していることになります。

こんな感じです。

転職者数の推移(令和4年 厚生労働省)

出典:厚生労働省「令和4年版労働経済の分析」

転職経験者の割合と転職回数

総務省が実施した「平成29年就業構造基本調査」によると、転職経験者(転職したことがある人)は、

  • 15~24歳 20.4%
  • 25~34歳 43.4%
  • 35~44歳 55.4%
  • 45~54歳 47.7%

となっています。(概算値です)

 

また、厚生労働省「令和4年版労働経済の分析」においても、転職経験者の割合は、次のようになっているため、かなりの人が転職を経験していることになります。

【転職経験者の割合(正規雇用労働者)】

転職経験者の割合(正規雇用労働者)

 

【転職経験者の割合(非正規雇用労働者)】

転職経験者の割合(非正規雇用労働者)

 

転職経験者の転職回数としては、年齢層により、かなりバラツキがありますが、全体では、1回が最多で「27.7%」次に、3回「19.5%」、2回「18.9%」と続きます。

【転職経験者における年齢別転職回数割合】

(単位:%)

年齢1回2回3回4回5回6回以上
15~19歳98.80.1
20~24歳69.716.99.91.21.2
25~29歳49.323.917.85.92.01.0
30~34歳27.124.923.614.83.55.7
35~39歳14.622.225.017.58.312.2
40~44歳14.912.920.015.411.525.1
45~49歳13.914.122.617.111.720.6
50~54歳14.118.317.514.111.424.6
55~59歳17.914.617.614.911.622.9
60~64歳34.116.210.920.65.412.9
65歳以上14.821.626.211.56.617.4
全体27.718.919.513.17.113.4

出典:厚生労働省「令和2年転職者実態調査」より作成

 

40代・50代の人は、6回以上の割合が高くなっています。

 

割合の変化がわかりやすいように、グラフにしてみます。(見やすさを重視して、3回以上の割合をまとめています)

転職経験者における転職回数割合(2021年厚生労働省調査)

 

30歳以上の5割以上の人が、3回以上の転職経験がありますね。

40代については、転職経験者が7割を超えています。

こうやって見てみると、かなり多くの人が転職していることがわかります。

就労意識の動向(終身雇用・年功序列・キャリア形成など)

転職する人はかなり多いですが、

「できれば転職なんかしたくない」

というのが働く人の本音です。

終身雇用制度を希望「87.9%」・年功序列の賃金制度を希望「76.3%」

終身雇用制度は崩壊したとか、仕事の評価基準について、成果主義が注目されたりしてますが、ほとんどの人は、終身雇用制度や年功序列の賃金制度を希望しています。

しかも、その割合はどんどん上がっています。

こんな感じです。

終身雇用・年功賃金の支持割合の推移(1999~2015年)

出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「第7回勤労生活に関する調査」より作成

 

また、年代別に見てみても、終身雇用制度と年功序列の賃金制度を支持する割合が、すべての年代で高くなっています。

年齢別終身雇用の支持割合(2015年厚生労働省)

年齢別年功賃金の支持割合(2015年厚生労働省)

出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「第7回勤労生活に関する調査」

 

20~29歳の年代でも、

  • 終身雇用を希望 87.3%
  • 年功賃金を希望 72.6%

というのは、ちょっと意外な感じがしますが、これが本音なんだと思います。

 

とすると、「ジョブ型雇用」とか「成果主義」なんていうのは、一部のハイパフォーマーが希望しているだけで、かつ、雇用する側(企業側)にとって、都合の良い雇用制度なんだと思います。

 

人件費のコントロールがしやすいですからね。

職員の高齢化によって、人件費が増大することもありませんし、人材育成にかかる投資も最小限ですみますので。

 

ちなみに、上司などに対して、「大した仕事もしないくせに、給料もらい過ぎだ」みたいに思ったこと、一度や二度は、誰だってありますよね。

いわゆる、「働かないおじさん」や「無能な上司」ってやつです。

 

そんなとき、「成果主義の会社なら、自分の方が給料がもらえるはずなのに」って思ったりしますよね。

とはいえ、本音では、ほとんどの人が年功序列の賃金制度を希望し、認めているんですよね。

1つの企業に長く勤め、だんだん管理的な地位になるを望む人が約5割(希望のキャリア形成)

最近は、「キャリアアップ=転職」みたいなイメージがありますよね。

メディアでも、ジョブホッパーが注目され、キャリアアップ転職の成功体験(法則)みたいなものがあふれています。

 

そういった状況からすると、複数の企業を経験し、キャリアアップしていくことを希望する人が多いのかと思いますよね。

でも、違うんです。

希望するキャリア形成の割合(1999~2015年)

一企業キャリア:「1 つの企業に長く勤め、だんだん管理的な地位になっていくコース」「1 つの企業に長く勤め、ある仕事の専門家になるコース」の合計

複数企業キャリア
:「いくつかの企業を経験して、だんだん管理的な地位になっていくコース」「いくつかの企業を経験して、ある仕事の専門家になるコース」の合計

独立自営キャリア
:「最初は雇われて働き、後に独立して仕事をするコース」「最初から独立して仕事をするコース」の合計

出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「第7回勤労生活に関する調査」より作成

 

1つの企業に長く勤めることを希望する人が、5割を超え、複数の企業に努めることを希望する人は、2割程度です。

 

さらに驚きなのは、「一企業キャリア」の支持割合で、20代などの若い世代(20~29歳)が一番多いってことです。

支持率「54.8%」です。

そして、どんどんその割合は高くなっています。

年齢別一企業キャリアの支持割合(2015年厚生労働省)

出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「第7回勤労生活に関する調査」

 

つまり、若い世代も含めた、どの世代においても「できるなら、転職なんかしたくない」という人が多いってことです。

 

「じゃあ、なんで毎年300万人も転職しているのか?」ってことになるんですけど、ほとんどの人は、現在の職場に不満があり、その不満が許容範囲を超えたってことだと思います。

つまり、いわゆるブラック的な企業が多いってことです。

職員さんは、「働きやすい職場(環境)なら、ずっと働き続けたい」って思っているわけですし。

 

【関連記事】

日本企業の約7割が、労働基準関係法令違反をしています。

【令和2年】日本企業の約7割がブラック企業!?労働基準関係法令違反の内容と割合
労働基準監督署は、毎年、各企業への立入検査を行っています。 そして、その結果を厚生労働省が、「労働基準監督年報」として、発表しています。 この記事では、そんな「労働基準監督年報(令和2年)」より、 「労働基準関係法令の違反件数...

高齢時の就労意欲「健康であれば働き続けたい 92.1%」

「仕事、行きたくないな~」

「働かないでお金がもらえたらいいのに・・・」

って思ったこと誰だってありますよね?

 

とはいえ、本心では、9割以上の人が「働きたい」と思っています。

 

【健康であれば、年齢に関係なく働ける社会にしたほうがよい】

(単位:%)

年齢そう思うよいと思わない
20~29歳85.414.6
30~39歳90.29.8
40~49歳93.95.8
50~59歳95.44.3
60~69歳93.75.6
70歳以上90.26.8
全体92.16.9

 

【年金がもらえるようになっても働きたい】

(単位:%)

年齢働く意欲あり働く意欲なし
男性女性男性女性
20~29歳61.374.436.024.4
30~39歳69.976.530.121.6
40~49歳79.278.519.519.7
50~59歳84.376.115.021.3
60~69歳79.174.020.922.1
70歳以上76.872.120.321.9
全体76.775.122.021.6

出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「第7回勤労生活に関する調査」より作成

 

働かなくても年金というお金がもらえるのに、8割近くの人が「働きたい」と回答しています。

もちろん、「年金だけじゃ不安だから」という人もいると思います。

 

とはいえ、これだけの人が「働きたい」と思っているんですから、少なくとも働くことに対して、ネガティブな印象はないんだと思います。

「お金以外の価値を働くことに感じている」という人も多いのかもしれません。

転職したくない人の転職方法:しっかりと転職(就職)活動をする

逆説的ですが、転職したくないなら、しっかりと転職(就職)活動をするしかありません。

働きやすく、職員を大切にしてくれる職場であれば、転職しようとは思いませんし。

 

たとえば、こういう会社もありますよ。

 

「じゃあ、しっかりと転職活動するって、どうするの?」ってことになるんですけど、

  • 自分の働き方の希望と適性(強み)を明確にする
  • 事前の情報収集を徹底する

しかないと思います。

自分の働き方の希望と適性(強み)を明確にするとは?

働きやすい会社って、その人その人によって違っちゃいます。

なので、まず、「あなたにとって働きやすい会社って、どんな会社なのか?」を明確にする必要があります。

そのためにも、あなたの働き方の希望をはっきりさせるのと、適性(強み)を客観的に把握しなければなりません。

 

というのも、仕事って、必ず、向き不向きがあるので、あなたの特性(強み)にあった職場じゃないと、活躍できないからです。

 

もちろん、「活躍なんてできなくてもいいよ」「人事評価なんか関係ない」って人もいるかと思います。

でも、評価されないってことは、色々と、つまらないことを言われたりするので、ストレスが多くなります。

結果、働きづらくなっちゃいます。

 

そういう意味でも、昇格にこだわる必要は全くないですが、評価自体は良い方がいいです。

また、わざわざ、自分の「得意」から遠い仕事を選ぶ必要はありませんし。

 

そこで、無料で利用できる自己診断ツールを活用します。

オススメは、ミイダス の「コンピテンシー診断」です。

質問に答えるだけで、あなたの持っている強み、向いている仕事、自分と相性の良い上司のタイプや部下のタイプなどがわかります。

 

【無料コンピテンシー診断を受ける】

⇒公式サイト「ミイダス

無料の会員登録後、コンピテンシー診断が受けられます。

【関連記事】

「コンピテンシー診断のやり方」と「僕の診断結果」を、こちらの記事でまとめています。

【無料】占い感覚!?仕事の強み、向き不向き、上司との相性などを診断してみたよ
「自分には、どんな仕事が向いているだろう?」 「やりたい仕事がない」 「得意なことなんてないんだけど・・・」 こんな風に思ったことありませんか? 僕はあります。 というか、常々思っています。 そこで、ちょっと話題...

 

あとは、リクナビNEXT の「グッドポイント診断」もオススメです。

こちらも、質問に答えるだけで、客観的に見たあなたの「強み」がわかります。

もちろん無料ですので、ぜひ、チェックしてみてください。

 

【グッドポイント診断を受ける】

⇒公式サイト「リクナビNEXT

無料の会員登録後、グッドポイント診断が受けられます。

 

ちなみに、適性(強み)を明確にするという意味では、この本もオススメです。

事前の情報収集を徹底するには?

あなたが希望する働き方と適性(強み)がわかったら、あなたに合う職場を探します。

このとき、個人での情報収集には限界があるので、無料で利用できる転職サイト(転職エージェントを含む)を活用しましょう。

 

転職サイトを利用すれば、スカウトメールが届いたり、キャリアアドバイザーさんが、あなたに代わって、情報収集、給料などの条件交渉、面接などの日程調整をすべてやってくれます。

そもそも、「できれば転職なんかしたくない」が前提なので、どんなに時間をかけても、あなたが長く働ける職場に出会えればOKです。

そのためにも、転職サイトを活用し、気長に情報収集していきましょう。

 

経験則ではありますが、僕としては、次の5つを確認すると、その会社(企業)が職員さんを大切にしているかわかると思っています。

  1. 出戻り職員数
  2. 有給休暇消化率
  3. 休み希望を、何日聞いてくれるのか?(シフト制の場合)
  4. 残業があるのか、ないのか?
  5. 勤続年数別の職員数はバランスが良いか?(偏ってないか?)
転職エージェントを活用し、キャリアアドバイザーさんに確認してもらいましょう。

オススメの転職サイト(完全無料)

参考までに、うちが利用している転職サイト(転職エージェントを含む)を紹介します。

完全無料なうえ、サービスも丁寧なので、オススメですよ。

僕は、医療・介護業界で仕事をしています。

一般企業系の転職サービス(公式サイト)

 

リクルートエージェント、dodaエージェントは、転職支援実績・求人数ともに業界大手の人材紹介サービスです。

求人数も多く、転職ノウハウも豊富なため、「転職エージェントに登録するのが初めて」という人にも、オススメです。

看護師の転職サービス(公式サイト)

 

【関連記事】

ここで紹介した「転職サービス」の特徴(オススメ理由)については、こちらの記事を。

【看護師転職】病院の採用担当者がオススメする人材紹介会社(転職エージェント)
僕は、15年以上の医療・介護業界の勤務経験の中で、5年以上、看護師採用を担当してきました。 そんな採用活動を通じて、 20社以上の人材紹介会社(転職エージェント)を利用 採用させていただいた、看護師さんから利用した人材...

薬剤師の転職サービス(公式サイト)

 

【関連記事】

ここで紹介した「転職サービス」の特徴(オススメ理由)については、こちらの記事を。

【薬剤師の転職】病院の採用担当者がオススメする転職エージェント3社
僕は、15年以上の医療・介護業界の勤務経験の中で、5年以上、薬剤師採用を担当してきました。 そんな採用活動を通じて、 8社以上の薬剤師専門の職業紹介事業者(転職エージェント)を利用 採用させていただいた、薬剤師さんから...

介護職の転職サービス(公式サイト)

 

【関連記事】

ここで紹介した「転職サービス」の特徴(オススメ理由)については、こちらの記事を。

【介護職の転職】介護事業所の採用担当者がオススメする転職エージェントと転職サイト
僕は、15年以上の医療・介護業界の勤務経験の中で、5年以上、介護職員(介護福祉士など)の採用を担当してきました。 そんな採用活動を通じて、 10社以上の転職エージェントや転職サイトを利用 採用させていただいた、介護職員...

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の転職サービス(公式サイト)

 

【関連記事】

ここで紹介した「転職サービス」の特徴等(オススメ理由)については、こちらの記事を。

【PT-OT-STの転職】病院の採用担当者がオススメする転職エージェントと転職サイト
僕は、15年以上の医療・介護業界の勤務経験の中で、5年以上、セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の採用を担当してきました。 そんな採用活動を通じて、 8社以上の転職エージェントや転職サイトを利用 採用した、...

その他の職種(公式サイト)

まとめ

ここで、「働く人の実情と本音」について、まとめておきます。

  • 年間の転職者数は、約300万人
  • 転職経験者(正規職員)は、男性5割以上、女性6割以上
  • 30歳以上の5割以上の人が、3回以上の転職経験あり
  • 終身雇用制度を希望「87.9%」・年功序列の賃金制度を希望「76.3%」
  • 5割以上の人が「一企業キャリア」を支持
  • 8割近くの人が「年金がもらえるようになっても働きたい」と回答

 

働く人にとっては、雇用が守られていて、給料がちゃんと上がっていくという安心感があるこそ、一生懸命、働くことができるんだと思います。

人生設計(ライフプラン)も立てやすいですし、そもそも、変化を嫌うという人の本質からすれば、転職なんてその最たるものですからね。

 

そういう意味では、終身雇用(生涯雇用)とか、年功序列の賃金制度って、働く人にとってはすごくいい制度なんですよね。

慣れた職場環境の方が、スキルアップもしやすいと思いますし。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
人財
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました