理学・作業療法士の平均給与額(年齢・経験年数・事業規模別)【厚労省の調査から】

スポンサーリンク

お金、コイン、時計、給付金

この記事では、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」結果をもとに、

  • 理学療法士・作業療法士の平均給与(年齢・経験年数、男女、事業所の規模別)
  • 理学療法士・作業療法士の平均的な働き方(勤続年数、労働時間、残業時間など)
  • 他の医療・介護職種と比べ、薬剤師の給与は高いのか?低いのか?(他職種との給与比較)

についてまとめています。

 

こんな人に読んでいただけると嬉しいです。

  • 理学療法士・作業療法士の給与ってどのくらい?
  • 転職するときの給与の目安を知りたい
  • 現在、貰っている給与が「高いのか?低いのか?」知りたい
この記事で紹介している一覧表は、厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」をもとに作成したものです。

理学療法士・作業療法士(33歳)の平均給与は「月額29万円、年間賞与65万円」

まずは、この記事の概要です。

  • 33.3歳、勤続6.2年の理学療法士・作業療法士の平均年収は「4,096,400円(残業手当含む)」
  • 理学療法士・作業療法士の平均給与(年収)は、男女間で「約30万円」の違いがある
  • 月の平均残業時間は「5~6時間」
  • 事業所の規模は小さい方が年収は高いが、年齢層が高いうえ、労働時間が長い
  • 経験年数1~4年の理学療法士・作業療法士の基本給(所定内賃金)は「24~25万円」
  • 理学療法士・作業療法士の給与のピークは「50~59歳」
  • 医療・介護系職種では、薬剤師の給与が1位(医師を除く)

 

それでは、「賃金構造基本統計調査」結果について紹介していきます。

理学療法士・作業療法士の男女別平均給与【令和元年(2019年)】

まずは、男女別の平均給与と働き方の違いを見てみます。

性別年齢平均勤続年数月の労働時間月の残業時間支給額年間賞与年収
33.36.11605297,200655,4004,221,800
33.26.31575275,600635,5003,942,700
合計33.36.21585287,500646,4004,096,400
年収は、残業代等の各種手当を含めた金額となっています。
計算方法は、「支給額×12ヶ月+年間賞与」です。

 

年齢や働き方はほぼ同じなのに、男女間で「30万円」ほどの違いがありますね。

理学療法士・作業療法士の事業所の規模別平均給与【令和元年(2019年)】

次に、「事業所の規模(労働者数)の違いで、どれだけ給与が違うのか?」を見てみます。

労働者数年齢平均勤続年数月の労働時間月の残業時間支給額年間賞与年収
10~99人37.16.21644310,400561,8004,286,600
100~999人32.86.21584282,100628,1004,013,300
1000人以上32.46.31558288,300734,8004,194,400

合計

33.36.21585287,500646,4004,096,400
年収は、残業代等の各種手当を含めた金額となっています。
計算方法は、「支給額×12ヶ月+年間賞与」です。

 

見てのとおり、「事業所の規模(労働者数)」は、労働時間、年齢層、給与にかなりの違いがみられます。

 

まず、年収についてですが、

  • 労働者100~999人の事業所「4,013,300円」
  • 労働者10~99人の事業所「4,286,600円」

となっており、労働者の少ない事業所の給与が一番高くなっています。

その差、約27万円です。(月2万円以上違うってことです)

 

これだけ見ると、

「訪問リハ(訪問看護)などの小さめの事業所で働こう!」

ってなっちゃいますが、年齢層や労働時間を見ると、印象がガラッと変わります。

 

年齢層は、

  • 労働者100人以上の事業所 32~33歳
  • 労働者10~99人の事業所 37歳

と4~5歳の差があります。

 

月の労働時間は、

  • 労働者1,000人以上の事業所「155時間」
  • 10~99人の事業「164時間」

と9時間の違いがあります。(毎月1日以上多く働いてることになります)

勤続年数と月の残業時間は、ほぼ違いはありません。

 

これらのことから、

  • 理学療法士・作業療法士さんは、新卒時に「大きめの病院」で経験を積む
  • 30歳前後で転職をする人が比較的多い
  • 30歳前後の転職では、訪問リハビリなどの小さい事業所を、転職先に選択する人が増える
  • 小さい事業所は、「有給休暇の取得状況」や「そもそもの休日が少ない」などの影響により、労働時間が長くなる場合がある

と言えそうです。

理学療法士・作業療法士の平均給与の推移「2013~2019年」

次は、平均的な働き方における年間給与(年収)の推移です。

年齢平均勤続年数月の労働時間月の残業時間支給額年間賞与年収
201330.74.81635277,300637,4003,965,000
201431.34.81624274,000609,4003,897,400
201531.55.31625284,000639,9004,047,900
201631.85.31635280,700701,2004,069,600
201732.75.71646284,100639,9004,049,100
201832.96.11636285,200662,2004,084,600
201933.36.21585287,500646,4004,096,400
年収は、残業代等の各種手当を含めた金額となっております。
計算方法は、「支給額×12ヶ月+年間賞与」です。

 

グラフにすると、こんな感じです。

理学療法士・作業療法士の平均年収の推移(2013~2019年)

 

直近の2019年だと、33.3歳で平均年収が「4,096,400円」となっています。

全体としては、徐々に上がっていますが、年齢層と勤続年数も上がっているので、なんとも言えませんね・・・

理学療法士・作業療法士の基本給(所定内賃金)と年間賞与【経験年数別・男女別】

続いては、経験年数別の基本給の金額です。

転職するときの給与提示は、基本給でされることが多いでしょうから、こっちの金額の方が、働き方(長時間の残業など)に左右されず、比較がしやすいと思います。

令和元年(2019年)賃金構造基本統計調査

(単位:円)

経験年数
所定内賃金年間賞与年収
1~4年253,900535,4003,582,200
5~9年284,500715,5004,129,500
10~14年314,900781,5004,560,300
15年以上346,100981,9005,135,100
全体285,300655,4004,079,000

 

経験年数
所定内賃金年間賞与年収
1~4年244,600615,1003,550,300
5~9年258,700592,1003,696,500
10~14年285,500737,0004,163,000
15年以上305,800919,7004,589,300
全体265,900635,5003,826,300
所定内賃金には、残業手当、日直手当、夜勤手当は含んでいません。
また、年収は「所定内賃金×12ヶ月+年間賞与」にて算出しています。

 

わかりやすく、グラフしてみます。

理学療法士・作業療法士 経験年数別 平均年収 2019年

 

経験年数1~4年の理学療法士・作業療法士の基本給(所定内賃金)は「24~25万円」になっています。

新卒の理学・作業療法士さんは、この金額を目安に就職活動をするのも「あり」だと思います。

うちの病院の初任給(PT・OT・ST)もほぼ同額ですし。

 

なお、参考までに、平成30年(2018年)と平成29年(2017年)の調査結果も載せておきます。

2018年と比較すると、若干下がっているような・・・(経験年数にもよりますが)

平成30年(2018年) 賃金構造基本統計調査

(単位:円)

経験年数
所定内賃金年間賞与年収
1~4年250,900587,6003,598,400
5~9年276,800700,1004,021,700
10~14年306,000882,1004,554,100
15年以上364,500867,2005,241,200
全体279,300662,7004,014,300

 

経験年数
所定内賃金年間賞与年収
1~4年246,300677,6003,633,200
5~9年257,500615,2003,705,200
10~14年282,800659,7004,053,300
15年以上313,400880,9004,641,700
全体267,100661,6003,866,800
所定内賃金には、残業手当、日直手当、夜勤手当は含んでいません。
また、年収は「所定内賃金×12ヶ月+年間賞与」にて算出しています。

平成29年(2017年) 賃金構造基本統計調査

(単位:円)

経験年数
所定内賃金年間賞与年収
1~4年251,800593,8003,615,400
5~9年273,400718,0003,998,800
10~14年312,000789,5004,533,500
15年以上353,400899,2005,140,000
全体277,300648,2003,975,800

 

経験年数
所定内賃金年間賞与年収
1~4年242,800594,3003,507,900
5~9年262,400651,5003,800,300
10~14年282,800751,0004,144,600
15年以上322,300915,0004,782,600
全体266,400630,7003,827,500
所定内賃金には、残業手当、日直手当、夜勤手当は含んでいません。
また、年収は「所定内賃金×12ヶ月+年間賞与」にて算出しています。

理学療法士・作業療法士の給与(年収)のピーク年齢は「50~59歳」

令和元年(2019年)の理学療法士・作業療法士の年齢別平均年収は、次のようになっています。

 

【理学療法士・作業療法士 年齢別平均年収一覧表(2019年)】

年齢平均年収(単位:円)
男性女性
20~24歳3,116,5003,116,600
25~29歳3,731,8003,651,400
30~34歳4,056,7003,762,200
35~39歳4,551,3004,046,600
40~44歳4,717,9004,403,000
45~49歳4,992,7004,621,900
50~54歳5,651,8004,769,900
55~59歳5,479,6005,230,500
60~64歳4,427,1004,064,000
65~69歳4,323,0003,147,200
この表の平均年収には、残業手当、日直手当等は含んでいません。

 

わかりやすく、グラフにするとこんな感じです。

理学・作業療法士の年齢別 平均年収(男女別)2019年

 

この表によると、理学療法士・作業療法士さんの給与のピークは、

  • 男性50~54歳「5,651,800円」
  • 女性55~59歳「5,230,500円」

ということになります。

 

給与のピーク年齢については、医療・介護系の他の職種とほぼ変わりはないですね。

医療・介護系職種の給与比較【令和元年(2019年)】

最後は、「理学療法士・作業療法士の給与は、医療・介護職の中で、高いのか?低いのか?」についてです。

 

【医療・介護系職種 平均年収一覧(医師を除く)】

医療・福祉系職種別 平均年収 2019年(医師なし)

 

医療・介護系職種の中では、薬剤師の給与(年収)が1位です。

理学療法士・作業療法士は、ちょうど真ん中ぐらいになっています。

 

また、医師(歯科医師)を入れると、こんな感じになります。

 

【医療・介護系職種 平均年収一覧(医師を含む)】

医療・福祉系職種別 平均年収 2019年(医師あり)

 

やっぱ、医師は別格ですね。

グラフの雰囲気が、ガラッと変わっちゃいますしね・・・

 

なお、詳細な金額は次のとおりです。

【医療・介護系職種 平均年収一覧表(2019年)】

職種平均給与
男性女性
医師12,269,40010,163,500
歯科医師6,523,3004,729,200
薬剤師6,006,0005,356,600
看護師4,960,8004,813,600
准看護師4,249,1004,006,100
看護補助者3,281,3002,986,500
診療放射線技師5,204,3004,640,200
臨床検査技師5,012,5004,453,300
理学・作業療法士4,221,8003,942,700
歯科衛生士3,084,4003,707,400
栄養士3,693,4003,558,900
保育士3,891,6003,621,300
介護支援専門員4,240,5003,811,100
ホームヘルパー3,679,6003,166,000
福祉施設介護員3,715,5003,320,000
この表の平均年収は、残業代等の各種手当を含めた金額となっています。

まとめ

今回紹介した「理学療法士・作業療法士の平均給与」は、あくまでも平均値です。

なので、場合によっては、提示された給与額が平均給与から大きく外れることも考えられます。

 

ただ、就職・転職をするときの「1つの目安」としては、かなり参考になる数値だと思います。

提示された給与が「高いのか?安いのか?」、また「どのくらいの給与額を希望していいのか?」がわかりますので。

 

ぜひ、あなたの経験が適性に評価されるよう「平均給与額」を目安に、給与などの条件交渉を行ってみてください。

 

なお、「条件交渉が苦手・・・」「情報収集ってどうやったら?」という人は、転職エージェント(マイナビコメディカル PTOT人材バンク など)の利用がオススメです。

完全無料で、情報収集、条件交渉、面接などの日程調整をすべてやってくれますので。

 

詳しくは、こちらの記事を。

【PT-OT-STの転職】病院の採用担当者がオススメする転職エージェントと転職サイト
僕は、15年以上の医療・介護業界の勤務経験の中で、5年以上、セラピスト(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)の採用を担当してきました。 そんな採用活動を通じて、 6社以上の転職エージェントや転職サイトを利用 採用した、...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
人財
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました