給与の67%が支給される「介護休業給付金」の貰い方と給付額一覧表

スポンサーリンク

お金、コインが積んである

以前の記事で、「家族に介護が必要になったときは、介護休業制度を利用しましょう」とお伝えしました。

今回は、その介護休業を利用したときに支給される「介護休業給付金」について説明します。

 

介護休業給付金は、「育児・介護休業法」で定められている、介護休業期間(最大93日間)に対し、給与の約67%が支給されますので、すっごくお得な制度です。

 

ぜひ、介護休業とセットでご利用ください。

介護休業給付金の支給対象者

介護休業給付金は、雇用保険の制度ですので、雇用保険の被保険者でなければ給付を受けることはできません。

また、雇用保険の被保険者であったとしても、次の条件を満たすことが必要です。

介護休業開始前の2年間に、賃金支払基礎日数が11日以上ある完全月が、12ヶ月以上ある人

 

わかりやすく言うと、

「介護休業を利用する前の2年間(直近)に、11日以上働いた月が、12ヶ月ある人」

ってことです。

支給対象となる介護休業

介護休業給付金は、「育児・介護休業法」で定められている、介護休業期間(最大93日間)に対し支給されます。

なお、介護休業は、3回まで分割して取得することが可能です。

介護休業給付金も、介護休業期間に合わせて、分割支給が可能です。

 

なお、「介護休業制度」については、こちらの記事をご覧ください。

介護休業制度を利用して仕事と介護の両立を!【家族に介護が必要になったら】
今回は、家族に介護が必要になったときに、ぜひ利用してほしい「介護休業制度」についての説明です。 この「介護休業」という制度ですが、法律(育児・介護休業法)でしっかりと定められているのに、あまり使われていない、もったいない制度です。...

介護休業給付金の支給額

介護休業給付金額の計算方法は、次のとおりです。

休業開始時賃金日額 × 支給日数 × 67% = 介護休業給付金額

なお、「支給日数」とは、介護休業を利用した日数です。

そして、「休業開始時賃金日額」とは、介護休業開始前6ヶ月間の給料(総支給額)を180で割り込んだ数字となります。

月額給与別「介護休業給付金」支給額一覧表

介護休業給付金額の計算が面倒なので、概算の支給額を一覧にしておきます。

この表で、自分が介護休業を取得したときに、どのくらいの金額が支給されるか確認してみてください。

きっと、「介護休業」を使いたくなるはず!!(笑)

(単位:円)

月額給与1日あたりの支給額93日間(最大)の支給合計額
100,0002,233207,669
150,0003,350311,550
200,0004,466415,338
250,0005,583519,219
300,0006,700623,100
350,0007,816726,888
400,0008,933830,769
447,300以上9,989928,977

なお、平成30年7月1日現在の支給額にて作成しています。

介護休業給付金の手続き

介護休業給付金の支給手続きは、事業主が行いますので、介護休業の手続き同様、職場の社会保険担当者に相談しましょう。

必要書類の案内をしてくれるはずです。

まとめ

ここで、「介護休業給付金制度」のポイントをまとめておきます。

  • 雇用保険の被保険者で「介護休業を利用する前の2年間(直近)に、11日以上働いた月が、12ヶ月ある人」が支給対象者
  • 支給額は給与の約67%
  • 介護休業給付金の支給手続きは、職場の社会保険担当者へ相談する

 

「介護休業給付金制度」を利用することにより、経済面の不安を感じることなく、安心して仕事と介護を両立する体制を整えることができます。

 

「家族の介護のために仕事を辞める」という選択をしてしまわぬよう、介護休業制度と介護休業給付金制度を活用していきましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
社会保険
スポンサーリンク
こう

医療・介護業界で経営管理の仕事をしながら、ブログ「まいぼた」を書いています。

こうをフォローする
よろしければシェアお願いします
こうをフォローする
まいぼた

コメント

タイトルとURLをコピーしました