転職者の62%は、40歳以上!?年齢制限のない「看護師」の転職市場

スポンサーリンク

看護師、転職、働きやすい病院

この記事では、看護師・准看護師における

  • 有効求人倍率から見る転職の状況
  • 転職に年齢制限はあるのか?
  • 転職するとき「看護経験」は重要視されるのか?
  • どの施設で働くと一番給料が高いのか?

について紹介しています。

 

次のような人に、ぜひ読んでいただきたいです。

  • 現在の職場に不満がある人
  • 転職したいんだけど、年齢的に躊躇している(悩んでいる)人
  • 「看護経験が少ないから転職は難しいよね・・・」という人
  • 「ブランクがあると再就職は難しい?」という人
この記事は、医療・介護施設で、看護職員の採用を5年以上担当してきた経験をもとに書いています。

看護師の労働市場は「人手不足、年齢制限なし、看護経験は関係なし、給料なら病院」だ!

まず、結論です。

 

看護師(准看護師)の労働市場は、

  • 有効求人倍率が、2倍を超えており、強烈な人手不足になっている
  • 40歳以上での転職者が「全体の62.6%」であり、転職における年齢制限はほぼない
  • 経験者のみを募集する施設は「全体の12.5%」のため、転職で看護経験を気にする必要なし
  • 給与月額(総支給額の下限額)で一番高いのは、「500床以上の病院」

となります。

 

それでは、1つずつ説明していきます。

有効求人倍率から見る「看護師」の転職市場

2018年10月30日に厚生労働省が発表した「有効求人倍率」を見てみます。

 

厚生労働省「一般職業紹介状況(平成30年9月分)について」

  • 看護系職種の有効求人倍率は「2.25」
  • 職業全体で「1.64倍」

 

職業全体の「1.64倍」でもかなり高い数値なのに、看護系職種は遥か上にいます。

つまり、需要に対し供給が足りてない状態です。(すっごい人手不足ってこと)

 

なお、ここ数年の「看護系職種の有効求人倍率の推移」は、次のとおりです。

 

【保健師、助産師、看護師、准看護師】

年度有効求人倍率
2012年度2.78
2013年度2.69
2014年度2.60
2015年度2.54
2016年度2.43
2017年度2.33
2018年9月2.25

この数値を見るかぎり、少しつづ人手不足が解消されてきているように思いますが、それでも、まだまだ強烈な人手不足の職種です。

 

【関連記事】

有効求人倍率とは?【転職のしやすさと人手不足の職種を知ろう】
この記事では、 有効求人倍率の意味と見方 有効求人倍率からみる「転職のしやすさ」と「人手不足の職種」 について紹介しています。 有効求人倍率は、厚生労働省が毎月発表している「雇用状況を表す1つの指標」で、労働市場...

看護師の転職に年齢制限はあるのか?

日本看護協会さんの資料によると、「看護系職種の転職者(求職者)の年齢構成」は次のようになっています。

 

【求職者(看護職員)の年齢構成】

看護師 年齢別求職者数

出典:日本看護協会「平成28年度ナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人に関する分析報告書

 

なお、年代別にまとめると、こんな感じです。

年代求職者の割合
20代11.7%
30代25.7%
40代33.4%
50代20.1%
60代9.1%

 

ポイントとしては、

  • 看護師の転職者(求職者)は、40代がもっとも多く「33.4%」
  • 40歳以上の転職者は全体の「62.6%」
  • 60歳以上での転職者が、全体の「約1割」いる

って感じです。

 

つまり、看護師とは、何歳になっても転職できる職種なんです。(転職における年齢制限は、ほぼありません)

 

ちなみに、うちの病院でも、あまり年齢を気にすることなく採用を行っています。

転職するとき「看護経験」は重要視されるのか?

こちらも、日本看護協会さんの資料から紹介します。

 

病院等の看護師を採用する施設に対し、「看護師採用するとき、看護経験にこだわるか?」という調査を行い、

  • 「経験者のみ募集」と答えた施設は、12.5%
  • 「こだわらない」と答えた施設は、61.2%

という結果になってます。

 

このとおり。

採用施設が、看護経験を重要視するか

出典:日本看護協会「平成28年度ナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人に関する分析報告書

 

つまり、採用側のほとんどの施設は、

「看護師を採用するときに看護経験は重要視してない」

ということです。

 

ちなみに、「転職において看護経験は関係ない」ってことは、ブランクがあってもOKってことになりますよね。

なので、ブランクの有無もあまり気にする必要ありません。

 

ただ、「教育(研修)のしくみ」がしっかりしているところを選ぶ必要がありそうですけどね・・・

看護師は、どの施設で働くと一番給料が高いのか?

看護師といっても、働き先は様々です。

たとえば、

  • 病院(急性期、回復期、慢性期、精神)
  • 介護老人保健施設
  • 特別養護老人ホーム
  • 訪問看護
  • 入退院支援看護師
  • 看護学校の教師

などなど。

 

そして、働く施設によって、給与相場が大きく違ってきます。

 

ここでは、日本看護協会の資料をもとに「施設種類別の給与月額(総支給額の下限額)」を紹介します。

参考程度にご覧ください。

 

【看護職員(常勤)における施設種類別 月額給与一覧】

順位施設種類月額給与(単位:円)
平均値中央値
1位病院(500床以上)258,859260,000
2位訪問看護ステーション256,765250,000
3位学校、養成所等248,594247,340
4位病院(200~499床)248,154246,000
5位ケアハウス、グループホーム、有料老人ホーム245,994250,000
6位病院(20~199床)240,427236,500
日本看護協会「平成28年度ナースセンター登録データに基づく看護職の求職・求人に関する分析報告書」をもとに作成しています。

 

ちなみに、上記の表には載せていませんが、

  • 診療所(クリニック) 23万円程度
  • 介護老人保健施設 22万6千円程度
  • 特別養護老人ホーム 21万3千円程度

となっています。

 

まぁ、「総支給額の下限額」での順位なので、ほんと1つの目安って感じですね。

実際には、入職してからの昇給額のほうが重要だったりしますし・・・

 

【関連記事】

看護師・准看護師の違いとは?【平均給与、役割、仕事内容、転職の有利さ】
この記事では、看護師・准看護師における 給料(年収) 役割と仕事内容 就職(転職)の有利さ の違いについて紹介しています。 こんな人に読んでいただけると嬉しいです。 看護師と准看護師って、何が違う...

まとめ

一般的に「転職」というと、

  • 40歳超えたら、転職はかなり難しくなる
  • 転職するなら、20~30代のうちに

とか言われますが、看護師(准看護師)においては、全く当てはまりません。

 

ですので、もし、次のように思っているなら、心配するだけ無駄なんで「あなたの希望にあった職場」を探してみてください。

看護師の転職に、「年齢、経験、ブランク」は関係ありませんので。

  • ここを辞めたら、雇ってくれる所があるかどうか
  • 年齢的に転職は厳しいかな
  • 看護経験が少ないから
  • ブランクが長いんだけど

 

ちなみに、「あなたの希望にあった職場」を探すなら、人材紹介サービス(看護師の転職サポート マイナビ看護師 など)の利用を強くオススメします。

完全無料で、すっごく便利なんで。

 

詳しくは、こちらの記事を。

看護師の病院探しは、人材紹介サービスの複数利用を!【失敗しない転職】
「なかなか、希望どおりの病院に出会えない」 「入職前に聞いてた勤務条件と違う」 「転職したいんだけど、転職活動がそもそも面倒・・・」 って思ったことはありませんか? 看護職員(看護師・准看護師)さんって、比較的、転職回数...
【看護師ママ】子育て優先で働くための「病院・クリニック」の探し方
「突発的な休みに対応してほしい」 「保育室が完備されている職場がいい」 「夜勤なし、残業なしで働きたい」 「勤務日数や勤務時間の希望を聞いてくれる職場がいい」 「産休・育休が、ちゃんと取れるところがいい」 子育て中は、こん...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
人財
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました