【早見表】失業保険(基本手当)支給額・基本手当日額をサクッと確認しよう

スポンサーリンク

失業保険(基本手当)支給額早見表のチェック

この記事では、失業保険の支給額を、パッと見で確認できる

  • 失業保険(基本手当)支給額早見表
  • 基本手当日額早見表

の紹介をしています。

 

転職を考えている人や、仕事で職員の社会保険手続きを担当している人の参考になれば嬉しいです。

支給額は概算となっていますので、1つの目安としてください。

 

なお、「失業保険って、どうやってもらうの?、いつからもらえるの?」という人は、こちらの記事をご覧ください。

雇用保険の失業等給付(基本手当)のもらい方【受給要件・支給額・手続き】
この記事では、雇用保険の基本手当(失業保険)における、 制度の目的 失業の状態 失業保険がもらえる人の条件(受給要件) 失業保険の受給額、受給期間 手続きの流れ についてまとめています。 こんな人に読...
失業保険の待機期間と給付制限【失業保険は、いつからもらえるの?】
この記事では、 自己都合による退職 会社都合等による退職 で、「失業保険のもらえる時期」が、どう変わるのかを紹介しています。 退職(転職)を考えている場合、「失業保険が、いつからもらえるのか?」って、すっごく気に...

失業保険(基本手当)支給額早見表の見方

「失業保険(基本手当)支給額早見表」は、離職前6ヶ月間の月額平均給与から、

  • 賃金日額
  • 基本手当日額
  • 失業保険(基本手当)支給合計額

を確認することができます。

 

こんな感じの表です。

失業保険(基本手当)支給額早見表20210801

 

「離職前6ヶ月間の月額平均給与」と、「雇用保険加入期間」が交わるところが「失業保険支給合計額(満額)」となります。

 

たとえば、離職前6ヶ月間の月額平均給与が「180,000円」の場合、

  • 賃金日額 6,000円
  • 基本手当日額 4,544円
  • 失業保険支給合計額 
    給付日数90日の場合 408,960円
    給付日数120日の場合 545,280円
    給付日数150日の場合 681,600円

となります。

計算途中の端数処理の関係で、基本手当日額に1円の誤差が出ている所(数箇所)があります。

失業保険(基本手当)支給額早見表【令和3年8月1日現在】

失業保険は、

  • 退職理由
  • 離職時の年齢
  • 雇用保険の加入期間(被保険者期間)

によって給付額などが変わってきますので、それぞれの条件ごとに表を分けています。

 

なお、失業保険(基本手当)支給額早見表に出てくる「所定給付日数」については、次のようになります。

【自己都合による退職の場合(一身上の都合など)】

 雇用保険の被保険者であった期間
1年未満1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
全年齢90日90日120日150日

 

【会社都合等による退職の場合(倒産、解雇等など)】

 雇用保険の被保険者であった期間
1年未満1年以上
5年未満
5年以上
10年未満
10年以上
20年未満
20年以上
29歳以下90日90日120日180日
30~34歳120日180日210日240日
35~44歳150日240日270日
45~59歳180日240日270日330日
60~64歳150日180日210日240日

 

それでは、条件ごとの「失業保険(基本手当)支給額早見表」を紹介していきます。

自己都合による退職の場合

離職時の年齢「59歳以下」

自己都合(59歳以下)失業保険(基本手当)支給額早見表20210801

離職時の年齢「60~64歳」

自己都合(60~64歳以下)失業保険(基本手当)支給額早見表20210801

会社都合等による退職の場合

離職時の年齢「29歳以下」

(29歳以下)失業保険(基本手当)支給額早見表20210801

離職時の年齢「30~34歳」

(30~34歳)失業保険(基本手当)支給額早見表20210801

離職時の年齢「35~44歳」

(35~44歳)失業保険(基本手当)支給額早見表20210801

離職時の年齢「45~59歳」

(45~59歳)失業保険(基本手当)支給額早見表20210801

離職時の年齢「60~64歳」

(60~64歳)失業保険(基本手当)支給額早見表20210801

基本手当日額の上限額

この記事で紹介している「失業保険(基本手当)支給額早見表」は、離職前6ヶ月間の月額平均給与「40万円」までしか算出していません。

これは、「基本手当日額の上限額」の違いにより、早見表の枚数が多くなりすぎてしまうことを防ぐためです。

ちょっと、カッコつけましたが「作成するのが面倒だった」というのもあります・・・(笑)

 

なお、離職時の年齢の違いによる「基本手当日額の上限額」は次のとおりです。

離職時の年齢月額給与賃金日額基本手当日額
29歳以下410,000円13,520円6,760円
30~34歳451,000円15,020円7,510円
35~44歳451,000円15,020円7,510円
45~59歳496,000円16,530円8,265円
60~64歳474,000円15,770円7,096円
月額給与と賃金月額は、基本手当日額の上限額から逆算して算出した概算値です。

 

月額給与が、上記の表の金額を超える場合は、

  • 「基本手当日額の上限額」
  • 「所定給付日数」

の2つを掛けることで、「失業保険支給合計額」が算出できます。

基本手当日額早見表【令和3年8月1日現在】

失業保険の支給額は「基本手当日額」と「所定給付日数」で計算します。

【計算式】

基本手当日額 × 所定給付日数 = 失業保険(基本手当)支給合計額

 

たとえば、

  • 基本手当日額 4,866円
  • 所定給付日数 90日

の人の場合は、失業保険の支給合計額は、「437,940円」となります。

つまり、「基本手当日額」さえわかれば、あとは日数を掛けるだけです。

 

そんなことで、基本手当日額がパッと見でわかる早見表もつくってみました。

使いやすいほうで確認してみてください。

 

【失業保険(基本手当) 基本手当日額早見表】

失業保険(基本手当)基本手当日額早見表【令和3年8月1日現在】

計算途中の端数処理の関係で、基本手当日額に1円の誤差が出ている所(数箇所)があります。

エクセルファイルの無料ダウンロード

あんまり、お役に立たないかもしれませんが・・・

 

失業保険(基本手当)支給額早見表【令和3年8月1日現在】

situgyouhokenhayamihyou20210801

 

基本手当日額早見表【令和3年8月1日現在】

kihonnteatenitigakuitiran20210801

まとめ

今回、紹介した「失業保険(基本手当)支給額早見表」は、

「ブログにアップしておくと、いつでもどこでもスマホなどで、チェックできるから便利かも!?」

って思ったので作成してみました。

 

エクセルの使えない環境や、サクッと確認したいときってありますので。

「失業保険の支給額を、もっと詳細に計算したいんだよ~」というあなたは、こちらの記事をご覧ください。
「失業保険」と「再就職手当」を自動計算するエクセルファイルの紹介

 

なお、雇用保険(失業等給付)の中には、「再就職手当」という給付があります。

この給付は、退職した人がハローワークで雇用保険(失業保険)の手続きを行い、基本手当(失業保険)の所定給付日数の3分の1以上の支給日数を残して再就職した場合に受け取ることのできる手当です。

わかりやすく言うと、

「失業保険をもらえる期間が残っている状態で就職しても、その残った日数分を一時金で支給するから損しないよ!」

という制度です。

 

再就職手当は、失業保険(基本手当)と違い、給付制限(2~3ヶ月)の影響をほぼ受けません。

また、再就職手当は、民間の人材紹介サービス(リクルートエージェントdodaエージェントなど)を利用した転職でも支給されます。

つまり、ハローワークで仕事を探すつもりがない人でも受給できるってことです。

 

はっきり言って、早期の再就職を考えている人は、利用しないのはもったいないです。

転職の際は、再就職手当についても、チェックすることをオススメします。

【関連記事】

再就職手当が支給される「無料の人材紹介サービス」について、こちらの記事で詳しく紹介しています。

許可・届出のある職業紹介事業者等の定義とは?【再就職手当の要件】
雇用保険(失業等給付)の「再就職手当」の要件の1つに、 「給付制限(3ヶ月)がある場合、待期期間(7日間)後の最初の1か月間については、ハローワークまたは許可・届出のある職業紹介事業者等の紹介で就職したものであること」 という項目が...

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

【あわせて読みたい】

スポンサーリンク
人財
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました